カードローン審査の内容とは?審査に落ちた・通る理由の判断が可能!

カードローンの審査基準は「信用情報・返済能力・総量規制」の3つ

カードローンの審査に通るかどうか不安を感じていませんか?

カードローンに申し込みをすると、金融機関による審査を受けなければいけません。

結論からいうと、カードローンの審査とは「信用情報・返済能力・総量規制」の確認です。

貸金業法に沿って、融資を受けられる条件を満たしているかどうかの確認が行われます。

主なポイントとしては、収入があることが前提の審査になります。

そのうえで、融資をしても利用者が返済していけるかどうかが審査通過における判断基準といえます。

カードローンの審査に不安を感じる方は、事前に審査内容を確認しておきましょう。

「審査なしでお金を貸します!」「極甘審査ファイナンスカードローン」などの誇大広告は貸金業法に違反している為、絶対に利用してはいけません。

参考:「カードローンは審査なしで借りれる?必ず通るカードローンってあるの?

誤って利用してしまった場合、「法外な利息」「執拗な取り立て」などの被害に遭う可能性が高い為、上記のような誇大広告を謳う文言の業者の利用はやめましょう。

カードローン審査と確認方法
信用情報の審査とは? 過去に金融トラブルを起こしていないか
返済能力の審査とは? 毎月安定した収入源があるか
総量規制の審査とは? 年収の3分の1以上の借り入れにならないか

Expert-oneの お借入診断シミュレーション

借入が可能かどうか、結果がすぐにわかります。
「年齢」「雇用形態」「収入」「他社借入総額」などをご入力、「借入診断する」ボタンを押してください。

年齢
雇用形態
収入
他社借入総額

診断結果

診断結果

OK!

主婦の方は、こちらでお借り入れできる可能性がございます。

上記ボタンから今すぐアクセス!!

診断結果

NG!

お借入・ご融資は難しいと思われます。

目次

カードローン審査とは「信用情報・返済能力・総量規制」の確認が基本

カードローンの審査基準は「信用情報・返済能力・総量規制」の3つです。

信用情報 過去に支払いの遅延・延滞がないか確認する
返済能力 毎月安定した収入があるか確認する
総量規制 年収の1/3以上の借入をしていないか確認する

審査基準を満たしていない方への融資は、貸金業法第十三条の二項に抵触する為、禁止されています。

過去にカードローンの支払を延滞した場合や、安定した収入がない場合、審査に落ちる可能性が高いです。

審査基準に満たない方へ貸付をすると、申込者が返済できないほどの借入をしてしまうからです。

カードローンの利用を検討されている方は、事前に確認しておきましょう。

「審査の甘いカードローン」について気になる方は以下の記事を参考にしましょう。

参考:「審査が甘いカードローンはある?即日融資可能の審査通過率は?

カードローンの審査に通りやすい・落ちるがわかる借入診断:当サイトオリジナル機能

カードローン審査に通る・落ちるを判断する為に、下記のシミュレーションで診断可能です。

大手消費者金融の公式HPには借入診断シミュレーションが設置されています。

その内容の精査・分析を行い、下記の項目により借入診断を行います。

カードローンの審査基準で落ちるか不安を感じている方は一度ご利用ください。

項目 審査通過基準
年齢 20歳以上69歳未満
雇用形態 無職ではないかどうか
収入 安定した収入源があるかどうか
他社借入総額 年収の3分の1未満の借入

Expert-oneの お借入診断シミュレーション

借入が可能かどうか、結果がすぐにわかります。
「年齢」「雇用形態」「収入」「他社借入総額」などをご入力、「借入診断する」ボタンを押してください。

年齢
雇用形態
収入
他社借入総額

診断結果

診断結果

OK!

主婦の方は、こちらでお借り入れできる可能性がございます。

上記ボタンから今すぐアクセス!!

診断結果

NG!

