アイフルの評判は良い?悪い?口コミでわかるメリット・デメリット

アイフルの評判・口コミ

「愛がいちばん」というテレビCMでもお馴染みのアイフルで、お金を借りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

テレビCMが放映されている期間も長く、カードローンが使える消費者金融としてアイフルを思い浮かべる方も多いでしょう。

運営元であるアイフル株式会社は1967年に創業された老舗で、IR資料※によれば保有するローン口座数は約80万に上ります。

※参照元「2021年3月期 決算データブック

ただし知名度が高くたくさんの人が利用しているサービスとはいえ、良いサービスとはいません。

気になるのは、実際にアイフルを利用した人の評判や口コミですね。

結論から言うと、アイフルが安心して利用できるサービスであることは口コミから見てもわかります。

この記事では、アイフルの口コミをもとに、サービスのメリットやデメリットを解説します。

【アイフルのカードローン概要】

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
審査にかかる時間 最短30分
融資までにかかる時間 最短即日
土日審査 対応
最大無利息期間 30日間
借入可能なコンビニ セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート(イーネット)・ミニストップ(イオン銀行)
WEB完結 可能
主な申込条件 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方

※参照元:アイフル公式サイト

アイフルの総合口コミ評価はおおむね良い

アイフル利用者の口コミを見ていくと、対応の品質や融資までのスピードなど、さまざまな点でおおむね評判は良いことが分かります。

特にアイフルでは、はじめて契約する方の不安を解消するサポート体制に定評があります。

下記の見出しにもありますが、LINE上で利用検討している方が気軽に問い合わせできる方法やHP上でのチャット応対など、申込までのサポート体制が充実しています。

その他の口コミをみても「アイフルなら安心して借りられそうだな」と考える方は多いのではないでしょうか。

アイフルの口コミ

  • 女性(20代)/個人事業主

    年収:400万円/他社借入総額:30万円

    ★★★★

    買い物費用のためにアイフルでこれまで80万円ほど借り入れをしています。アイフルは借り入れ方法が多く、1000円単位の金額指定もできるので、急遽お金が必要な時に助かっています。
    コンビニのATMや銀行はもちろん、公式アプリを使えばカードを使わずにお金を借りられるので、生活圏にセブンイレブンやローソンがある方はアプリで借りるのがおすすめです。それに消費者金融のカードを持ち歩くのもちょっと抵抗がありますよね。1万円以下を借りる時は、手数料が110円で済むのもありがたいです。夜の仕事をしていて、収入が安定していない自分でも審査に通ったので、審査はそこまで厳しくないと思います。

  • 男性(40代)/会社員

    年収:400万円/他社借入総額:0円

    ★★★★★

    アイフルで借りる事にしたのはLINEで相談できたからです。これまで消費者金融の事があまり分からず、金利や返済など分からない事が多くて不安でしたが、LINEアカウントを追加するとチャット形式で質問に答えてくれたので安心しました。
    冠婚葬祭費で100万円ほど入り用になり、銀行で借りようと思っていましたが、忙しくて銀行にいけませんでした。その点アイフルは銀行と違い、多忙な人に合わせたサービスを考えてくれている点が良いです。審査も早く、申し込み翌日に入金がありました。追加融資の時もオペレーターに相談によっていただきましたが、じっくりと最善策を考えてくれたりと、消費者金融のマイナスイメージが覆された印象です。

  • 男性(30代)/会社員

    年収:250万円/他社借入総額:30万円

    ★★★★★

    お盆休みに遊びで散在しお金を借りるために、消費者金融のサイトを見ていたらアイフルの「1秒診断」があり、試しにやってみました。
    ホントに1秒で診断がでます。どこの消費者金融にするか迷っていた私は、そのままアイフルに申し込みました。色々と迷っている時にすぐに反応があると判断しやすいです。この後本申し込みをして審査OKだったらお金を借りられるのですが、本番の審査もスピード感がよかったです。平日の昼休みに1秒診断から申し込みをし、次の日の午前中にお金が振り込まれました。割と高額の50万円を借りましたが、無利息期間に繰り上げ返済をして完済しました。

