【2021年】消費者金融おすすめランキング!人気9社を比較

消費者金融おすすめランキング

初めて消費者金融を申し込む際、どの消費者金融でお金を借りるか迷っていませんか。

当記事では様々な視点から消費者金融を比較・おすすめランキングを定めています。

2021年現在では、1,000万人以上の方が消費者金融を利用するようになりました。

消費者金融利用前に知っておくべきポイントとして、消費者金融利用者数が増えるにつれ、多重債務で悩む方の数も増加しています。

参考元:多重債務にご注意

多重債務とは複数の消費者金融・クレジットを利用することで、借金が雪だるま式に増えてしまう状態です。

消費者金融から借入を行った方の中で、5件以上の消費者金融を利用している方の数は約130万人も存在します。

金融庁の報告によると、借入返済を3ヵ月以上延滞している方の数は190万人以上です。

無理のない返済プランを考え、目的・用途に適した消費者金融を選択できれば、多重債務の回避をするようにしましょう。

この記事では初めて消費者金融を申し込む際のポイントや、おすすめ消費者金融ランキングについて解説しています。

消費者金融の金利・融資の早さ比較表

すぐに消費者金融おすすめランキングの詳細を知りたい方は、下記の業者名をクリックすると詳細を確認することができます。

このまま記事を読み進めると、消費者金融の選び方を知ることができます。

消費者金融おすすめランキングの金利一覧
プロミス 実質年率4.5〜17.8%
アイフル 実質年率3.0〜18.0%
SMBCモビット 実質年率3.0〜18.0%
アコム 実質年率3.0〜18.0%
レイクALSA 実質年率4.5〜18.0%
フタバ 実質年率14.959〜17.950%
セントラル 実質年率4.8〜18.0%
フクホー 実質年率7.3〜20.0%

Expert-oneの お借入診断シミュレーション

借入が可能かどうか、結果がすぐにわかります。
「年齢」「雇用形態」「収入」「他社借入総額」などをご入力、「借入診断する」ボタンを押してください。

年齢
雇用形態
収入
他社借入総額

診断結果

OK!

こちらの消費者金融からお借り入れ可能だと思われます。
プロミスなら最短即日融資・最大30日間金利0円で借り入れ可能です。

上記ボタンから今すぐアクセス!!

診断結果

OK!

こちらの消費者金融からお借り入れ可能だと思われます。

上記ボタンから今すぐアクセス!!

診断結果

OK!

主婦の方は、こちらでお借り入れできる可能性がございます。

上記ボタンから今すぐアクセス!!

診断結果

NG!

お借入・ご融資は難しいと思われます。

目次

消費者金融を選ぶ時は「信頼性・審査スピード・上限金利」を比較

消費者金融を選ぶ際の3つの基準

現在利用できる消費者金融の種類は非常に多いですが、中には違法な金融業者も存在します。

違法な金融業者から借入を行うと法外な利息・手数料が発生したり、脅迫まがいの取り立てを受ける危険性があります。

参考元:違法な金融業者にご注意!

被害を回避するには、豊富な取引実績を持つ正規の金融業者から借入するのが有効です。

消費者金融 選び方

  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • アコム
  • セントラル

違法な貸金業者と思われる会社は金融庁の公式サイトで公開されているので、申込前に確認しましょう。

また申込先を選ぶ際は、審査時間と金利もよく確認しておく必要があります。

即日融資可能なおすすめ消費者金融を選んでおくと、手続きにかかる時間や手間を減らすことが可能です。

金利が低いカードローンを契約しておけば、支払う利息も最小限に抑えられます。

消費者金融は金融庁に登録されている貸金業者から選ぶ

「消費者金融を利用したいけど、詐欺などの被害にあわないか心配・・・」という方は、一度金融庁に掲載されている情報を確認してみましょう。

貸金業法第3条により、貸金業を取り扱う会社は登録を行う必要があると定められています。

第三条 貸金業を営もうとする者は、二以上の都道府県の区域内に営業所又は事務所を設置してその事業を営もうとする場合にあつては内閣総理大臣の、一の都道府県の区域内にのみ営業所又は事務所を設置してその事業を営もうとする場合にあつては当該営業所又は事務所の所在地を管轄する都道府県知事の登録を受けなければならない。

引用元:貸金業法 第三条

登録が完了した後も貸金業を継続していく場合は、3年ごとに登録の更新が必要です。

また金融庁が公開している貸金業者登録一覧には、貸金業法に従って融資を行っている金融業者の登録番号・所在地などが記載されています。

財務局長・都道府県知事から認可を得ている貸金業者なら、法外な利息を請求されたりする心配はありません。

ただし闇金業者によっては、サイト上に架空の登録番号を記載しているケースもあります。

登録番号の真偽を確認したい場合は、登録貸金業者情報検索入力ページで一度調べてみるのが有効な手段です。

消費者金融を初めて申し込む際は、登録番号が記載されているか確認しておいてください。

都道府県の貸金業担当課、もしくは財務局に問い合わせるのも有効です。

  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • エイワ
  • キャネット

※当サイトで紹介しているおすすめの消費者金融は貸金業者登録のある、金融庁に認められた消費者金融です。

消費者金融は警視庁でのデータ照合が不要なので即日融資に対応可能

貸金業法は、利用者の過剰債務(借入額が申込者の返済能力超えている状態)を予防するために施行された法律です。

消費者金融などの財務局長・都道府県知事から認可を得ている金融業者は、すべて「貸金業法」の対象となります。

銀行が提供するローン商品は貸金業法の対象外であるため、2017年までは即日融資に対応することが可能でした。

しかし利用者の過剰債務が増加したことによって、2018年から銀行カードローンは個人向け即日融資を停止しています。

参考元:日本経済新聞

現在銀行では審査を行う際、警察庁のデータベースで照会を行うのが義務付けられています。

迅速に手続きをすすめても、当日中に融資を受け取ることはできません。

即日融資を希望する場合は、当記事で掲載しているおすすめの消費者金融を活用することで解決できます。

消費者金融は貸金業法に沿って融資を行っているため、警察庁のデータベースで照会を行う必要がありません。

当日中に審査結果を確認できれば、近くの銀行・コンビニATMで融資を引き出すことが可能です。

主な消費者金融の即日融資にかかる時間は、以下の通りです。

消費者金融 即日融資にかかる最短時間
プロミス 30分
アイフル 25分
SMBCモビット 30分
レイクALSA 60分
アコム 60分

貸金業法によって消費者金融の上限金利は現在15%~20%に限定されている

2000年まで消費者金融の上限金利は29.2%に設定されており、高額な利息を請求されるケースがよくありました。

しかし金利規制の見直しによって、現在消費者金融の上限金利は15%~20%に引き下げられています。

参考元:貸金業法のキホン

財務局長・都道府県知事から許可を得ているカードローンであれば、20%を超える金利で貸し付けを行うことはありません。

上限金利に関する記述は、出資法第5条第2項で明確に説明されています。

第五条 2 前項の規定にかかわらず、金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付けを行う場合において、年二十パーセントを超える割合による利息の契約をしたときは、五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。その貸付けに関し、当該割合を超える割合による利息を受領し、又はその支払を要求した者も、同様とする。
引用元:出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

