1・2・3万円借りる方法は?少額融資の手段と注意点をご紹介!

1・2・3万円借りるのにおすすめの借入先

「急な出費が必要だけどあと3万円ぐらい足りない...」

今すぐ1~3万円ほどがどうしても必要な時に、工面する方法を知りたい方もいるでしょう。

結論から申し上げますと、消費者金融カードローンであれば最短当日中に1・2・3万円を借り入れ可能です。

消費者金融カードローンは、即日融資に対応しているのですぐにお金を用意できます。

この記事では、1・2・3万円借りる時は消費者金融カードローンをおすすめする理由を解説します。

あわせて今すぐ借り入れ可能な消費者金融カードローンも紹介します。

1~3万円を借りたい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

1・2・3万円を今すぐ借りたい 最短当日中に借り入れ可能な消費者金融カードローンがおすすめ
金利も抑えてすぐに借りたい 上限金利が15.0%の三井住友カードカードローンがおすすめ
初めてカードローンを利用するから借りれるか不安... 安定した収入や返済能力は必要

1・2・3万円の借入なら消費者金融カードローンがおすすめ

1・2・3万円借り入れするのであれば、消費者金融カードローンがおすすめです。

消費者金融カードローンであれば、即日融資にも対応可能で豊富なサービスがあるためです。

また審査通過率という、カードローン会社の審査をどれぐらい通過できたのかという数字を参考にできます。

そのため今すぐ1・2・3万円を借りたい方であれば、消費者金融カードローンで借り入れしましょう。

ただお金を借りる金額がたとえ1万円であっても、金融業者からお金を借りるときには必ず審査が行われます。

カードローン会社は、法律によって厳しく規制されています。

貸金業法によって返済能力の調査をするため、審査なしでお金を借りることはできません。

たとえば消費者金融等の貸金業者からお金を借りる場合は、貸金業法13条により返済能力の調査が義務付けられています。

貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

引用:貸金業法 第13条「返済能力の調査」

この審査は、過剰貸付によって消費者が多重債務に陥り日常生活が破綻してしまうのを防ぐために行われます。

貸金業法は、消費者金融などの貸金業者や、貸金業者からの借入れについて定めている法律です。
近年、返済しきれないほどの借金を抱えてしまう「多重債務者」の増加が、深刻な社会問題(「多重債務問題」)となったことから、これを解決するため、平成18年、従来の法律が抜本的に改正され、この貸金業法がつくられました。

参照元:「貸金業法のキホン:金融庁

1・2・3万円と少額な融資でも必ず審査はあるので、事前に理解したうえで申し込みましょう。

消費者金融カードローンは必ず審査がある 貸金業法に則り、義務付けられているため

銀行カードローンは厳しい規制で最短でも翌営業日に借り入れ可能

銀行カードローンでも、1・2・3万円を借り入れ可能ですが最短でも翌営業日にしか借り入れできません。

銀行カードローンは、申込者の情報を警察庁のデータベースと照合するためです。

近年の銀行カードローンにより、自主的にこうした取り組みを義務付けています。

信用情報機関の情報等を活用するなどして、自行・他行カードローン、貸金業者の貸付を勘案して返済能力等を確認するよう努める。

引用:銀行カードローンに関する全銀協の取組みについて

そのため、少額融資で今すぐ借りたい方には不向きです。

ただ金利は、消費者金融カードローンよりも低いので金利を抑えたい方にはおすすめです。

銀行カードローンのメリット 消費者金融カードローンよりも低金利で借り入れ可能
銀行カードローンのデメリット 警察庁のデータベースを照合するため最短でも翌営業日に借り入れ可能

1~2万円を借りるのにおすすめな消費者金融6選

1・2・3万円借りるなら消費者金融カードローンがおすすめ

1・2・3万円を借りるなら消費者金融カードローンで借り入れしましょう。

具体的には、以下のカードローン会社6選がおすすめです。

  • 三井住友カードカードローンは上限金利を15%で借り入れ可能
  • プロミスは「瞬フリ」ですぐに手元にお金を用意できる
  • アイフルは原則職場連絡なしで融資可能
  • SMBCモビットはWEB完結サービスで職場連絡なしに可能
  • アコムは独自の審査で会員数が一番多い
  • レイクALSAは初めての方ならお借入れ額5万円まで180日間無利息