  • 男性(20代)/会社員

    年収:250万円/他社借入総額:0円

    ★★★★★

    自分は無人契約機から申込をしましたが、審査に落ちました。審査NGの理由は教えてくれませんが、推測するに今の職場の勤務期間が短いからだと思います。入社から3か月たっていたので大丈夫だと思ったけれど、思った通りにはいかないものです。電話口の担当さんの対応はとても親切で優しかったけど、あたり前だけど信用に関してはシビアですね。しばらくは生命保険の解約金を切り崩しながら、節約をして乗り切ります。焦って他の消費者金融に申し込むのは、審査に良くないらしいので、半年くらい待ってからまた申込みます。

  • 男性(50代)/会社会長

    年収:600万円/他社借入総額:0円

    ★★★★★

    これまで銀行のカードローンを利用してたが、家族に言いにくい事情があり消費者金融でお金を借りた。アイフルにしたのは通勤途中に無人店があったため。
    消費者金融なので利息は高いが、家族に知られにくく借り入れができるメリットもあるので、何を第一優先にするかを把握して上手に利用したい。無人契約機は個室の中にあり、人目が気にならないので思ったより気楽に借りられる。100万円を借りまだ返済は続いているが、コンビニや銀行ATM振込みで返済できるので、家族に気付かれる心配も少なくて良い。審査は20分ほどで済んだので、今すぐお金が必要な人にも向いてると思う。

  • 男性(20代)/派遣

    年収:250万円/他社借入総額:10万円

    ★★★★★

    派遣切りにあってお金に困った時に、20万円ほどアイフルで借りました。
    モビットなどに比べ、提携ATMの借り入れや返済で手数料がかかるのが残念です。夜遅くに返済をする事もあるので、コンビニの利便性がもう少し高ければと思います。スマホアプリを使ってカードが無くても返済ができるのは大変便利なので、コンビニの手数料がかかる点は今後ぜひ改善してほしいです。非正規雇用でもお金を貸してくれ、借り入れスピードも早く、返済猶予や返済方法の変更などで相談も聞いてもらえるので他に不満はありません。

アイフルの良い口コミから分かるメリット

アイフルの口コミを見ていくと、利用者がサービスの特徴にメリットを感じていることが分かります。

なかでも、口コミからわかる注目すべきメリットは以下の通りです。

  • 全国のコンビニATMと提携していて利用しやすい
  • 分からない事をLINEやチャットで解決できる
  • 融資可能かどうかの判断を1秒でしてくれる

以下、それぞれのメリットについて詳しく解説します。

全国のコンビニATMと提携していて利用しやすい

せっかく審査に通過して契約が成立しても、借入れや返済がしにくいようであれば使い勝手が悪く不便ですね。

その点、アイフルでは自社ATM441台の他、コンビニATMをはじめとした提携ATMが全国に84,845台※もあり、利便性が高いのも特徴的です。

※参照元:アイフル株式会社公式サイト「ローン事業

提携ATMの種類や提携ATMが設置されている主な店舗・施設は以下の通りです。

セブン銀行ATM(セブン・イレブンなど)、ローソン銀行ATM(ローソンなど)、イオン銀行ATM(イオン・ミニストップなど)、E-net(ファミリーマート・デイリーヤマザキ・ポプラ・コミュニティ・ストアなど)、西日本シティ銀行ATM、十八親和銀行、福岡銀行、熊本銀行

これだけ対応していれば、ご自宅や勤務先の近くにいくつかは提携ATMが設置されているのではないでしょうか?

なおアイフルでは、ATMでの借入れ以外にも、振込での融資にも対応しています。

振込での融資なら、ご自身がよく使う銀行口座にお金を振り込んでもらえるので、ATMまで足を運ぶ必要もありません。(借入方法の種類について、詳しくは後述しています。)