出資法に違反した金融業者には、罰則が科せられます。

金利が年20%以上に設定されていた場合、その金融業者は闇金業者です。

申込先の金利が20%を超えていた場合は、別カードローンへの申し込みを検討してみてください。

主な消費者金融の上限金利は、以下の通りです。

消費者金融 上限金利
プロミス 17.8%
アイフル 18.0%
SMBCモビット 18.0%
ノーローン 20.0%
アロー 19.94%

【2021年度】貸金業者登録済みのおすすめ消費者金融ランキング

おすすめ消費者金融一覧

おすすめ消費者金融の融資速度と金利を比較

冒頭で解説したように、初回申込時は金融業者の信頼性・融資スピード・最大金利をチェックする必要があります。

信頼性が高い消費者金融を選択できれば、闇金業者からの借入を未然に防ぐことが可能です。

  • 約44%の成約率を誇り信頼性にも優れる「プロミス」
  • 2,795億円以上の営業収益を得ていて信頼性が高い「アコム」
  • 16億8900万円もの収益があり女性専用ダイヤルも利用できる「アイフル」

カードローンを利用する際、銀行や消費者金融に関わらず、申込にかかる時間は10分~20分程度です。

ただし、即日融資が可能な金融機関は消費者金融のみです。

当日中に審査を完了させたい方には、以下の消費者金融がおすすめです。

  • web完結申込に対応可能で2892億円以上の営業貸付金を確保している「SMBCモビット」
  • 最大金利17.8%でネット・スマホアプリからの申し込みにも対応できる「プロミス」
  • 平日14時までに申し込むことで即日融資に対応できる「セントラル」

ローンの返済が滞らないか不安な場合は、低金利で借入可能なおすすめ消費者金融を利用するのが適切です。

利息を最小限に抑えたい方は、以下の消費者金融を活用してください。

  • 目的に合わせて無利息サービスを自由に選択できる「レイクALSA」
  • 最大金利17.950%で借入できる中小消費者金融「フタバ」

ここでは各消費者金融の特徴・商品内容などについて解説します。

2021年度のおすすめ消費者金融ランキングは下記をご覧ください。

おすすめランキングサイトで常に上位!毎月2万人以上の申込者が審査を通過しているプロミス

プロミス自動契約機の入り口

プロミスは知名度・信頼性ともに高い消費者金融であり、成約率にも定評があります。

2020年の月次データを確認したところ、4月~9月の成約率は以下の内容でした。

2020年4月 2020年5月 2020年6月 2020年7月 2020年8月 2020年9月
新規申込数 46,220 54,967 44,097 43,330 45,273 51,351
新規顧客数 20,591 25,270 19,930 18,879 20,502 23,785
成約率 44.5% 46.0% 45.2% 43.6% 45.3% 46.3%

参考元:SMBCコンシューマーファイナンス 2020年3月期 月次データ

新規申込者のうち、約44%の方は審査を通過できているようです。

申込者数が最も多かった5月は新規申込者54,967人のうち、25,270人が契約に成功していました。

一方アイフルの場合は、新規申込者数19,155人のうち、7,688人が契約に成功しています。審査通過率は40.1%です。

プロミスは申込者数が少なかった7月でも、成約率は43.6%を維持しています。

ネット・スマホアプリでの申し込みにも対応できるため、即日融資を希望する方にもおすすめです。

またプロミスは初めて契約する方を対象に、30日間の無利息サービスを提供しています。

プロミス

  • 初めての利用なら30日間利息0円!
  • 即日融資・最短30分で審査可能!
  • 24時間・土日もWEB申し込み可能!

4.5%〜17.8%

1万円~500万

最短30

最短30分

プロミスなら初めての方は30日間利息0円

適用期間は初回借入日の翌日から30日間となっており、借入しなければ無利息サービスが開始されることはありません。

それぞれの都合に合わせてサービスを活用できるので、返済時の利息を安く抑えたい方にもおすすめです。

三井住友銀行ATMで借入・返済などの手続きを行う際は、利用手数料も無料になります。

堅実な経営方針で女性も利用しやすいアイフル

アイフルの看板

アイフルは1967年に設立された消費者金融で、豊富な取引実績を持つカードローンです。

安全性・収益性・成長性を重視した経営に力を入れており、着実に会員数が増加している消費者金融です。

多くの方に選ばれているということは、それだけ安全に利用できる証明といえるでしょう。

2020年4月~6月までに得た収益の累計は、以下の通りです。

営業収益 営業利益 経常利益
2021年3月期第1四半期 31,940,000,000 6,329,000,000 7,561,000,000
2020年3月期第1四半期 30,251,000,000 2,979,000,000 3,143,000,000

参考元:アイフル 決算短信

営業収益は前年度に比べて、16億8900万円も増加していました。

営業利益も33億5000万円まで増えており、業績は好調です。

女性専用ダイヤルも用意されているため、初めて消費者金融を申し込む女性にも適しています。

またアイフルはスマホアプリを利用することで、24時間申し込みが可能です。

アプリで運転免許証の読み取りを行うと、本人情報の入力にかかる時間も短縮できます。

カードレス取引にも対応しているため、家族に内緒で借りたい方におすすめです。

アイフル

  • 初めての利用なら最大30日間利息0円!
  • 24時間365日即時振込サービス開始!
  • 事前に融資可能か1秒診断あり!「匿名入力」

3.0%~18.0%

800万円以内

最短30分

最短1時間

内緒で借りたい需要ランキングで上位!高額融資にも対応できるSMBCモビット

モビットのローン契約機

SMBCモビットは大手消費者金融の中で、唯一web完結申込に対応できるカードローンです。

貸借対照表によると、2020年に出資した営業貸付金は2892億円以上にものぼります。

web完結申込を利用すれば、職場への電話連絡なしでカードローンを契約することが可能です。

アコムやレイクALSAなどの大手消費者金融は、職場への電話連絡なしに対応していません。

家族・職場に気づかれたくない方には、おすすめです。

営業収益などの費用内訳は、以下の内容となっています。

内容 金額
営業貸付金利息 40,940,533,000
貸倒回収金 34,450,000
その他金融収益 601,258,000
営業収益合計 41,576,241,000

2020年3月の決算広告によると、SMBCモビットの営業収益は合計415億7624万1,000円でした。

顧客数は確認できませんでしたが、収益の額から現在も利用者数は少しずつ増えていると考えられます。

またSMBCモビットは、三井住友銀行ATMで取引する際の手数料が0円です。

三井住友銀行の入り口

コンビニATMは利用時に手数料が別途かかりますが、三井住友銀行なら余計な手数料を払う必要はありません。

ATMで頻繁に借入・返済を行うことが多い方にとっては、有益なサービスといえるでしょう。

モビットATM

SMBCモビット

  • WEB完結申し込みなら電話・郵送なし!
  • 10秒で簡易審査が可能!
  • 即日融資可能!簡単手続きで本審査まで完結!

