AD GUIDELINE広告取扱ガイドライン

広告物取扱におけるレギュレーション

弊社では、以下の内容に基づきWEB広告に関するお取引をさせていただきます。 下記内容についてご同意の上、お取引をいただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。

1.表明

下記内容を含む広告は制作・出稿致しません。

  • 第三者の著作権、商標権などの知的財産権を侵害するもの
  • 第三者の肖像権、プライバシー権を侵害するもの
  • 犯罪行為に結びつくおそれがあると当社が判断するもの
     ・詐欺的なもの、またはいわゆる悪質商法とみなされるもの
     ・無限連鎖講(ねずみ講)へ勧誘したり、紹介したりするもの
     ・反社会的勢力によるものなど
  • 特定の個人、組織などに対する誹誘中傷を行っているもの
  • その他、法令、公序良俗に反する内容を含むもの
     ・他人を差別するもの、人権を侵害するもの
     ・ハラスメント行為を助長しているもの
     ・醜悪、残虐、猟奇的等で不快感を与えるもの

2.個別法令のチェックポイント

 下記の内容を含む広告については出稿いたしません。ご依頼頂いた広告物の種類によって、個別に関連法令を判断させていただきます。

  • 景品表示法に違反する恐れのある表現
     ・優良誤認(優位性の表現に根拠がない、体験談の打消し表現、写真やイメージが過大)
     ・有利誤認(キャンペーンの継続、不適切な割引表現)
     ・その他不当表示(根拠のない言い切り・断定表現、虚偽記載など)など
  • 薬機法に反する恐れのある表現
     ・化粧品であるにも関わらず効果効能について表現するなど
  • 著作権法に反する恐れのある表現
     ・画像やテキストの引用が適正であることなど
  • 貸金業法に反する恐れのある表現
     ・取引条件の記載について根拠があること
     ・下限の金利が著しく強調されていないことなど
  • 健康増進法に反する恐れのある表現
     ・栄養表示基準を満たしていること
     ・その他栄養に関する表示が適正であること
  • その他法令に反する表現