分からない事をLINEやチャットで解決できる

アイフルはテレビCMでお馴染みの「愛がいちばん」というフレーズにもある通り、顧客サポートに力を入れているのもメリットです。

電話でのサポート以外にも、分からないことがあればLINEやチャットで問い合わせられます。

特にLINEやチャットでは高性能なAIチャットボットが自動で回答してくれるため、たいていの質問ならすぐに答えが返ってきて便利です。

このAIチャットボットは使いやすく、文章で質問内容を入力できます。

またAIチャットボットで求める回答がかえってこないときは、オペレーターへの相談に切り替えることも可能です。

「男性のオペレーターには相談しにくい」という女性向けには、女性オペレーターが対応してくれる専用ダイヤルも用意されています。

以下、アイフルと他大手消費者金融のサポートを比較してみます。

【大手消費者金融のサポート比較】

アイフル アコム SMBCモビット
チャット 高性能なチャットボットが対応 チャットはあるものの「よくある質問」を選ぶのみ チャットはあるものの「よくある質問」を選ぶのみ
LINEサポート
※高性能チャットボットが対応
なし
女性専用ダイヤル なし

上記表でまとめたように、サポート内容でみるとアイフルが最も充実していますね。

融資可能かどうかの判断を1秒でしてくれる

アイフルの公式サイトには、「1秒診断」という簡易審査ツールがあります。

申込前の審査が可能なため、審査の不安を軽減できて非常に便利です。

1秒診断で、年齢・雇用形態・年収・他社借入金額を答え「診断開始」ボタンをクリックするだけで、簡易的な審査を実行します。

審査結果は、以下のように表示されます。

回答 概要
ご融資可能と思われます 本審査を通過する可能性が高いという意味です。
ご入力いただいた情報だけではお借入れ可否を判断できませんでした。 入力した内容だけでは、借入れの可否を判断できないという意味です。年収に対して借入金額が多い場合などの理由が考えられます。
大変申し訳ありません。当社規定によりお借入れができません。 「年齢が低い」「収入がない」など、申込条件に適合しないときなどに表示されます。

簡易的な審査とはいえ、このぐらいでも結果を教えてくれたら、本審査も比較的気軽に受けられますね。

※あくまで簡易審査なので、本審査で同じ結果ができるとは限りません。

アイフルの悪い口コミから分かるデメリット

利用者の口コミからみてとれるアイフルのメリットを紹介してきました。

どれも魅力的なメリットだったので、「申し込みたい」と思った方も多いでしょう。

しかし申し込む前に、サービスのデメリットについてもチェックしておきたいところです。

仮に申し込むとしても、デメリットを事前に把握しておけば心の準備もできます。

ここではアイテルの悪い口コミからみてとれる、以下デメリットについて解説します。

  • 勤続年数が短いと審査に落ちる
  • 銀行のカードローンに比べて利息が高い
  • 提携ATM利用時に手数料がかかる

勤続年数が短いと審査に落ちる

貸金業法では、アイフルのような貸金業者に申込者の返済能力の審査を義務付けています。

そのためローン申込の審査では、申込者の返済能力が必ずチェックされます。

(過剰貸付け等の禁止)
第十三条の二 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第一項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。

参照元:e-gov 法令検索

過剰な貸付を禁止し申込者が多重債務に陥らないようにするのが目的で、返済能力の審査は厳正に行われます。

この審査でチェックされる項目は年収や他社借入の他にも、申込者の勤務状況も含まれます。

たとえば雇用形態や業種、勤務年数などでです。

特に勤務年数は長くなればなるほど、今後も継続して安定した収入がある可能性は高くなるため、アイフルの審査では重視されます。

逆に言えば勤務年数が短いと、長い人と比べ審査を通過する可能性が低くなるわけです。

転職して間もない人は注意しましょう。

銀行のカードローンに比べて利息が高い

アイフルに限りませんが、消費者金融が提供するカードローンは銀行カードローンに比べ金利が高いのは否めません。

実際、どのくらい差があるか、以下表で比べてみましょう。

【アイフルと銀行カードローンの金利比較】

名称 金利(実質年率)
アイフル 3.0%~18.0%
三菱UFJ銀行
(バンクイック)
1.8%~14.6%
三井住友銀行 1.5%~14.5%
みずほ銀行 2.0~14.0%
楽天銀行 1.9%~14.5%