3.0%〜18.0%

1万円~800万

最短即日

最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

先を見据えた営業方針によって1,396億円の収益を得ているアコム

アコム自動契約機の入り口

アコムは有名なカードローンの一つであり、安定性に優れる大手消費者金融です。

「環境変化にスピード感をもって対応し、持続的成長と企業価値の向上を図るとともに、期待以上のサービスを提供する」という経営方針に沿って事業を進めています。

期末決算にて公開されていた収益結果は以下の通りです。

営業収益 営業利益 経常利益
2020年3月期 279,510,000,000 75,636,000,000 75,104,000,000
2019年3月期 277,069,000,000 57,607,000,000 58,205,000,000

参考元:アコム 決算短信

2020年3月期の決算短信によると、2020年3月に得たアコムの営業収益は2,795億1,000万円でした。

2019年3月期の営業収益が2770億6900万円であったことを見ても、着実に収益を増やしていることが確認できます。

営業利益は756億3600万円と、前年度に比べて31.3%アップしているようです。

またアコムの公式サイトには、3秒診断による簡易審査サービスが用意されています。

サイト内に年齢・年収・他社での借入状況などを入力すると、最短3秒で融資の可否を確認することが可能です。

ちなみに3秒診断はシミュレーションの一種であるため、利用しても信用情報に申込履歴が残ることはありません。

診断結果を確認した後に申し込みすれば、ある程度審査を有利に進められます。

「審査落ちが心配だから、まずは診断で借入できるかどうかを確認したい」という方におすすめです。

87億円の減益を生じるほど無利息サービスがおすすめのレイクALSA

レイク自動契約コーナー・ATMコーナー

レイクALSAは他の消費者金融と異なり、複数の無利息サービスを取り扱っています。

返済プランや資金用途に合わせて、適用するサービスを選択することが可能です。

提供されている無利息サービスの種類は、以下の通りになります。

  • 初回契約翌日から60日間利息0円(web申込み限定)
  • 初回契約翌日から180日間利息0円(借入金額の5万円まで)
    ※契約額1万~200万円の方が対象
  • 初回契約翌日から30日間利息0円
    ※契約額が200万円以上の方が対象

また、主な消費者金融の無利息期間は以下の通りです。

カードローン名 最大の無利息期間
プロミス 30日間
アイフル 30日間
レイクALSA 180日間
SMBCモビット なし
セントラル 30日間

lakeの公式看板

ローン返済時の利息をなるべく安く抑えたい方におすすめなカードローンです。

ただし無利息サービスの影響からか、収益は若干減少してきています。

2020年4月~2020年12月までの獲得収益は、以下の通りです。

営業収益 経常利益 親会社株主に帰属する
四半期純利益
2021年3月期第3四半期 275,735,000,000 31,706,000,000 26,182,000,000
2020年3月期第3四半期 298,799,000,000 49,609,000,000 45,105,000,000

参考元:新生銀行 四半期決算情報

個人向け無担保ローンの利息収益が減少したことで、営業収益は230億6,400万円低下しています。

経常利益も、前年度に比べて179億300万円の減少です。

ただし現状サービスへの影響はなく、借入額の制限等も行われていません。

利用者数を徐々に増やすことができれば、以前と同等の収益状況まで改善される可能性が高いです。

中小消費者金融だが最大金利17.95%での借入が可能なフタバ

フタバは中小消費者金融が提供するカードローンで、昭和38年に設立された豊富な実績を持つ金融業者です。

消費者金融としての知名度は低いですが、金利は最大17.950%と大手より低く設定されています。

中小消費者金融 上限金利
セントラル 18.0%
フタバ 17.950%
エイワ 19.9436%
キャネット 20.0%
ノーローン 20.0%
アロー 19.94%
AZ 18.0%

適用金利・融資限度額は以下の通りです。

融資限度額 1万円~50万円
貸付利率(実質年率) 14.959%~17.950%
返済期間・返済回数 元利均等6年以内(2回~72回)
返済期日前でも元本の一部または全部をお支払いできます
遅延損害金(年率) 19.945%以内
保証人・担保 不要

参考元:商品について

フタバでは現在、初回契約者を対象にした30日間無利息サービスが提供されています。

サービスをうまく活用することで、返済時の利息を節約することが可能です。

ただし融資限度額は1万円~50万円と低めに設定されているため、少額融資の方に適した商品といえるでしょう。

またフタバは大手消費者金融のように、借入診断や返済シミュレーションも利用できます。

シミュレーションはそれぞれの収入に適した返済プランを立てるのに有効です。

公式サイトにある「お借入3問診断」を利用すると、申込前に借入の可否をチェックできます。

平日14時までの申し込みで即日融資に対応可能のセントラル

セントラルは中小消費者金融としては珍しく、スマホ・PCからのネット申し込みに対応しています。

一方エイワやフクホーなどは、審査の際に来店が必要です。

またセントラルは、平日14時までに申し込みを完了できれば、即日融資を受けられます。

商品内容は以下の通りです。

融資限度額 1万円~300万円
貸付利率(実質年率) 1万円~100万円:実質年率4.80%~18.0%
100万円~300万円:4.80%~15.0%
返済期間・返済回数 1万円~30万円:最終借入日から最長3年(1回~32回)
30万円~300万円:最終借入日から最長4年(1回~47回)
遅延損害金(年率) 年20.0%
保証人・担保 不要

参考元:貸付条件

ネット申し込みを利用すれば、契約後すぐに口座へ融資を送金できます。

自動契約機でローンカードを発行しておけば、全国のセブン銀行ATMでも借入・返済が可能です。

セブン銀行ATM

また店舗内に設置されているセントラルATMは、何度利用しても手数料が発生しません。

7:00~24:00まで利用できるため、早朝や夜間などの時間帯でも借入・返済を行うことが可能です。

ただし一部地域のセントラルATMは、営業時間が多少異なります。

借入を行う場合は、来店する前に店舗・ATMのご案内を確認しておいてください。

大阪在住の方におすすめ!来店で即日融資可能なフクホー

株式会社フクホーの外観

フクホーは1970年2月に設立され、大阪市浪速区にのみ店舗が存在するカードローンです。

中小消費者金融ですが他社に比べて貸付限度額が高く、最大200万円までの借入にも対応できます。

商品内容は以下の通りです。

融資限度額 最大200万円
貸付利率(実質年率) 5万円~10万円未満:7.30%~20.00%
10万円~100万円未満:7.30%~18.00%
100万円~200万円:7.30%~15.00%
返済期間・返済回数 借入日から最長5年以内
2回~60回以内
遅延損害金(年率) 実質年率20.00%
保証人・担保 原則不要

参考元:商品案内 フリーキャッシング

フクホーはセブンイレブンのマルチコピー機を利用することで、契約書類をその場で発行できます。

発行した書類を店舗へ持ち込めば、当日中に融資を受け取ることも可能です。

またフクホーにはカードローンだけでなく、借り換えローンも存在します。

借り換えローンの契約内容は、以下の通りです。

融資限度額 最大200万円
貸付利率(実質年率) 5万円~10万円未満:7.30%~20.00%
10万円~100万円未満:7.30%~18.00%
100万円~200万円:7.30%~15.00%
返済期間・返済回数 借入日から最長10年以内
2回~120回以内
遅延損害金(年率) 実質年率20.00%
保証人・担保 原則不要