お借入・ご融資は難しいと思われます。

※簡易審査であり、必ずしも約1,000社存在する貸金業者の審査通過を保証するものではありません。

過去に申し込み者が支払いの遅延・延滞の経験があるかの信用情報の確認をする

審査では、過去の支払いなどの遅延経験がないか個人の信用情報を確認します。

審査で確認する信用情報は、以下の通りです。

申込情報 本人を識別するための情報 氏名、生年月日など
申し込み内容に関する情報 照会日、商品名など
クレジット情報 契約内容に関する情報 契約日、契約額など
支払い状況に関する情報 報告日、残債額、請求額など
利用記録 本人を識別するための情報 氏名、生年月日など
利用した内容に関する情報 利用日、利用目的など

審査へ申し込みしたときに、申し込みの個人情報が履歴として信用情報機関に登録されます。

信用情報機関とは、個人の信用情報を管理している機関のことです。

具体的な信用情報機関は、以下の通りです。

信用情報機関 登録されている情報
指定信用情報機関CIC 消費者金融やクレジットカード会社で登録された、信用情報を取り扱う。
指定信用情報機構JICC 消費者金融や銀行などの幅広い金融機関の、信用情報を取り扱う。
全国銀行協会JBA 銀行を中心とした、メガバンクや地方銀行、ネット銀行で登録された信用情報を取り扱う。

登録されている内容は、本人を識別するための情報や「契約・支払い」に関する情報など登録されています。

また信用情報は、期間を過ぎると自動的に削除されます。

信用情報機関に保有される期間は、以下の通りです。

内容 JICC CIC
長期延滞 延滞解消から5年 延滞解消から5年
契約解除 5年 5年
自己破産 5年~10年 5年~10年
個人再生 5年 5年

自分の信用情報を確認したい方は、信用情報機関へ開示請求を申し込みしましょう。

ただ、信用情報の開示は手数料1,000円(税込)かかります。

融資したお金を返済できる能力があるかの確認

カードローンの審査では、申込者の返済能力を確認します。

申込者に安定した収入がない場合、返済能力が低い判断されるかもしれません。

返済能力は、申し込み者の属性によって判断されます。

属性とは、申込者の「家族構成」「年収」「他社借入件数・金額」などの個人情報を指します。

具体的な属性の内容は、以下の通りです。

  • 年齢
  • 家族構成
  • 住居種類(持ち家・賃貸)
  • 職業
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 健康保険証の種類(社会保険・国民健康保険)
  • 他社借入件数・金額

借入している金額が年収の1/3を超えていないか総量規制を確認する

借入している金額が年収の1/3を超える場合は、総量規制に該当します。

総量規制とは、年収の1/3を超える貸付を禁止する法律です。

たとえば、年収300万円の方が審査に申し込む場合、借入できる金額は100万円です。

総量規制は、平成18年6月18日に金融庁から「貸金業法の改正」として導入されました。

また総量規制の対象は、他社からの借入金額も含みます。

年収300万円の方が、他社から60万円を借入している場合、残り借入できる金額は40万円までです。

カードローンの審査に申し込みする際は、事前に自分の借入金額を確認しましょう。

ちなみに銀行カードローンは、総量規制の対象外です。

銀行の審査基準は、貸金業法ではなく銀行法で定められているからです。

ただ、銀行法でも年収1/3以上の借入は禁止されています。返済できない方への過剰な貸付を制限するためです。

審査に申し込みする際は、年収の1/3を超えない希望額で申し込みしましょう。

カードローンの審査方法は貸金業者・銀行によって異なる

カードローンの審査方法は、金融機関ごとで異なります。

金融機関によって、遵守するべき法律が異なるからです。

消費者金融では「貸金業法」が適用されており、銀行カードローンでは「銀行法」が適用されています。

貸金業法 消費者金融などの貸金業者の借入について、貸金業者に対して定められている法律。
銀行法 個人情報を管理するため、信用維持・預金者保護などの適切な運営を確保するため定められた法律。

消費者金融などの貸金業者は、個人にお金を貸付する金融機関です。

一方銀行は、お金の貸付だけでなく預金の管理なども行います。

そのため、預かっているお客様の個人情報を保管する際の法律として、銀行法を遵守して運営しています。

大手消費者金融はコンピューターによるスコアリングシステムを採用している

大手消費者金融は、審査方法にスコアリングシステム(自動与信審査システム)を採用しています。

スコアリングシステムとは、コンピューターが申込者の個人情報に点数をつけて審査する方法です。

「スコアリングシステム」は、消費者金融会社が統計学をもとに、自社の膨大な顧客取引データを分類・解析した上で作られた与信データベースであり、即時に融資の可否や利用限度額などの与信判断情報を示すことができます。