ご覧のように上限金利・下限金利のどちらも、アイフルの金利は銀行カードローンと比べ高くなっています。

それでは、この金利差で実際にどのくらい利息が違うのでしょうか。

借入金額や返済期間にもよるので一概にはいえませんが、ここでは一例をみてみましょう。

比較の条件は以下の通りとします。

  • カードローン:アイフル・三菱UFJ銀行(バンクイック)
  • 借入金額:50万円
  • 金利:アイフル=>18.0%、三菱UFJ銀行(バンクイック)=>14.5%
  • 返済期間:24ヵ月(2年間)

この条件で、各カードローンにおける毎月の返済額や発生する利息の金額は以下の通りです。

名称 毎月の返済額 利息総額 返済総額
アイフル 25,000円 99,004円 599,004円
三菱UFJ銀行

(バンクイック)

24,148円 79,551円 579,551円

ご覧のように今回の例では、毎月の返済額が約900円、利息総額が20,000円ほどアイフルの方が高くなっています。

この差は、借入金額が多くなるほど、返済期間が長くなるほど大きくなます。

提携ATM利用時に手数料がかかる

アイフルではスマホアプリの他、ATMからお金を借りることが可能です。

しかし提携ATMを利用する場合、以下ATM利用手数料が発生します。

取引金額 返済時/借入時ともに
1万円以下 110円
1万円超 220円

1回で発生する手数料の金額はそれほど大きくないですが、お金を借りる必要があるときに手数料はなるべく支払たくないですね。

なお提携ATMで手数料が発生するのはアイフルだけではありません。

アコム・プロミス・レイクALSA・SMBCモビットと言った他大手消費者金融でも、同じ金額の手数料が発生します。

またスマホアプリやアイフルATMで借り入れるのであれば、手数料は発生しません。

手数料を支払いたくないときは、これら方法を使うとよいでしょう。

公式サイトによると、アイフルATMは全国に441台(2021年3月31日現在)設置されています。

比較的大きな駅の近くには設置されていることが多いので、気になる方は公式サイトの「店舗・ATM検索」でチェックしてみましょう。

アイフルの申込から融資までの流れ

アイフルのカードローンを申し込むときは、申込から融資までどのような手続きをすればよいか気になりますね。

手続きの方法を知っておけば、スムーズに対応できます。

ここでは、アイフルのカードローンを申し込む方法から融資までの流れについて解説します。

申込方法は全部で5種類

アイフルの申込方法は、以下5種類の中から選べます。

種類 概要
オンライン申込 公式サイトの専用フォームから申し込む方法。自宅から手軽に申し込める。24時間365日申込を受け付けている。
スマホアプリ申込 専用のスマホアプリを使って申し込む方法。手元のスマホから簡単に申し込める。24時間365日申込を受け付けている。
電話申込 専用の電話番号に連絡し申し込む方法。オペレーターに分からないことを聞きながら申し込める。受付時間は9時~18時(土日祝も営業)
無人店舗申込 全国に設置された無人店舗へ行って申し込む方法。誰にも会わず手軽に申し込める。無人店舗の営業時間は9時~21時(土日祝も営業)
有人店舗申込 全国に展開されている有人店舗へ行って申し込む方法。店員に分からないことを聞きながら申し込める。有人店舗での申込可能時間は9時~18時(平日)

たとえばスマホアプリやオンライン申込なら、自宅からでも手続きができて手軽です。

以下、それぞれの申込方法について流れを簡単に紹介します。

【オンライン申込】

  1. 手元のパソコンやスマートフォンから公式サイトにアクセスし、トップページの「今すぐお申込み」をクリックする
  2. 画面の指示に従って申し込み手続きを実行する
  3. 手続き後、審査が開始される(最短30分で完了)
  4. 審査結果がメールで届く
  5. メールの内容に従い必要書類を送付する
  6. メールの内容に従い、オンラインで契約手続きを行う
  7. コンビニATMや振込などで借入れできるようになる

【スマホアプリ申込】

  1. App StoreやGoogle Playから専用アプリ(「アイフル」)をダウンロードする
  2. アプリの指示に従い申し込み手続きを行う
  3. 手続き後、審査が開始される(最短30分で完了)
  4. 審査結果が電話もしくはメールで通知される
  5. 書類の提出方法についてメールで連絡がある
  6. メールの内容に従い必要書類を送付する
  7. 手元のスマホ・パソコンで契約手続きを実行する
  8. コンビニATMや振り込みなどで借入れできるようになる