参考元:商品案内 貸金業法に基づく借換えローン

借り換えを行うと、他社での借入を一つにまとめることができます。

現在ある借金の金利を統一したい方や、返済管理にかかる手間・時間を減らしたい方にもおすすめです。

借入件数が多くて返済に苦労している方は、ぜひ申し込みを検討してみましょう。

アプリでの申し込み可能な消費者金融のアロー

アローは名古屋市に本社を持つ消費者金融で、3秒診断を利用することが可能です。

サイト上に年齢・年収・他社での借入額を入力すると、約3秒で融資の可否をチェックできます。

商品内容は、以下の通りです。

融資限度額 200万円まで
貸付利率(実質年率) 15.00%~19.94%(実質年率)
返済期間・返済回数 残高スライドリボルビング:契約日より5年(60回)
元利均等返済:最長15年以内(2~180回)
※ご相談の上、返済回数を設定します。
遅延損害金(年率) 19.94%(実質年率)
保証人・担保 原則不要

参考元:アロー 商品内容

またアローは中小消費者金融でありながら、アプリでの申し込みにも対応しています。

申し込みから借入までの手続きをアプリ上で完結できるうえ、自宅に郵送物が発送される心配もありません。

迅速に手続きを完了できれば、最短45分で審査結果を確認することが可能です。

参考元;アロー アプリダウンロード

当日中にアローで借入を行いたい方は、スマホアプリをうまく利用してください。

消費者金融申込み後に審査される「収入・借入総額・信用情報」のポイント

消費者金融カードローンの審査基準

消費者金融の審査基準は、それぞれの会社ごとに異なります。

しかし融資の可否は、申込者の年収・借入額・信用情報に左右されるケースが多いです

消費者金融で借りたお金は、1ヵ月ごとに総借入額に応じた約定返済額を金融業者へ返済しなければいけません。

その為毎月の収入が不安定な方は、毎月の返済ができない可能性があるとして、金融業者から「返済能力が低い」と判断される可能性があります。

また借入希望額を自身の収入より高く設定した場合、希望額での審査通過は難しいでしょう。

プラン通りに返済をすすめるためにも、借入希望額は必要最低限の額に抑える必要があります。

スムーズに審査を完了させたい場合は、申し込み前に信用情報を確認しておくことも大事です。

消費者金融の審査基準は会社ごとに違います!

信用情報に金融事故が記録されている方は、消費者金融を契約できません。

収入・借入額・信用情報に関する問い合わせは、金融庁のQ&Aサイトでも多数投稿されています。

審査に関して不明点などがある場合は、内容を一度チェックしましょう。

低金利の借入を検討している方はカードローンおすすめを参考にしてください。

消費者金融の審査時は収入能力の確認が行われている

消費者金融は、安定した収入を得ている方だけが利用できる商品です。

金融業者は審査時に申込者のデータを確認し、収入状況を確認します。

借入額が50万円以下の場合は、自己申告によって借入状況を確認するケースが多いです。

しかし以下の条件に当てはまる方は、年収が証明できる書類を提出しなければいけません。

  • 50万円以上の借入を希望する方
  • 借入総額(他社での借入も含む)が100万円を超える方

書類提出が必要になる条件は、金融庁のQ&Aで確認可能です。

書類を提出しなかった場合、金融業者の判断によって融資が減額されてしまう可能性もあります。

審査を有利にすすめるためにも、新規申込時は忘れずに書類提出を行っておきましょう。

年収を証明できる書類に該当するのは、以下の書類です。

・ 源泉徴収票(直近の期間に係るもの)
・ 支払調書(直近の期間に係るもの)
・ 給与の支払明細書(直近の2カ月分以上(地方税額の記載があれば1カ月分)のもの)
・ 確定申告書(直近の期間に係るもの)
・ 青色申告決算書(直近の期間に係るもの)

収入証明書に該当する書類は、金融庁のQ&Aにも紹介されています。

金融業者によっては、提出書類を指定してくる場合もあるようです。

カードローンの申し込みを行う際は、事前に必要書類を確認しておいてください。

消費者金融で借入できる融資額は総量規制によって制限されている

貸金業者から借入できる融資の額は、総量規制という法律によって年収の1/3までに制限されています。

総量規制は個人が貸金業者から借入できる融資額を制限し、過剰債務を回避するための規制です。

たとえば年収300万円の方が借入を行う場合、限度額は100万円までです。

他社から100万円以上の融資を受け取っていた場合、新規借入を申請することはできません。

ただし総量規制の対象となるのは、カードローンやキャッシングなどの商品だけです。

住宅ローンや自動車ローンは対象外であるため、借入が残っていても申請できます。

参考元:貸金業法Q&A 総量規制の対象となる貸付け

消費者金融の審査は信用情報機関で申込者のデータ照会が必ず実施される

銀行・消費者金融が提供するカードローンは審査時、必ず信用情報機関での照会を行います。

信用情報をチェックすることで、申込者の借入状況・返済能力などを把握するのが目的です。

信用情報機関に登録されているデータには、以下の情報が記載されています。

・登録者の氏名、住所、生年月日、電話番号
・勤務先の商号または名称

・金融商品の契約内容
・貸付けの金額、残高、支払遅延の有無

参考元:日本貸金業協会

信用情報の中には、返済遅延などの金融事故も記録されます。

審査時に金融事故のデータが発見された場合、審査落ちとなる可能性が高いです。

過去にローン商品の遅延・延滞した経験がある場合は、申込前に信用情報を確認しておきましょう。

信用情報は、以下の信用情報機関に掲示請求を行うことで確認できます。

株式会社日本信用情報機構「JICC」
割賦販売法 指定信用情報機関「CIC」
全国銀行個人信用情報センター

ただし開示請求を行う際は、本人確認書類と手数料がかかります。

各信用情報機関で必要となる書類・開示手数料は、以下の通りです。

請求時に必要な書類 開示手数料
JICC ・運転免許証または運転経歴証明書
・パスポート
・在留カードまたは特別永住者証明書
・マイナンバーカード(個人番号カード)
・住民基本台帳カード(写真付)
・各種障がい者手帳
・各種保険証
・住民票(発行日から3ヵ月以内)
・印鑑登録証明書(発行日から3ヵ月以内)
・各種年金手帳
・戸籍謄本または戸籍抄本(発行日から3ヵ月以内)
・自撮り画像(ご自身を撮影した画像)※上記書類のうち、いずれか2点(原本)を提出
スマートフォンによる開示手続き:クレジットカード一括払い(1,000円)
郵送による開示手続き:クレジットカード一括払い(1,000円)
窓口での開示手続き:現金(500円)
CIC ・運転免許証または運転経歴証明書
・マイナンバーカード[個人番号カード]
・パスポート
・写真付住民基本台帳カード
・写真付各種障がい者手帳
・在留カードまたは特別永住者証明書※上記書類のうち、いずれか2点を提出
インターネット開示:クレジットカード一括払い(1,000円)
郵送開示:ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書(1,000円)
窓口開示:現金(500円)
KSC ・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード(写真付き)
・個人番号カード(マイナンバーの通知カードは本人確認書類として使用できません)
・在留カード、もしくは特別永住者証明書
・各種健康保険証
・福祉手帳
・公的年金手帳
・印鑑登録証明書(発行日より3カ月以内のもの)
・戸籍謄本または戸籍妙本(発行日より3カ月以内のもの)
・住民票(発行日より3カ月以内で個人番号の記載がないもの)※上記書類のうち、いずれか2点を提出
郵送開示:定額小為替証書(1,000円)