消費者金融カードローンであれば、即日融資可能なので急な出費にも対応可能です。

また、豊富なサービスで初めての方でも気軽に借り入れ可能です。

例えば、無利息期間サービスであれば一定期間の利息は0円なので返済総額を抑えることができます。

またWEB完結サービスを利用すると、職場連絡なし・郵送物なしで借り入れ可能です。

周りの人に内緒で借り入れしたい方は、利用してみましょう。

カードローン会社 金利 融資スピード WEB完結サービス 無利息期間サービス
三井住友カードカードローン 1.5%~15.0% 最短5分でお借入れ可能※1 最大3ヵ月間
プロミス 4.5%~17.8% 最短30分 はじめての方なら30日間
アイフル 3.0~18.0% 最短25分 はじめての方なら30日間
SMBCモビット 3.0~18.0% 最短60分 なし
アコム 3.0~18.0% 最短60分 はじめての方なら30日間
レイクALSA 4.5~18.0% Webで最短60分融資も可能 ※1 WEB申込の場合60日間 ※3
5万円までの借入の場合180日間 ※4

※1:最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

※2:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です
一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます

※3:※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方
Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
無利息期間経過後は通常金利適用
30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可
ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。

 ※4:契約額1万円~200万円まで※初めてなら初回契約翌日から無利息
無利息期間経過後は通常金利適用
30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可
ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります

三井住友カードカードローンは上限金利を15%で借り入れ可能

三井住友カードカードローン

融資時間 最短5分でお借入れ可能
※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30
金利 1.5%~15.0%
借入限度額 900万円まで
無利息期間 最大3ヵ月間
担保・連帯保証人 不要

三井住友カード カードローンは信販・クレジット系のカードローンです。

他のカードローンに比べて、上限金利は15.0%と低めに設定されています。

三井住友カードが発行しているカードローンで、最短5分でお借入れ可能なカードローンです。

また最大限度額も900万円なので、大きい金額が必要な時にもおすすめです。

さらに無利息期間サービスが最大3ヶ月間もあるため、利息を抑えたい方は検討してみましょう。

他の消費者金融カードローンの無利息期間サービスよりも長く、金利も低いため返済総額も抑えることができます。

ただ審査通過率が公表されていないため、注意しましょう。

三井住友カード カードローンの公式サイトはこちら

  • 上限金利が15.0%と、消費者金融カードローンよりも低金利で借り入れ可能
  • 最大限度額が900万円でまとまったお金が必要な時に利用できる
  • 無利息期間サービスが最大3ヶ月間利用可能

プロミスは「瞬フリ」ですぐに手元にお金を用意できる

プロミス

融資時間 最短30分
金利 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円まで
無利息期間 はじめての方なら30日間
担保・連帯保証人 不要

プロミスは、「瞬フリ」というサービスで借りたい時に最短10秒で手元に現金が振り込まれます。

24時間365日対応しているので、急な出費にも対応できます。

「瞬フリ」は会員サービスなので、カードローンだけ事前に作っておくと必要な時に利用できます。

1・2・3万円を借りてすぐに手元に欲しいなら「瞬フリ」サービスを活用しましょう。

またプロミスは、審査通過率は2021年4月時点で41.1%となっています。

約10人に4人は借入できたという数字なので、参考にしてみてください。

今すぐ手元にお金を用意したい方は、プロミスで借り入れしてみましょう。

  • 「瞬フリ」で最短10秒で手元に現金を用意できる
  • 審査通過率は41.1%で、約10人に1人は審査に通過している
  • 最短30分で融資可能だから急な出費にも対応できる

アイフルは原則職場連絡なしで融資可能

アイフル

融資時間 最短25分
金利 3.0~18.0%
借入限度額 800万円まで
無利息期間 はじめての方なら30日間
担保・連帯保証人 不要

アイフルは、原則職場連絡なしで融資可能と公表しています。

カードローンの審査において、在籍確認は必ず行われますがアイフルでは在籍確認が書類のみで原則完了できます。

在籍確認が職場連絡であれば、時間もある程度要してしまうので審査時間の短縮につながります。

また融資スピードは最短で25分で借り入れ可能です。

そのため1・2・3万円を今すぐ借りたい方におすすめです。

当日中に借り入れしたいのであれば、事前に収入証明書等の準備をしておきましょう。

  • アイフルは、原則職場連絡なしで在籍確認を完了できる
  • 融資スピードが最短25分で、当日中に借り入れ可能
  • 初めての方でも無利息期間サービスで30日間、利息0円