引用:アイフル公式サイト消費者向け無担保ローン事業の仕組み

審査の申込書に記載された情報を点数化しています。

そのため記載に不備がある場合、機械は個人情報を読み取れなくなります。

大手消費者金融へ申し込みする際は、不備なく記入して申し込みしましょう。

一部の中小消費者金融はコンピューターに加えて手動で審査をおこなう

中小消費者金融は、スコアリングシステムに加えて、従業員が手動で申し込み内容を審査します。

手動で審査を行う場合、過去の信用情報だけでなく現在の返済能力も考慮する可能性もあります。

ただ、審査が甘い中消費者金融カードローンは存在しません。

中小消費者金融も、大手消費者金融と同じ貸金業法を順守して運営されているからです。

他社からの借入額が、年収の1/3以上になる場合は借入できません。

安定した収入がない場合も、審査に落ちる可能性があります。

中消費者金融の利用を検討している方は、事前に貸付条件を確認しておきましょう。

銀行カードローンは独自の審査方法と保証会社を利用して審査をおこなう

銀行カードローンでは、独自の審査方法と保証会社を利用して審査をおこないます。

保証会社の役割は、以下の2つです。

  • 銀行に代わって申し込み者の審査をおこなう
  • 申込み者が万が一、返済ができなかったときに保証会社が代わりに返済する

銀行カードローンの審査は、銀行内でも独自審査をおこない、保証会社でも審査をおこないます。

そのため、銀行の審査に通過しても、保証会社の審査に通らなければお金は借りられません。

加えて保証会社は、申込者が万が一返済できなかったときに、代わりに返済する役割もあります。

そのため、銀行は申込者が返済できなかった場合でも、お金が返ってこないリスクを避けられます。

カードローン審査に必要な時間は遵守するべき法律によって異なる

カードローン審査で必要な時間は、消費者金融と銀行で異なってきます。

なぜなら、定められている法律が「貸金業法」と「銀行法」で異なるからです。

各金融機関の審査時間は、以下の通りです。

金融機関 融資までの時間
大手消費者金融 最短即日融資
中小消費者金融 最短即日融資~1営業日以降
銀行カードローン 最短1営業日以降

銀行カードローンは即日融資に対応しておません。

総量規制が導入される2010年より前に、申し込み者に対する過剰貸付問題が社会問題となりました。

そのため、金融庁からの監督指針として、銀行は即日融資を停止しています。

銀行カードローンは、審査時間に最短でも1営業日以上かかります。

一方消費者金融は、最短即日融資が可能です。

貸金業法では、即日融資を禁止されていないからです。

各カードローン審査に必要な時間は、遵守するべき法律によって異なってきます。

カードローンの利用を検討している方は、事前にカードローンの公式サイトで審査に必要な時間を確認しておきましょう。

消費者金融は即日融資に対応しており最短60分で融資が可能

消費者金融は、最短60分で融資が可能です。最短30分で融資を受けられるカードローンも存在します。

ただ営業時間によっては、即日融資に対応していない場合もあります。

即日融資でお金を借りたい方は、カードローン会社の営業時間を確認しておきましょう。

大手消費者金融は、自動契約機が備え付けられている店舗もあります。

そのためネットで申し込みをした後に、自動契約機の店舗へ行くとその場でカード発行が可能です。

申し込みした消費者金融によって、自動契約機の営業時間も異なります。

大手消費者金融の営業時間と、自動契約機の営業時間は以下になります。

消費者金融名 営業時間 自動契約機営業時間
プロミス 9:00~18:00 9:00~21:00
アコム 9:30~18:00

9:00~21:00

アイフル 9:00~18:00 9:00~21:00

※プロミスは、自動契約機の場所によって営業時間が異なる場合もある

※アコムは、年中無休、年末年始は除く場合のみ9:00~21:00まで営業

銀行カードローンは審査に最低1営業日かかるため即日融資に対応していない

銀行カードローンは、即日融資に対応していません。理由は以下の通りです。

  • 過剰貸付の社会問題化
  • 反社会的勢力への融資

過剰貸付の社会問題化とは、一部の銀行カードローンが申し込み者に、返済できない金額の「貸しすぎ」が社会問題となりました。

そのため各銀行は、カードローン審査の内容を見なおすために、以下の内容が実施されています。

2017年の9月に金融庁による立入検査が実施され、全国銀行協会では「銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ」が実施されました。

反社会勢力への融資とは、2013年に「みずほ銀行が反社会的勢力に対する融資問題」が起きました。

そのため、対策として警察庁のデータベース照会を導入しています。

反社会的勢力に関する情報は警察が持っているため、警察庁のデータベースで反社会的勢力の照会が可能です。

ただ、データベースの照会にかかる時間は最短1日~2週間ほどかかります。

そのため、銀行カードローンは即日融資に対応していません。

銀行カードローンの利用を検討している方は、審査に必要な時間に注意しましょう。

カードローン審査に落ちる6つの主な理由

カードローンをこれから利用する方は、どのような理由で審査に落ちてしまうのか気になる方もいると思います。

カードローンの審査に落ちる理由は、以下の6つです。

  • 申し込み者に借りた金額を返済できる安定した収入がない
  • 同時に複数のカードローン会社に申し込みみしている
  • 他社での借入件数が多いため多重債務の可能性がある
  • 過去に金融事故や返済の延滞をした経験がある
  • 申し込み時に提出した書類に不備がある・虚偽の申請をしている
  • 在籍確認に対応できず審査が進まない