【電話申込】

  1. 専用番号に連絡し、オペレーターに申込の意志を伝える
  2. 手続き後、審査が開始される(最短30分で完了)
  3. 全国の無人店舗で契約手続きを実行。その場でローンカードが発行される
  4. ローンカードを利用し提携ATMなどでお金の借入れが可能となる

【無人店舗申込】

  1. 全国にある無人店舗へ行く
  2. 店舗内の自動契約機で、画面の指示に従い手続きをすすめる
  3. 手続き後、審査が開始される(最短30分で完了)
  4. 審査完了後、その場でローンカードが発行される
  5. ローンカードを利用し提携ATMなどでお金の借入れが可能となる

【有人店舗申込】

  1. 全国にある有人店舗へ行く
  2. 店員の指示に従い手続きをすすめる
  3. 手続き後、審査が開始される(最短30分で完了)
  4. 審査完了後、その場でローンカードが発行される
  5. ローンカードを利用し提携ATMなどでお金の借入れが可能となる

急ぎの方でも安心の最短審査時間30分

早くお金を借りたいときに審査時間が長くかかるのは困りますね。

その点、アイフルでは申し込み後、最短30分で審査が完了するので助かります。

なおアイフルに問い合わせたところ、申込即日に融資して欲しいときは夕方までには申込手続きを完了させて欲しいとのことでした。

場合によっては審査に時間がかかることもありえるためです。

万一審査が早く終わっても、振込による融資の場合は銀行側の営業時間によって、振込が完了しないので注意が必要です。

一方でスマホアプリや提携ATMでの借入れであれば、深夜でも必要なお金を引き出せます。

またアイフルでは審査時の在籍確認※を行っていません。その分、スムーズに審査が完了します。

※在籍確認とは
勤務先として申告のあった会社に申込者が本当に勤めているか確認するため、勤務先に電話で在籍状況を確認することです。カードローン審査中に、申込先の金融機関が行います。一般的に電話した際に金融機関名を名乗らないことから、会社にカードローンを申し込んだことが知られる可能性は低いです。ただ100%ではないので、在籍確認に不安を覚える方も少なくありません。

契約手続きで必要書類を提出

アイフルでカードローンを申し込むときは、本人確認書類の提出が必要となります。

アイフルが本人確認書類として推奨しているのは運転免許証です。

運転免許証がない場合は、以下を推奨しています。

  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード(表のみ)

これら書類が手元にあって、なおかつ記載されている住所に今も住んでいるのであれば、その書類を1点だけ提出すればすみます。

一方、上記条件を満たさないときは、次の条件を満たすように書類の用意が必要です。

  • 以下「A」の中から現住所が記載されている書類を2つ提出する
  • 以下「A」の中から現住所が記載された書類を1点と、以下「B」のなかから現住所が記載された書類を1点ずつ用意する
A B
転免許証
運転経歴証明書
パスポート
(※所持人記入欄があるもの)
住民基本台帳カード
個人番号カード(表のみ)
在留カード
特別永住者証明書
各種保険証
国民年金手帳
母子健康手帳
住民票
戸籍謄本
住民票記載事項証明書
公共料金領収書
(電気・ガス・水道・NHK・固定電話)
国税・地方税の領収書
納税証明書

次に以下いずれかの条件に該当する際は、収入証明書の提出も求められます。

  • アイフルの利用限度額を50万円より高くしたい場合
  • アイフルの利用限度額と、他賃金業者からの借入額を合計して100万円を超える場合
  • その他、就業状況の確認などのためにアイフルが必要と判断した場合

アイフルが収入証明書として公式で認めている書類の例は以下の通りです(最新のデータが記載された書類が必要となります。)

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給料明細書※直近2ヵ月分が必要。ボーナスを受け取っている場合は、1年以内に支払われたボーナス分の賞与証明書も必要となる。
  • 確定申告書
  • 所得証明書

また書類の提出方法は以下の通りです。

  • 必要書類をスマホカメラなどで撮影し、専用のオンラインフォームから送信
  • FAXで送付
  • 無人契約機で画像を提出
  • 有人店舗で店員に手渡す
  • 郵送で送付

