MEMBER BLOGスタッフブログ

ウェンドレスの働く男たち~shiwasu boys~

どうも、ライターのtairaです。 もう年末ですね。 本当に時間の流れというのは、あっという間です。 少しずつ寒くなってきていますので、みなさん風邪を引かないように気をつけてくださいね。 ウェンドレスでは、最近新たなメンバーも迎えましてどんどん社内が賑やかになっています。 そんな中、年末に向けて師走っている男たちがいますよ。 今回は、働くshiwasu boysたちを紹介していきたいと思います。 男というのは、やはり背中で語るのですね。

harasan
(あ~、ビール。ビールが飲みてぇ~。)


hiraminesan
(後ろ姿でも、写真撮られるの恥ずかしいな///)


bucho
(かわいい女の子がいるお店は……っと。)

※みなさん、きちんとお仕事をしています。 こんな感じで、日々デスクに向かって頑張っています。 ある日のお仕事風景でした。

「師走」の意味、知ってる?



さて、1年の最後の年でもある12月。 師走、なんて呼びますよね。 みなさんは、この師走がどういう意味かご存知ですか? 師走の意味には諸説あって、よく言われているのは「師が走る」説です。

「御師が走る」で師走



この時期、師が走る季節なんだとか。 よくわからないですね。 じゃあ、「師」って何を指すのかという話ですよ。 実は、この師にも諸説あります。 昔は、お寺や神社などへ参拝に来る人を案内する人のことを「御師」と呼んでいたそうです。 12月といえば、大晦日や初詣と御師が一番忙しい時期ですよね。 そんな御師が走りまわる時期ということで師走と呼ぶようになった説です。

「師=お坊さん」説



師のことをお坊さんとしている説もあるようです。 年末になるとお坊さんがいろんな家に赴いてお経をあげます。 12月になるとお坊さんがあっちこっちの家に行かないといけません。 お坊さん(師)が走り回るということで師走となった説がコレです。

「師=先生」説



「師=先生」だと何かのお師匠さんかなと思いますが、ここでは普通に学校の先生のことです。 学校の先生も12月は、忙しそうに校内を走り回るようになります。 年末はテストを作ったり採点したり、他にも行事や生活指導などなど、何かと忙しいようです。 そんな感じで生まれた説です。

「し」を果す説



「し」というのは、仕事や四季の「し」を意味しているとかしていないとか。 その「し」を果すということで師走になった説です。 し・果す→し・はたす→し・はす→し・わす→しわす→師走 う~ん。 12月は、みんな忙しいですよね。 ウェンドレスのshiwasu boysも怒涛の12月を過ごしております。 2015年も気づけば、残りわずか! がんばりましょう! では、また。 taira
いいね! (0)

タイラさん

ライターのタイラシンノスケです。
関西は大阪の末端Webライター。27歳。男。SEOや記事広告、自社メディアのライティングとかいろいろやってます。一番の趣味は写真です。Nikon Dfが愛機。最近、その人の聴きたい音楽に合わせて、すぐ曲をおすすめできるという特技を身に付けました。

New Post新着記事

Archive月別アーカイブ