参考元:CIC 情報開示とは

参考元:JICC 信用情報の確認

参考元:全国銀行個人信用情報センター 本人開示の手続き

職場への在籍確認が取れないと返済能力不備と判断される

消費者金融の申込時に金融業者・銀行が在籍確認を行うのは、申請内容に誤りがないか確認するためです。

審査で担当者の方が確認する年収・勤務期間などの情報は、申込者本人が自己申告したデータになります。

しかし申込者全員が嘘をつかずに、自身の個人情報を正しく記載するとは限りません。

人によっては審査を少しでも有利に進めようと、誇張した情報を金融してしまうケースもあります。

こうした申請内容の誤りを見抜くために行われているのが、在籍確認です。

在籍確認を完了できなかった場合、担当者に「この申込者の返済能力は信用できない」と判断されてしまう可能性が高いです。

多重債務者が増加した現在は与信審査の厳格化により、収入証明書が不要な場合でも在籍確認を行うよう進言されています。

借入希望額を少額に抑えても、在籍確認を避けることはできません。

カードローンの申し込みを考えている方は、在籍確認が滞りなく完了できるように注意してください。

参考URL:カードローンは在籍確認なしでお金を借りられる?電話連絡なしで融資を受ける方法

消費者金融と違い銀行カードローンは警視庁データベース照合が必要なので即時融資不可

銀行カードローンは警察庁データベース照会が必要!

銀行カードローンが即日融資に対応できないのは、審査時に警察庁のデータベースで反社会勢力への資金提供にならないか照会する為です。

国内の各銀行は2017年まで、即日融資に対応できる個人向け融資を提供していました。

しかし利用者数が増えるにつれ、ローン返済の遅延・延滞といったトラブルが多発。

銀行に、「利用者に対して、過剰な貸付を行っているのではないか」などの批判が寄せられました。

その後20181月に銀行各社は個人向け融資の即日提供を停止。

カードローン審査を行う際に、申込者情報を厳しくチェックするようになりました。

参考元:銀行、個人向け即日融資停止へ

また2013年には、大手銀行による反社会的勢力への融資が発覚しています。

警察庁データベースでの照会は、反社会的勢力の融資を予防するための対策としても非常に有効です。

現在はどの銀行も、審査時は警察庁データベースで申込者情報を照会します。

審査結果が届くのは最短でも翌日であり、当日中に融資を受け取ることはできません。

場合によっては審査結果が届くまで、2週間以上かかるケースもあるようです。

即日融資を希望する方は、おすすめ消費者金融の利用を検討してください。

  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • セントラル
  • ノーローン

2021年現在、消費者金融には、警察庁データベースへの照会が義務付けられていません。

当日中に審査を完了できれば、即日融資に対応できる可能性が高いです。

消費者金融と中小消費者金融の違いは金利と審査手順(守る法律の違い)にある

アイフルとプランの看板

大手消費者金融と中小消費者金融はどちらも貸金業者ですが、それぞれには2つの違いが存在します。

1つ目の違いは、審査内容です。

大手消費者金融の場合、カードローン審査はシステムによって行われます。

システムが申込者情報をスコアリング(点数化)し、審査基準を満たしているか確認するのが一般的です。

システムに判断を任せることで、審査時間の短縮を図っています。

中小消費者金融の場合、審査を行うのは担当者の方です、

担当者が申込者情報を一つ一つチェックし、融資の可否を判断します。

システムに比べて時間はかかりますが、申込者一人一人に合わせて柔軟な審査を行うことが可能です。

2つ目の違いは、適用金利になります。

各消費者金融の適用金利は、以下の通りです。

消費者金融 適用金利
大手消費者金融 プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%
中小消費者金融 セントラル 4.8%~18.0%
アロー 15.0%~19.94%
フクホー 7.3%~20.0%
キャネット 15.0%~20.0%

大手消費者金融の場合、金利平均は約18.0%に設定されています。

カードローンの上限金利が20.0%であることを考えると、適用金利はやや低めです

一方中小消費者金融の平均金利は、約20.0%です。

いずれにしても、審査の甘いカードローンはありません。審査は必ず行われます。

無職の人が消費者金融でお金を借り入れできない理由について

無職の人はカードローンに申し込むことはできません

生活費などの補てんのため、無職の人でも消費者金融に頼らざるを得ないケースがあります。

しかし定職についていない無職の人は、消費者金融カードローンに申し込むことはできません。

無職の人が消費者金融を利用できない理由としては、以下があげられます。

無職の人が消費者金融を利用できない理由 詳細
貸金業法改正()で無職(無収入)の人への融資が禁止されたため 2006年の法改正までは、無収入の人へ融資されることもあったが、法改正後は過剰融資が禁止された
貸金業法改正()で消費者金融カードローンの利用者すべてに対し、返済能力の調査が義務付けられたため 消費者金融は、利用者に対し返済能力を確認することが法律で義務付けられた

それぞれの理由については、このあとの見出しで詳しく解説します。

返済能力の調査を定めた貸金業法改正の内容や、法律に書かれている内容については、下記の引用を参考にしてください。

参考:金融庁資料/貸金業法改正等の概要

無職の方への貸付が原因で自己破産急増!貸金業法改正により無職の方へ貸付禁止

理由①の「貸金業法改正により無職の人への融資が禁止された」点から、詳しく解説していきます。

2006年に貸金業法が改正される前の消費者金融をとりまく実態は、以下の通りです。

  • 消費者金融の利用者…1,400万人
  • 5件を超える借入の多重債務者…230万人
  • 自己破産者…年間18万4,000人
  • 経済、生活苦による自殺者…年間7,800人

上記の「自己破産者の増加」や「借金が原因の自殺者の増加」は社会問題化しました。

それを受け2006年の貸金業法改正では、おもに以下の3つの点が改正されました。

2006年貸金業法改正のポイント

法改正前 法改正後
高金利の融資(実質年率29.2%など)の融資がおこなわれていた 上限金利が引き下げられた(1社あたり100万円までの融資の場合、上限金利は18.0%まで)
収入が少ない人への過剰な融資 総量規制(年収の三分の一以上は借りられない)
滞納者に対する過酷な取り立て 暴力的取り立ての禁止

無職の人が消費者金融カードローンを利用できないのには、上記の②総量規制が大きく関係しています。

総量規制は“貸金業者からの借り入れは年収の三分の一まで“と定めた法律です。

無職の人は年収が0円ですので「年収0円×1/3=融資可能な金額は0円」となります。

参考元:首相官邸公式サイト/多重債務者対策本部/貸金業法施工後の状況

全ての借り入れにおいて返済能力の確認を義務化された

無職の人が消費者金融カードローンを利用できない、「理由②返済能力の調査」についても詳しく解説していきます。

2006年の貸金業法改正では、返済能力のない人に過剰な融資を禁止するべく規制が強化されています。

過剰貸付規制に関する法改正では、おもに以下の点が取り決められました。

  • 多重債務問題の解消のため、金利引き下げと「借入総額の制限」の実行(総量規制の導入)
  • 融資申し込み者に対する返済能力の調査を義務づける(指定信用情報機関の調査など
  • 返済能力を超える貸付けの禁止
  • 規制違反は行政処分の対象

消費者金融は審査の一環で、原則勤務先に「在籍確認の電話」をかけます。

この在籍確認の電話が完了しないと、原則審査通過はできません。

当然ながら無職の人は勤務先がありませんので、在籍確認の電話に対応できず、消費者金融の審査も通過できないことになります。

参考:金融庁公式サイト/貸金業法等の改正について

お金を借りられない人の最終手段は公的融資制度

お金を借りられない人の公的融資制度とは?