早く融資して欲しいときは、オンラインやFAXで送付すれば時間がかかりません。

カードレスも可能な借入方法4種類

アイフルの借り入れ方法は、スマホアプリ・アイフルATM・提携ATM・振込の4つを用意しており、都合にあわせて選べます。

各借入方法の概要は以下の通りです。

■スマホアプリ
専用のスマホアプリを使った借入れ方法です。全国各地にあるセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMで借入れができます。スマホアプリでの借入れならローンカードが不要です。また千円単位で借りられる点もメリットです。

■アイフルATM
アイフル店舗にあるATMで借り入れる方法です。ローンカードを使って借入れを行います。アイフルATMでも千円単位の借入れが可能な上に、手数料が発生しないのもメリットです。

■提携ATM
提携するコンビニATMや銀行ATMで借り入れる方法です。こちらもローンカードを利用して借入れを行います。近所のATMを利用できるのが主なメリットです。

■振込
指定した金融機関へ、アイフルからお金を振り込んでもらいます。

インターネット上から24時間365日手続きできる上に、最短10秒で振り込まれるのがメリットです。

それぞれの借入れ方法の主な違いは以下の通りです。

スマホアプリ アイフルATM 提携ATM 振込
深夜の手続き
ローンカードなしでの借入れ
自宅での手続き
手数料無料
千円単位での借入れ

アイフルはキャッシングローン以外の商品も充実

アイフルはキャッシングローン(通常のカードローン)以外にも、複数の商品を用意しています。

申込者の希望によっては、キャッシングローンより適していることもあるのでチェックしましょう。

この項では、アイフルが提供する以下3つの商品について紹介します。

  • SuLaLi
  • ファーストプレミアムカードローン
  • かりかえMAX

女性でも安心して申込可能なレディースローン「SuLaLi」

SuLaLiは女性が安心して手軽に使えるように設計されたローンサービスです。

以下、通常のカードローンとSuLaLiのサービス内容を比較してみましょう。

キャッシングローン

(通常のカードローン)

SuLaLi
金利(実質年率) 3.0%~18.0% 18.0%
利用限度額 800万円 10万円
最大無利息期間 30日間 30日間
申込条件
  • 満20歳以上69歳までの方
  • 定期的な収入と返済能力を有する方
  • 満20歳以上の女性
  • 定期的な収入と返済能力を有する方

ご覧のように、最も大きな違いは利用限度額です。

キャッシングローンは800万円まで対応しているのに比べ、SuLaLiは10万円です。

SuLaLiはどちらかというと、「ちょっと手元にお金が足りないとき」向けのサービスと言えそうですね。

その他、SuLaLiの特典として以下があげられます。

  • 女性好みの限定デザインカードが選べる
  • 女性オペレーターが対応してくれる、女性が相談しやすいサービス専用ダイヤルを用意

好条件で借入が可能なファーストプレミアムカードローン

ファーストプレミアムカードローンは、アイフルの利用がはじめてなど条件を満たす方だけが使える好条件のローンサービスです。

実際、キャッシングローンと条件がどう違うのか、以下表で比較してみましょう。

キャッシングローン

(通常のカードローン)

ファーストプレミアムカードローン
金利(実質年率) 3.0%~18.0% 3.0%~9.5%
利用限度額 800万円 800万円
最大無利息期間 30日間 30日間
申込方法 オンライン・スマホアプリ・電話・無人店舗・有人店舗 オンラインのみ
申込条件
  • 満20歳以上69歳までの方
  • 定期的な収入と返済能力を有する方
  • アイフルのご利用がはじめての方
  • 満23歳以上59歳までの方
  • 定期的な収入と返済能力を有する方