SMBCモビットはWEB完結サービスで職場連絡なしに可能

SMBCモビット

融資時間 最短60分融資
金利 3.0~18.0%
借入限度額 800万円まで
無利息期間 なし
担保・連帯保証人 不要

SMBCモビットは、WEB完結サービスを利用すると職場連絡なし・郵送物なしで借り入れ可能です。

WEB完結サービスとは、スマホやパソコンから申し込み契約までできるサービスです。

本人確認書類、収入証明書等の書類があれば、いつでもどこでも契約を完了できます。

職場連絡なし・郵送物なしで借り入れ可能なので、周りの人に内緒で借り入れしたい方におすすめです。

ただ三井住友銀行・三菱UFJ銀行等の口座開設が必要です。

事前に口座開設を行い、いつでも借り入れできる準備をしておきましょう。

  • WEB完結サービスを利用すると職場連絡なし・郵送物なしで借り入れ可能
  • 「MY モビ」なら最短3分で振込可能
  • 連帯保証人不要で借り入れできる

アコムは独自の審査で会員数が一番多い

アコム

融資時間 最短60分融資
金利 3.0~18.0%
借入限度額 800万円まで
無利息期間 はじめての方なら30日間
担保・連帯保証人 不要

アコムは、独自の審査で会員数が一番多いため初心者の方でも申し込み可能です。

アコムの会員数は2021年9月時点で約150万人の会員数がいます。

またアコムの審査通過率は平均41.2%と、約10人に4人は審査に通過しています。

アコムは独自の審査を行っているため、会員数が消費者金融カードローンの中でも一番多いです。

さらにアコムには3秒診断という簡易診断も備えられています。

簡易診断であらかじめ借り入れできるか確認してみましょう。

  • カードローン利用者数がカードローン会社の中で1番多い
  • 審査通過率は平均41.2%で、約10人に1人は審査に通過している
  • 3秒診断という簡易診断で事前に借りれるか審査できる

レイクALSAは初めての方に180日間無利息期間あり

レイクALSA

融資時間 Webで最短60分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
貸付利率 4.5%~18.0%
融資限度額 1万円~500万円
無利息期間 WEB申込の場合60日間
5万円までの借入の場合180日間
ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方
ご自分のメールアドレスをお持ちの方
日本の永住権を取得されている方
遅延損害金(年率)
20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
ご返済期間・回数 最長5年、最大60回
必要書類 運転免許証
※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)
担保・保証人 不要

※商号:新生フィナンシャル株式会社
※貸金業登録番号:関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

レイクALSAであれば、初めての方に無利息期間サービスがあります。

WEB申し込みで5万円以下の場合、180日間無利息期間サービスが利用できます。

1・2・3万円を借りるのであれば、無利息期間サービスを利用するためにWEB申し込みしましょう。

3か月の間に返すと、利息は0円に抑えることができます。

またWEB申し込みでも21時までにすべて完了できると、最短60分で融資可能と公表しています。

1・2・3万円を借りてすぐに返せる方は、ぜひ参考にしてみましょう。

  • WEB申し込みで5万円以下なら、180日間無利息期間サービスが利用できる
  • 21時までにWEB申し込みを完了すると、最短60分で融資可能
  • 24時間WEBで申し込み可能

3万円借りる時の返済総額と返済シミュレーション

3万円借りる時の返済シミュレーション

1・2・3万円を借りる時の返済総額と返済シミュレーションを確認してみましょう。

返済総額を知っておくと、お金をどれぐらい用意すればいいのかに役立ちます。

また返済を計画的に立てることで、延滞などを防止できます。

少額融資でも返済を延滞すると、借りたお金以上にお金を返済しなければなりません。

そのために利息や返済について理解しておきましょう。

貸金業者(消費者金融)では、利息制限法第一条(以下)によって設定できる利息の上限が決められています。

<利息制限法(第一章 利息等の制限)抜粋>

第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

参照元:「e-gov法令検索

表にみやすくまとめると、貸付金額ごとに設定可能な金利は以下の通りです。

借入金額 上限金利
10万円未満 年20%
10万円~100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