無職の人が消費者金融でお金を借りられないとなると、たちまち生活が立ち行かなくなる可能性もあります。

そのような場合には、ぜひ国の融資制度も検討してみましょう。

<無収入の人が利用できる公的融資の例>

公的融資の例 手続きの詳細
①職業訓練校を受講し、「求職者支援資金融資」を利用する 職業訓練校の受講予定訓練月数分、月額5万円または10万円の融資が可能(返済義務あり)
②福祉協議会が提供する「生活福祉資金貸付制度」を利用する 一時的に生活が困窮した場合、10万円以内の融資が可能(災害の場合などは返済が一定期間猶予される場合あり)

上記の公的融資を受けるためには、ハローワークで手続きをしたり福祉協議会に相談に行ったりと、若干の手間が発生します。

これらの公的融資は消費者金融を利用するよりは低い金利手数料で融資が受けられますし、特別な事情がある場合は返済期間も猶予されます。

生活に困っている場合は、手続きが面倒でも一度検討してみてください。

生活福祉資金制度(総合支援資金、緊急小口資金)

浪速区役所

昨今の社会情勢の影響を受けて、国が用意してくれている支援制度も拡充されています。

無職で生活に困窮しているなら「生活福祉資金貸付制度」が利用できないか、検討してみましょう。

生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や高齢者・障がい者などを対象に、生活に必要な資金を貸し付けてくれる制度です。

融資の申し込みや相談は、地域の社会福祉協議会がおこなっています。

生活福祉資金は、下記のとおりいくつかの資金の種類に分かれており、それぞれあてはまる条件や用途に沿って申し込むことになります。

生活福祉資金の種類>※一部抜粋

総合支援資金 生活支援費 生活再建までの間に必要な生活費用
住宅入居費 敷金、礼金など住宅の賃貸契約に必要な費用
一時生活再建費 生活再建のため、一時的に必要かつ日常生活費でまかなうことが困難である費用(就職のための技能習得、債務整理の費用など)
福祉資金 福祉費 生業を営むために必要な経費、病気療養に必要な経費、住宅の増改築や補修などに必要な経費など
緊急小口資金 緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける少額の費用

それぞれの制度で借りられる金額については、このあとの「生活福祉資金貸付制度で借りられる金額」で詳しく解説します。

引用・参考元:政府広報オンライン/失業して生活にお困りの方など、一時的に生活資金などが必要な方を支援するための「生活福祉資金貸付制度」があります

求職者支援資金融資制度

失業や自営業の廃業などが原因で無職になった場合、ハローワークの判断で「職業訓練校」による技術習得が認められることもあります。

無職になっても、職業訓練校への通学が認められれば、条件次第で月額10万円の職業訓練受講給付金が受け取れます。

職業訓練受講給付金を利用するための条件や詳しい内容は、以下の通りです。

職業訓練受講給付金(求職者支援制度)の対象となるのは、次のすべての要件を満たす「特定求職者」です。

1.ハローワークに求職の申込みをしていること
2.雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者でないこと
3.労働の意思と能力があること
4.職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークが認めたこと
例えば、●雇用保険に加入できなかった●雇用保険の失業給付(基本手当)を受給中に再就職できないまま、支給終了した●雇用保険の加入期間が足りずに失業給付を受けられない●自営業を廃業した●就職が決まらないまま学校を卒業した などの場合が該当します。

参考:厚生労働省公式サイト/職業訓練受講給付金(求職者支援制度)

扶養家族が多いなどの理由で月額10万円の給付金で生活ができない場合は、ハローワークがあっせんする「求職者支援資金融資制度」の利用も可能です。

求職者支援資金融資制度の融資額は、月額5万円か10万円となります。

融資額は利用する人の条件により異なってきますので、申し込む時には以下「職業訓練受講給付金の概要」をよく確認してから手続きするようにしましょう。

手続きの流れ
① ハローワークで申請する
② 貸付条件をクリアしている場合、求職者支援資金融資要件確認書が交付される
③ 職業訓練受講給付金の支給決定を受ける
④ 求職者支援資金融資要件確認書、支給決定を証明する書類(給付金支給記録
の写しなど)を、ハローワークが指定する労働金庫に持参して手続きする
⑤ 労働金庫の審査に通過した場合、融資が受けられる

職業訓練受講給付金の概要>

貸付額 月額5万円(上限)または 10万円 (上限) × 受講予定訓練月数

※配偶者の有無などにより上限額は異なる

対象者 以下①②の要件をどちらも満たしていることが必要

①職業訓練受講給付金の支給決定を受けていること

②ハローワークで、求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けていること

担保人・保証人 担保人・保証人は不要(※労働金庫が指定する信用保証機関の利用が条件)
貸付利率 3.0% (信用保証料0.5%を含む)※遅延損害金は、年14.5%
返済方法 ・毎月末日に返済(労働金庫の本人口座から自動引き落とし)

・訓練終了月の3ヶ月後(末日)までは、利息のみの返済

・訓練終了月の4か月後の末日以降、貸付日から5年以内(貸付額が50万円以上の場合は10年以内)に元利均等払いにより返済

参考:厚生労働省公式サイト/求職者支援資金融資のご案内

生活福祉資金貸付制度で借りられる金額

さきほどの「生活福祉資金貸付制度」で借りられる具体的な金額について、詳しくご紹介します。

一時的に生活が困窮したときに利用できる「緊急小口資金」の場合は、10万円まで借りられます。

返済も2ヶ月の据え置き期間が経過したあと、12ヶ月以内に返済すればよいことになっていますので、余裕をもった返済が可能です。

総合支援資金の融資額は、単身だと月15万円以下となります。

生活福祉資金貸付制度で借りられる金額と返済条件

資金の種類 貸付限度額 据え置き期間と返済期限
総合支援資金(生活支援費) 生活再建までの間に必要な生活費用 2人以上=月20万円以内

・単身=月15万円以内

・据え置き期間=6ヶ月以内

・返済期限=10

福祉資金(緊急小口資金) 緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に必要な少額の費用 10万円以内 ・据え置き期間=2ヶ月以内

・返済期限=12ヶ月以内

利用する資金制度によっては、原則保証人が必要となる場合があります。

詳しい条件については、下記厚生労働省公式サイトにも記載されていますので、一度ご覧ください。

引用・参考:厚生労働省公式サイト/生活福祉資金貸付制度

消費者金融で借入をするリスク面について

消費者金融で借入するリスク

生活が苦しい人のなかには、毎月の給料が少ないため、消費者金融に頼らざるを得ない人もいるでしょう。

消費者金融は、上手に利用すれば一時的な生活苦を解消できますし、貯蓄がないときの急な出費にも対応できる場合があります。

ここで、あらためて「消費者金融を利用するリスク」についても触れておきたいと思います。

消費者金融の使い方によっては以下のようなリスクが存在します。

消費者金融を利用した場合の代表的なリスク

①借りすぎによる多重債務 3~5社以上の消費者金融から借金をしてしまい、返済できない状態になる
②多重債務が原因の自殺 借金返済を苦にした自殺が増えている
③自己破産 自己破産し、家や財産を失う