ご覧のように、ファーストプレミアムカードローンは、キャッシングローンに比べ上限金利が約1/2におさえられています。

ファーストプレミアムカードローンを使えば、支払う利息を大幅に軽減できてお得です。

その代わり申込方法がオンラインに限定される上、申込条件はアイフル利用がはじめての方となります。

また申込可能年齢が23~59歳と限られているので、注意が必要です。

他社借入をひとつにまとめれる「かりかえMAX」

かりかえMAXは、他消費者金融のカードローンや銀行カードローンなど、他社借入をまとめて返済できるサービスです。

かりかえMAXを使えば、借入先を1つにまとめられるので返済が楽になります。

より金利の高い商品から借り換えを行えば、利息の支払いを減らせるのもメリットです。

以下、かりかえMAXのサービス概要をまとめます。

【かりかえMAXサービス概要】

金利(実質年率) 3.0%~17.5%
利用限度額 800万円
返済期間 最長10年(120回)
主な申込条件
  • アイフルを初めてご利用される方
  • 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方

※参照元:アイフル公式サイト

なお、かりかえMAXは貸金業者であるアイフルのサービスですが、総量規制の対象外です。

年収の1/3を超える借金がある方でも、かりかえMAXでまとめることにより、返済が楽になる可能性があります。

借入後の返済をしないと信用情報機関に傷が残る

アイフルの利用に限った話で貼りませんが、カードローンを利用する際は、必ず期日通りに返済を続けなくてはなりません。

万が一、返済をせずに滞納を続けると、ローン提供元の金融機関だけでなく、利用者側も大きな不利益をこうむることになります。

この項では、滞納が続いた場合に、どのような不利益が生じるのか簡単に解説します。

長期間返済を怠るとローンを組めなくなる

カードローンなどで61日間以上、返済を遅延させるとその履歴が「信用情報機関」に「事故情報」として記録されてしまいます。

カードローンの審査では事故情報の有無もチェックされ、万が一事故情報があるようなら審査通過は困難です。

結果、新たにローンを組めなくなってしまいます。

万が一、事故情報が記録された場合のデメリットは、ローンが組めなくなるだけではありません。

他にも以下のような審査通過が難しくなり、利用できなくなってしまいます。

  • クレジットカードが使えなくなる(新たに発行できなくなる)
  • ETCカードが使えなくなる
  • スマートフォン本体などの分割払いができなくなる
  • 住宅ローンなどの保証人になれなくなる

このようにデメリットが多いので、返済期日は必ず守るようにしましょう。

なお、事故情報の記録が保存される期間は5年間です。

つまり長期延滞をしてから5年間は、上述のようなデメリットを受け続けることになります。

返済が苦しい場合はあらかじめアイフルに相談する

返済に遅れると、アイフルから状況確認の連絡があります。

仮にその連絡も無視して滞納を続けると、「督促状」が送付されるなど支払いの催促を受けることになります。

この段階では、厳しい取り立ては行われません。

しかし督促状を無視すれば、一括返済が求められたり、裁判所の強制執行で財産を差し押さえられたりしてしまいます。※


アイフルは貸金業法にのっとった業者なので、ヤミ金融のように脅迫のような取立を行うことはありません。その点は安心してよいでしょう。

このように状況がどんどん悪くなる前に、返済が厳しいときはアイフルに相談するようにしましょう。

アイフル側も状況が悪化する前に返済してもらうのが一番なので、返済期間を見直すなど考慮してくれる可能性が高いです。

いずれにしろ、最もよくないのは返済が困難な状態なのに、アイフルからの連絡を無視してしまうことです。

仮に無視を続けても、状況が好転することはありません。

状況が悪くなり過ぎる前に、アイフルへ連絡しましょう。

まとめ

アイフルのカードローンは全国のコンビニATMで借入・返済ができたりと、メリットが多い商品です。

またサポートが充実しており、1秒で簡易審査が行える「1秒診断」も便利で使いやすいです。

実際、利用者の口コミを見ていくと、これらメリットに満足している声が多いことが分かります。

一方、銀行カードローンと比べると金利が高かったり、提携ATMの利用で手数料が発生したりするといったデメリットもあり注意が必要です。

勤務年数が短いと、長い場合と比べ審査に通過しにくくなるとる点にも気を付けなくてはなりません。

アイフルを利用するか検討する際は、これらメリット・デメリットをチェックすると自分に合う商品か判断しやすいでしょう。

またアイフルでは他にも、女性が使いやすいカードローン「SULaLi」や低金利なファーストプレミアムローンなども用意しています。

それぞれ通常のカードローンと比べ申込条件は限定されますが、希望や条件にあえばおすすめの商品です。