つまりカードローンで10万円未満の少額を借り入れる場合、法律に定められた上限金利は年20%までということです。

大手消費者金融は、法律上の上限金利より低い18.0%に設定しています。

カードローンの金利について理解したうえで、借り入れ金額を計算しましょう。

申し込む前にどうやって返済するのかをシミュレーションしておくことで、スムーズに返済が可能です。

さらに返済計画をしっかり立てたうえで借り入れ申し込みをするようにしましょう。

アコムで3万円借りる時

大手消費者金融カードローンの中でも、初回の平均貸付額が181000円のアコムでシミュレーションします。

初めての方でも平均すると18万円借りることができるので参考にしてみましょう。

参考:2021年3月度決算資料lアコム

3万円借りた時の金利は、アコムでは18.0%です。

計算方法は、「借入残高×借り入れ利率÷365日×ご利用日数=利息」です。

3万円を30日間利用した時は、「30,000×18%÷365×30=443.8円」で443円となります。

毎月5,000円ずつ返したときは、このような返済シミュレーションになります。

回数 返済金額 元金 利息 残高
1 5000円 4557円 443円 25,443
7 3101円 30000円 0円 0円

*あくまで参考値になります。

返済総額は33,106円でした。

早く返すと、返済総額を減らすことが可能です。

さらに無利息期間サービスを利用すると、サービス期間中は利息0円になります。

無利息期間サービスなどを利用して、早めに返済できるように計画しましょう。

1~2万円借りるための条件3つ

1~2万円借りるための条件3つ

1~2万円借りる時であっても、審査を通過するためには以下3つの条件を満たす必要があります。

  • 安定した収入があることを示せること
  • 信用情報に傷がついていない
  • 在籍確認を完了できる

消費者金融カードローンは、少額融資でも必ず審査があります。

審査の中では、必ず安定した収入が必要です。

安定した収入がないと、返済能力がないと見なされるためです。

また申込者の信用情報も必ず確認されます。

さらに在籍確認を完了することで、審査に通る場合があります。

お金を貸すためには、厳しい審査が行われるため決して安易に申し込みをしてはいけません。

まずは、事前準備を行い申し込み条件に該当しているか確認してから申し込みをしましょう。

審査の条件 対策
安定した収入が必要 安定した職業に就く
信用情報に傷がついていない 返済の延滞や破産・債務整理等の金融事故を起こさないようにする
在籍確認を完了できる 在籍確認の事前準備を行う

安定した収入が必須

カードローンの審査では、安定した収入が必要となります。

安定した収入とは、毎月の給料のようにお金を定期的に得ることで示すことができます。

安定した収入がないと、借りたお金を返済することはできません。

そのためまずは安定した収入を得ることができているか確認されます。

求職中の方や主婦(夫)、学生の方はまず職を得てから申し込みをしましょう。

アルバイトでも派遣社員でも雇用形態は問われません。

安定した収入と返済できる能力を確立したらカードローンの簡単審査で診断してみましょう。

安定した収入が必須 アルバイトでも派遣社員でも雇用形態は問われない

信用情報に傷がついていない

申込者の信用情報に傷がついていると、審査に不利になる場合があります。

信用情報という申込者の過去の金融トラブルなどを記録している情報が個人信用情報機関に登録されています。

例えば、携帯料金の返済を延滞すると個人信用情報機関に「延滞」として情報機関に登録されてしまいます。

この個人信用情報機関に加盟している企業で、そういった情報を共有しているため嘘はすぐにばれます。

延滞・破産・債務整理した事実は金融事故として扱われ、審査を通過できない場合があります。

また、カードローンに申し込んだ事実も記載されるので安易に申込は控えましょう。

短期間に複数カードローンに申し込むと、不審に思われてしまうためです。

まずは、自分の信用情報を開示して確認してみましょう。

個人信用情報機関 返済の延滞 貸付自粛情報 破産
JICC(日本信用情報機構) 5年 5年 5年
CIC(指定信用情報機関) 5年 5年 5年
KSC(全国銀行個人信用情報センター) 5年 5年 10年