カードローンの利用を検討している方は、審査に落ちる理由を事前に把握しておきましょう。

申し込み者に借りた金額を返済できる安定した収入がない

収入が安定していない申込者への貸付は、禁止されています。

そのため、安定した収入がないと見なされた場合、審査で落ちる可能性があります。

収入を証明するための審査項目は、勤務先の情報と収入証明書で可能です。

勤務先情報は、申込者が在籍しているか確認をする在籍確認が必要です。

ただ、カードローン会社によって、在籍確認なしで確認が可能なカードローンもあります。

勤務先が休業日の場合は、在籍確認なしにできるカードローン会社の利用を検討しましょう。

収入証明書は、「源泉徴収票」「確定申告書」「所得証明書」などの提出で、収入の証明が可能です。

収入証明書類を持っている方は、事前に収入証明書の準備をしておきましょう。

同時に複数のカードローン会社に申し込みしている

カードローン会社に申し込みをする時は、1社ずつ申し込みしましょう。

複数の会社に申し込みをすると、借金を借金で返済しようとしているのではないかと疑われます。

借金で借金を返済する可能性がある場合は、自己破産する可能性が高いです。

そのため、カードローン会社も貸付できません。

カードローンへ申し込みした情報は、信用情報機関に個人情報として登録されます。

融資を判断する際は、信用情報機関に登録されている個人情報を参照します。

そのため、過去に同時に申し込み履歴がある場合、返済能力が低いと疑われるかもしれません。

審査に申し込む際は、同時に複数のカードローンに申し込みしてはいけません。1社ずつ申し込みしましょう。

他社での借入件数が多いため多重債務の可能性がある

他社からの借入があり、多重債務の可能性があると判断された場合は、審査通過できません。

多重債務とは、複数のカードローンから借入をした結果、返済が困難になっている状態を指します。

参照元:一般社団法人全国銀行協会|多重債務とは

お金を借りたときは、借りた金額に対して利息を合わせた金額を返済しなければいけません。

そのため、借金で借金を返済していくと、以下のような流れで多重債務に陥ります。

たとえば、1社目で借入額と利息を足した金額の、合計33万円の返済が残っている状態とします。

33万円を返済するためには、2社目では33万円を借入しなければ返済できません。

1社目の返済が完了しても、2社目の返済は残っている状態です。

そのため3社目では、2社目で借りた33万円と利息分を足した金額の借入が必要です。

繰り返してしまうと、徐々に借りなければならないお金が増えて、多重債務に陥ります。

多重債務の可能性がある方は、金融庁から「多重債務についての相談窓口」があります。問い合わせを検討してみましょう。

過去に金融事故や返済の延滞をした経験がある

過去に返済の延滞をして、金融事故の経験がある方は、審査に落ちてしまいます。

金融事故とは、カードローンなどでお金を借りたお金の返済が不可能になった状態です。

金融事故の情報は、信用情報機関に登録されます。

審査の際は、信用情報に傷がついていると判断されるでしょう。

金融事故を起こしてしまうと、携帯電話などの割賦購入ができなくなったり、賃貸契約などできなくなります。

金融事故の情報は5年間記録が残るため、期間内はローンなども利用できません。

ただ、登録されている信用情報は永久的に保存されるのではなく、期間がすぎると自動的に削除されます。