ここから、具体的に解説します。

参考:これからの消費者金融のあり方とは

借り入れ理由が一時的な借入以外は、消費者金融を利用しない

上記であげたリスクについて、もう少し具体的な数字から消費者金融を利用するリスクについて見ていきましょう。

①の「借りすぎによる多重債務」について、全国の消費生活センターに寄せられた多重債務に関する相談は、直近の平成29年度で25,000件も寄せられています。
「ギャンブルが原因で5社から借金をしている。多重債務の法律相談を受けたい」といった、賭け事が原因での多重債務問題も深刻化しています。

②の「多重債務が原因の自殺者」も消費者金融が多く絡んでいます。
多重債務が原因とみられる自殺者は年間600人前後発生しており、全自殺者のうち2.5%~3.1%程度を占めています。

③の自己破産者については、すべてが消費者金融の利用者ではないにしても、平成29年度には年間68,792件もの自己破産事件が申請されています。

参考:多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向/金融庁・消費者庁・厚生労働省(自殺対策推進室)・法務省より

上記のデータが書かれている資料のなかには、「多重債務者が借金をしたきっかけ」に関するデータもあります。
多重債務に陥った人の「借金をするきっかけ」をみると、収入の減少のほかにギャンブルや商品の購入など、借金せずに済んだのでは?と思われるような内容も含まれています。

ギャンブルが原因で借金をしてしまうと、「ギャンブルで勝って完済できるはず」と、根拠のない理由からさらに借金を重ねてしまうことがあります。

やむを得ず消費者金融を利用する場合は、一時的な借り入れにとどめるようにしましょう。

学生は返済能力が社会人よりも劣るため注意が必要

低収入が原因で消費者金融を利用する人のなかには、学生も含まれます。

親の仕送りとアルバイトだけで自立している学生の場合、生活が立ち行かなくなってやむを得ず消費者金融を利用することもあるでしょう。

学生の場合は社会人と比較すると返済能力が低いため、消費者金融を利用する場合には注意が必要です。

下記に大分大学が発表した、平成27年度「学生生活の実態調査結果」をご紹介しています。

この資料を見ると「家からの仕送りが5万円未満」と回答した学生は全体の72.7%となっており、前回調査と比較して3%増加していることがわかります。

給付額が5万円未満の割合で比較すると,前回が69.1%,今回が72.7%であり,家庭からの給付額は前回より少なくなっている。

参考:大分大学/平成27年度学生生活実態調査結果

収入が十分にない状態で消費者金融を利用すると、最悪のケースでは返済不能に陥り自己破産などの政務整理に至る場合もあります。

やむを得ず学生が消費者金融カードローンを利用する場合は、必要最小限度の金額を借りましょう。

返済シミュレーションを行い、本当に借入可能か確認する

消費者金融でお金を借りた場合、どれくらいの負担になるのかをシミュレーションしてみたいと思います。

ここでは、一般的に適用される金利「実質年率18.0%」で、5万円と10万円をそれぞれ借りた場合でシミュレーションしてみます。

<5万円を3ヶ月で返済する場合>

返済回数 総返済額 利息充当額
3回 51,481円 1,481円

<10万円を1年間で返済する場合>

返済回数 総返済額 利息充当額
12回 109,218円 9,218円

上記のとおり、5万円を3ヶ月で返済した場合の利息の負担額は1,481円です。

10万円を1年間で返済すると利息は9,281円と、1万円に近い金額になることがわかります。

消費者金融でお金を借りる場合は、本当にやむを得ない理由なのかどうかをきちんと見極めて、できるだけ少額を借りて最短で返済するように心がけましょう。

参考:アイフル返済シミュレーション

「消費者金融と銀行を比較」10万円を半年間で返済する場合の利息の違い

消費者金融・銀行が提供するカードローンは、どちらも個人の方を対象にしたローン商品です。

しかし上限金利や融資限度額などの内容は、それぞれのカードローンごとに異なります。

返済総額・利息も大きく異なるため、初回申込時はシミュレーションを実施しておくべきです。

各カードローンの公式サイトには、返済シミュレーションが用意されています。

たとえばプロミス・みずほ銀行カードローンで借りた10万円を半年間で完済する場合、返済総額が安いのはみずほ銀行カードローンです。

みずほ銀行カードローンのブース

  • プロミスの返済シミュレーション結果
返済回数 返済額 元金 利息 借入残高
1 17,542 16,059 1,483 83,941
2 17,542 16,297 1,245 67,644
3 17,542 16,539 1,003 51,105
4 17,542 16,784 758 34,321
5 17,542 17,033 509 17,288
6 17,544 17,288 256 0
総額 105,254 100,000 5,254 -

参考元:プロミス ご返済シミュレーション

  • みずほ銀行カードローンの返済シミュレーション結果
返済回数 返済額 利息 借入残高
0 0 1,166 101,166
1 20,946 1,179 81,399
2 20,946 948 61,401
3 20,946 716 41,171
4 20,946 479 20,704
5 20,946 241 241
6 20,704 2 0
総額 104,731 4,731 -

参考元:みずほ銀行 カードローン返済シミュレーション

利息額をよく比較してみると、利息自体は523円しか変わりません。

無利息サービスの利用も考慮した場合、実際に借入するならプロミスがお得です。

また銀行カードローンは「貸金業法」ではなく、「銀行法」に従って融資を提供しています。

みずほ銀行の外観

総量規制の対象ではありませんが、近年は利用者の過剰債務が問題視されるにつれて審査の厳格化が進んでいます。

審査を無事通過できるか不安な方は、消費者金融カードローンの利用を検討してみてください。

消費者金融のよくある質問

アコムの封筒とQ&A

消費者金融を初めて申し込む方の中には、手続きや取引に対して悩みや疑問を抱えている方が多いです。

悩みや疑問がある状態で消費者金融を契約してしまうと、契約後に返済遅延などのトラブルが発生しやすくなります。

自分だけでなく家族や親族にも迷惑がかかるリスクもあるため、申し込みを行う際は注意が必要です。

もしカードローンに関する悩みや疑問がある場合は、申込前に相談・質問を行ってみましょう。

金融庁は初めての方でも安心して取引を行えるよう、公式サイトにQ&Aページを掲載しています。

多重債務についての相談窓口も別途用意されているので、ローンで悩んでいる方も利用可能です。

ここではネット上に投稿されることが多い、消費者金融に対する質問・疑問をいくつか紹介します。

消費者金融の返済ができない時の取り立てはあるのか?