在籍確認を完了できる

カードローンの審査の過程で、在籍確認という審査があります。

在籍確認では、申告した勤め先に在籍しているのか確認される審査です。

在籍確認の方法は、「職場連絡」「書類提出」の2つの方法があります。

職場連絡では、勤め先に電話連絡が行われ本人の在籍を確認されます。

書類提出では、収入を証明できる書類を提出することで在籍確認を完了できます。

周りの人に内緒で借り入れしたい方は、書類提出で在籍確認をできるようにしましょう。

アイフルやSMBCモビットは原則職場連絡なしと公表しているので参考にしてみてください。

在籍確認の方法 特徴
職場連絡 勤め先に電話連絡が行われ本人の在籍を確認される
書類提出 収入を証明できる書類を提出する

1~2万円をカードローン以外で借り入れする方法3つ

1・2・3万円をカードローン以外で借り入れする方法を紹介します。

具体的には、以下の3つの方法がおすすめです。

  • 質屋に相応の価値の品物を担保として持っていく
  • クレジットカードのキャッシング機能を利用する
  • 公的融資なら低金利で借り入れ可能

カードローンで借り入れすることが不安な方は、ぜひ参考にしてみてください。

質屋やクレジットカードのキャッシング機能であれば、審査もなく最短その場で借り入れ可能です。

また公的融資を受けるのであれば、消費者金融カードローンに比べて低金利で借り入れ可能です。

カードローンの審査に落ちてしまったら、参考にしてみてください。

借り入れ方法 金利 審査スピード
質屋 月利9% 最短当日中
キャッシング機能 約15~18% 最短当日中
公的融資 約1~3% 1か月ほど

質屋に相応の価値の品物を担保として持っていく

質屋に相応の価値の品物を担保として持っていくと、相応の値段の金額を借り入れ可能です。

質屋では、個人の過去の金融トラブルについて審査がありません。

そのため最短で当日中に借り入れすることができます。

1~3万円ほどの価値の品物を質入れすると、1~3万円ほどを質屋から借り入れすることが可能です。

ただ一度担保として質屋に入れてしまうと、売られる可能性があります。

早めに返済することで、担保の品物が戻ってくるので気を付けましょう。

質屋のメリット 最短当日中にお金を審査なしで借り入れ可能
質屋のデメリット 安く買い叩かれる場合がある

クレジットカードのキャッシング機能を利用する

クレジットカードのキャッシング機能を利用すると、その場で現金を手元に用意できます。

キャッシング機能は、提携するATMから振り込まれる機能です。

審査もないので、急な出費にも対応できます。

ただクレジットカードを作るときに、キャッシング機能の設定には審査があります。

この審査を完了できると、キャッシング機能が利用できます。

海外や手元に現金がないときに、利用してみましょう。

キャッシング機能は利息が付くので、早めに返済することも忘れないでください。

キャッシング機能のメリット 海外でも現金を用意できる
キャッシング機能のデメリット 事前にキャッシング機能の設定をしておかないと利用できない

公的融資なら低金利で借り入れ可能

公的融資であれば、消費者金融カードローンに比べて低金利で借り入れ可能です。

国が運営している融資制度は、営利目的ではないので低金利で貸し出されます。

そのため低金利で返済金額を抑えたい方は、公的融資を知っておきましょう。

ただ公的融資は、審査が約1か月ほどある場合があります。

また書類も多く提出しなければならないため、今すぐお金が欲しい方には不向きです。

本当にお金を作る手段がない方は、ぜひ公的融資でお金を借りてみましょう。

公的融資のメリット 消費者金融カードローンよりも低金利で借り入れ可能
公的融資のデメリット 審査が1か月ほどかかる場合がある

1~2万円を借りることができなくてもやってはいけないNG行動2つ

1・2・3万円を借りることができなくなったとしても絶対にやってはいけないNG行動があります。

具体的には、以下の2つの方法は絶対にやめておきましょう。

  • ヤミ金から借り入れすると犯罪に巻き込まれる場合がある
  • 個人間融資を利用するとだまされる可能性がある

「ヤミ金」と呼ばれる違法な貸金業者から借り入れしてしまうと、最悪の場合犯罪に巻き込まれる場合があります。

また最近のSNSの発達により個人間融資も増加しており、それに伴う被害件数も増加しています。

カードローンの審査に落ちたからと言って甘い言葉に誘われないようにしましょう。

自分が被害者になるだけでなく、知らず知らずのうちに犯罪者になる場合があります。

本当にお金が困ったときは、国の制度やNPO法人など公的な支援を検討してみましょう。

無料で借金や金融トラブルのことについて相談できる 法テラスへ相談する
借金問題について相談したい 生活再建支援カウンセリングへ相談する

ヤミ金から借り入れすると犯罪に巻き込まれる場合がある

「ヤミ金」と呼ばれる違法な貸金業者から借り入れすることは、絶対にしないでおきましょう。

違法な金融業者による被害が発生し、金融庁が以下のように注意喚起(※)を行っています。

違法な金融業者から借入れをすると、違法な高金利のため、返済請求額は雪だるま式に膨れ上がり、あっという間に返済不能となります。そして、少しでも返済が遅れた場合には、勤務先や親兄弟・親類まで脅迫まがいの厳しい取立てにあい、精神的に追い詰められてしまいます。