過去に金融事故を起こした経験がある方は、期間が過ぎてからカードローンの申し込みをしましょう。

申し込み時に提出した書類に不備がある・虚偽の申請をしている

カードローン審査に提出する申し込み内容に、不備や虚偽の申請をしている場合は、審査に落ちる可能性があります。

申込者の個人情報は、審査に必要な項目です。空欄があると審査できません。

また虚偽の申請をすると、詐欺罪・詐欺未遂罪に該当します。

虚偽の申請は、騙してお金を借りる行為に該当するからです。

借入していなくても、申し込み内容に嘘の情報を記入すると詐欺未遂罪に該当する可能性もあります。

カードローンの申し込み内容は、不備や嘘の情報を記入せず申し込みしましょう。

在籍確認に対応できず審査が進まない

カードローンの審査では、申し込み時に記入した勤務先への在籍確認が必須です。

そのため、在籍確認が取れない場合は、審査に通過しない可能性があります。

カードローン会社は、申込内容に記載されている勤務先に在籍しているか確認します。

在籍確認の連絡が来る際に、勤務先が休業日だと在籍の確認が取れません。

在籍確認が取れなかったときは、後日の連絡となります。

審査を円滑に進めたい場合は、勤務先の営業時間を確認しておきましょう。

また、自分が在籍確認に対応できない場合は、同僚に在籍確認の連絡が来る旨を伝えておきましょう。

在籍確認は本人が電話にでなくても、在籍していることが確認できれば完了するからです。

カードローンの審査に関するよくあるQ&A

カードローンの審査に関する質問を10個まとめてみました。

質問内容は以下の通りです。

  • パート・アルバイトでも借りられますか?
  • 無職でも借りられますか?
  • 来店なしで申し込みはできますか?
  • 担保・保証人は必要ですか?
  • 郵送物なしで借りられますか?
  • 金利に対しての利息の計算方法は?
  • 年齢制限はありますか?
  • 審査に必要な書類はありますか?
  • 仮審査はできますか?
  • スマホから申し込みできますか?

カードローンの審査に不安がある方は、確認しておきましょう。

パート・アルバイトでも審査に申し込みできますか?

パート・アルバイトでもお金を借りられます。

ただ、一定期間の勤務日数続けていなければ、申し込みしても審査に落ちる可能性があります。

パート・アルバイトなどはじめたときは、1か月以上勤務してから申し込みしましょう。

無職でも審査に申し込みできますか?

無職の方は、カードローンの利用はできません。

安定した収入を得ていないと判断されるため、審査に落ちてしまいます。

以前勤めていた会社を記入しても、在籍確認が取れなければ審査に落ちてしまいます。

無職でもお金を借りたい方は、アルバイトや派遣会社に登録を検討しましょう。

アルバイトや派遣会社でも、勤務先情報を記入できるようになると、審査通過する可能性があります。

来店なしで申し込みはできますか?

カードローン会社によっては、来店なしでも申し込みできます。

消費者金融カードローンでは、インターネットできるWEB完結申込に対応しているカードローンがあります。

インターネットからの申し込みでも、審査に通過すると指定口座へ振込が可能です。

来店なしで申し込みを検討している方は、インターネット申し込みに対応している金融機関を利用してみましょう。

来店せずに申し込みした方は、カードローンの公式サイトを確認しましょう。

審査に担保・保証人は必要ですか?