※参照元:「違法な金融業者にご注意!:金融庁

1~3万円だからといって、違法な金融業者を利用してはいけません。

これら業者は「少ない金額だから大丈夫だろう」という消費者の心理をつき、3~5万円程度の少額融資を提案するケースが多いです。

少額とは言え違法な高金利により、返済額は短期間で膨れ上がりすぐに返済できない状態になります。

対策として2つの方法があります。

■1.登録業者か確認をする

法律にのっとって貸金業を営む業者の場合、必ず管轄する財務局長や都道府県知事の登録を受けています。

一方、違法な金融業者は無登録に関わらず、登録番号を詐称するケースも少なくありません。

そのため本当に登録業者か確認するため、金融庁が公開している以下データベースで検索するのが有効です。

登録貸金業者情報検索入力ページ

このデータベースに登録されていない場合、違法な金融業者です。

■出資法違反の高金利でないか確認する

出資法第5条第2項に定められた年20%を超える貸付は違法です。

借入れをする際は、違法な高金利を請求されていないか確認しましょう。

たとえば「10日で1割の利息」「5万円借りて7日後に1万円の利息」といった借入れは、いずれも違法です。

こうした対策を理解したうえで、お金を借り入れすることを心がけましょう。

ヤミ金の誘い文句
「審査なし!」
「在籍確認なしだから、内緒で借り入れ可能!」
「審査に落ちても、だれでも借り入れできる!」

個人間融資を利用するとだまされる可能性がある

SNSや掲示板等で、知り合った個人同士お金の貸し借りすることを「個人間融資」と呼びます。

昨今では個人間融資による被害が多発しており、金融庁が注意喚起(※)を行っています。

※参照元:「金融庁公式サイト(貸す側も、借りる側も#個人間融資に要注意!)」

個人間融資では違法な高金利によって貸付が行われたり、個人情報が悪用されるなど犯罪に巻き込まれるケースがあります。

<国民生活センターに報告された被害例>

■違法な高金利の例

生活費が不足して、個人間融資の掲示板を通じて15万円の借り入れをした。利息を含め50万円返済したが、さらに400万円を支払うよう要求された。相手には自分の住所を知られており、どうすればよいか困っている

■保証金の支払い後に連絡が取れなくなった例

携帯電話料金の滞納等でお金が必要となり、SNSでお金の借入先を募集した。連絡があった相手に100万円を借りることになったが、「保証金として5万円が必要」と言われた。言われるがままに保証金を支払ったが、その後、相手と連絡が取れなくなった。

参照元:「国民生活センター報道発表資料(令和元年6月14日)

個人であっても継続的に繰り返して金銭の貸付を行えば、貸金業法上の「貸金業」とみなされます。

その上で、国や都道府県の登録を受けずに営業していれば違法業者です。

実際、個人を装った闇金業者による被害も少なくありません。

お金に困っていたとしても、個人間融資を利用しないようにしましょう。

個人間融資の誘い文句
「ヤミ金じゃないから取り立てしないよ!」
「友達だから貸してあげる、その代わり個人情報を控えさせてね」
「返済に困ったらいつでも返すのは、待ってあげるよ」

まとめ

当記事では、1・2・3万円を借りる時は消費者金融カードローンをおすすめしました。

消費者金融カードローンであれば、最短当日中に借り入れ可能でサービスも豊富にあるためです。

ただカードローンから借り入れする場合、必ず審査があります。

少額融資でも必ず審査があるので、借りるための最低条件を満たしてから申し込みをしましょう。

もしカードローンの審査に落ちてしまったら、質屋や公的融資で借り入れを検討してみましょう。

1・2・3万円を借りれなくても、ヤミ金や個人間融資からは絶対に借り入れしないでください。

最悪の場合、犯罪の被害にあってしまうためです。

本当にお金に困ったときは、国の貸付制度や支援団体のサポートを検討してみましょう。

10秒匿名お借入
診断シミュレーション