カードローンでは一般的に、担保や保証人は原則不要で利用できます。

そのため事前に担保や、保証人を準備する必要がありません。

郵送物なしで借りられますか?

カードローン会社によって、郵送物なしで借りられる会社はあります。

ただ、カードローン会社によって、郵送物なしで借りられる会社は異なってきます。

郵送物なしでお金を借りたい方は、利用するカードローンの公式サイトを確認してから申し込みを検討しましょう。

郵送物なしで借入できるカードローン会社は、以下になります。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローンバンクイック
  • 楽天銀行スーパーローン

金利・利息の計算方法は?

金利に対しての利息の計算方法は、以下のような計算式になります。

「借入額×金利(年率)÷借入期間=利息額」

借入期間は、365日で計算します。

しかし、うるう年の場合は366日で計算します。

1日でも間違っていると、利息額も変わってくるため確認しておきましょう。

例えば10万円を年率18.0%の金融機関で借りた場合は以下の計算になります

「100,000×0.18÷365=49円(1日あたりの利息)」

1日あたり49円ですので、1ヶ月で返済すれば、利息の合計は約1,500円という計算です。

審査の基準に年齢制限はありますか?

お金を借りるカードローンでは、年齢制限があります。

ただ、カードローン会社によって年齢制限が異なるため、利用する際は確認が必要です。

金融機関ごとの、貸付に対応している年齢は以下になります。

消費者金融名 年齢制限
プロミス 18歳以上69歳以下※
SMBCモビット 20歳~69歳
アイフル 20歳~69歳
アコム 20歳~69歳
レイクALSA 20歳~70歳

 

※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

審査に必要な書類はありますか?

カードローンには、本人を証明する本人確認書類と、収入を証明する収入証明書が必要です。

本人確認書類、収入証明書は、以下の書類が提出可能です。

本人確認書類 収入証明書
運転免許証 源泉徴収票
健康保険証 給与の支払明細
パスポート 確定申告書
在留カード 納税通知書など
マイナンバーカード

仮審査はできますか?

仮審査できるカードローンもあります。

申し込みを検討しているカードローンの公式サイトを、確認してみましょう。

一部のカードローンでは、「仮審査」と「本審査」の2つに分けて審査をおこないます。

消費者金融カードローンでは、ネットで申し込みする時に入力するスコアリングシステムが仮審査です。

加えて、金融機関によって事前に借入可能か、診断できるサービスがあります。

本審査でも、必要な項目になっている内容を診断して借入可能か、診断が可能です。

借入診断で入力する項目は、主に以下3つの内容になります。

  • 生年月日(年齢)
  • 年収
  • 他社カードローン借入額

スマホから申し込みできますか?

カードローンでは、ネットから申し込みできるカードローンがほとんどです。

一部のカードローンでは、スマホアプリなども利用可能です。

スマホアプリに対応しているカードローン会社を以下にまとめてみました。

以下のアプリは、無料でダウンロード可能なアプリです。

金融機関名 アプリ名 即日融資に対応
プロミス アプリローン
アイフル AIアプリ
SMBCモビット SMBCモビット公式アプリ
楽天銀行スーパーローン 楽天銀行公式アプリ ×
三菱UFJ銀行バンクイック 三菱UFJ銀行バンクイック公式アプリ ×
LINE Pocket Money LINE ×

まとめ

カードローンを利用するにあたって、審査は必須です。

カードローンで基本的に確認される審査基準は「信用情報・返済能力・総量規制」の3つ必要です。

3つの内1つでも、満たしていない場合は、カードローン審査に通過できません。

カードローン審査の仕組みは、「貸金業法」と「銀行法」によって変わるため、事前に確認が必要です。

消費者金融は、貸金業法にもとづいて営業と審査をおこなっています。

銀行は、銀行法を遵守して運営されています。

お金を借りるときは、事前に審査基準の内容を確認しておきましょう。