どの消費者金融も、返済が遅れた際は利用者に対して取り立てを行います。

しかし正規の貸金業者であれば、過剰な取り立てを行うことはありません。

貸金業法が制定される以前は、強引に取り立てを行う消費者金融が存在していました。

ですが198311月に貸金業法が制定されたことで、取り立て行為のルールも改正。

利用者の生活に悪影響を与える取り立て行為は、現在禁止となっています。

参考元:貸金業法 第二十一条(取り立て行為の規制)

たとえば借金返済が滞った時、大人数で利用者の自宅に押し掛けるのは禁止です。

政党な理由もなく深夜・早朝に利用者の自宅へ訪問したり、電話をかけたりするのも禁じられています。

貸金業法に違反した貸金業者には罰則が科せられるため、正規の金融業者が強引な取り立てを行う可能性はほぼゼロです。

正規の貸金業者が悪質な取り立てを行うことはないので、どうか安心してください。

ただし中小消費者金融の中には、強引な取り立てを行う貸金業者が紛れています。

中小消費者金融への申し込みを考えている方は、被害に遭わないよう気をつけてください。

書類を自宅に届かずお金を借りられる?

通常消費者金融を契約した際は、申込者の自宅に契約書・利用明細書などの書類が発送されます。

しかし一部の消費者金融はweb申込を利用することで、郵送物をなしに変更することが可能です。

Web申込に対応可能なおすすめの消費者金融は、以下の通りです。

消費者金融 web申込 カードレス借入
プロミス
アイフル
レイクALSA
アコム ×(自動契約機での発行が必要)

プロミス・アイフル・レイクLASAは、カードレス借入にも対応しています。

契約後にローンカードを発行する必要がないため、家族に内緒でカードローンを利用したい方にもおすすめです。

ただしアコムはweb申込には対応していますが、取引を行うにはローンカードの発行が必要となります。

当日中に融資を受け取りたい場合は契約完了後、自動契約機でローンカードを発行しなければいけません。

郵送物なしで契約可能なカードローンを申し込む方は、商品内容をよく確認しておいてください。

消費者金融の時効はあるのか?

消費者金融からの借入にも、時効は存在します。

借入時に発生するお金を返す権利(債権)の有効期間は、約5年~10年です。

以下の条件を全て満たした場合、消費者金融の返済時効が成立します。

  • 最後の返済から5年~10年経過している
  • 時効の更新が実施されていない
  • 時効援用の手続きを行っている

1つ目の条件は、最後の返済から5年~10年経過していることです。

最終返済から5年~10年が経過していなければ、債権の時効は認められません。

ちなみに時効までの日数は、金融商品ごとに異なります。

各金融商品の時効期間は、以下の通りです。

金融商品の種類 債務の時効期間
貸金業者(消費者金融)からの借入 5年
銀行からの借入 5年
信用金庫からの借入 10年
住宅金融公庫の住宅ローン 10年
家族・友人などからの借入(個人融資) 10年
奨学金 10年

2つ目の条件は、時効の更新が行われていないことです。

時効が更新された場合、時効期間はゼロの状態にリセットされてしまいます。

時効の更新・中断が行われるのは、債権者もしくは債務者が以下の手続きを行った時です。

・借入先(債権者)から裁判所を介した請求が行われた場合
(支払いの督促・訴え提起前の和解・民事調停または家事調停など)

・借入先(債務者)による差押え・仮差押え・仮処分が行われた場合

・利用者(債務者)が借金の返済意思を示した場合

3つ目の条件は、借入した方が消滅時効の援用手続きを行っていることです。

最後の返済から5年~10年経過していても、援用手続きを行っていなければ時効は成立しません。

援用手続きを行う場合は内容証明郵便を使い、借入先に援用通知を発送する必要があります。

時効の適用を考えている方は全ての条件が満たされているか、よく確認しておいてください。

ただし時効援用には督促の再開や、時効更新などのリスクがあります。

正式な手続きで借金問題を解決したい場合は、債務整理を利用するのが無難です。

消費者金融でお金を借りるデメリット

消費者金融は審査スピードが速く、即日融資にも対応できる便利なサービスです。

しかし消費者金融での借入には、以下のようなデメリットが存在します。

  •  銀行・公的融資制度より上限金利が高い
  • 返済が滞ると信用情報に金融事故が記録される
  • 無職・専業主婦・20歳以下の方は基本契約できない

銀行や公的融資制度に比べて、消費者金融の金利は平均18.0%と高めに設定されています。

考えなしに利用してしまうと、返済遅延や多重債務などを誘発する危険性が高いです。

借入時は返済シミュレーションなどを利用し、プラン通りに融資を返済できるように対応しましょう。

金融庁の公式サイトでは、多重債務を回避するための注意点などが解説されています。

参考元:⑤多重債務に陥らないために注意すること

消費者金融からの借入に不安を感じる方は、一度内容をチェックしておいてください。

また融資の返済が遅れると、それらの情報は金融事故として信用情報に記録されます。

金融事故が記録されていた場合、以下のトラブルを誘発させる可能性が高いです。

住宅ローン・マイカーローンが契約できない

賃貸契約時に保証会社から保証人申請を断られる

カードローン・クレジットカードの新規契約ができなくなる

スマホの分割払いができなくなる

消費者金融から借入を行う際は、申込前にデメリットの内容をよく把握しておいてください。

消費者金融の遅延損害金の計算方法

ローンの延滞によって生じた遅延損害金は、以下の計算式で算出することが可能です。

借入残高×遅延損害金利率÷365×延滞日数=遅延損害金

ちなみに利息制限法という法律により、遅延損害金には上限が定められています。

(利息の制限)
第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

引用元:利息制限法

法令内で明記されているように、数値が遅延損害金の上限は上限利率の1.46倍となります。

借入総額ごとに適用される遅延損害金の上限は、以下の通りです。

借入総額 10万円以下 10万~100万円以内 100万円以上
上限利息 20% 18% 15%
遅延損害金上限 29.2% 26.28% 21.9%

ただし利用制限法の制度は、貸金業者(消費者金融)からの借入には適用されません。

(賠償額の予定の特則)
第七条 第四条第一項の規定にかかわらず、営業的金銭消費貸借上の債務の不履行による賠償額の予定は、その賠償額の元本に対する割合が年二割を超えるときは、その超過部分について、無効とする。

消費者金融で借入した場合、遅延損害金の上限は20%までとなります。

前述した計算式に当てはめた場合、内容は以下の通りです。

借入残高×20%(遅延損害金利率)÷365×延滞日数=遅延損害金

遅延損害金が発生した際は、上記の計算式で返済総額をしっかり確認しておきましょう。

消費者金融まとめ

消費者金融に関するQ&A

消費者金融とは?
消費者金融とは貸金業者登録のある、個人に融資を行う金融機関です。貸金業法に基づいた商品サービスを取り扱っています。正式な許可を得ている金融会社の確認は貸金業登録番号で行いましょう。
消費者金融の注意点(デメリット)は?
お金を借りる際に金利が発生します。消費者金融の上限金利は年20.0%です。利息を想定した返済プランを立てて利用しましょう。
無職でも借りられる?
消費者金融は無職の方は利用できません。貸金業法により返済能力が必須の為、収入がなければ借入できません。
学生でも借りられる?
学生でもアルバイトなどの収入があれば利用可能です。※金融機関によって審査に通る在籍期間が異なります。

ランキング上位にいるおすすめの消費者金融申込時のポイントやおすすめの商品について解説しましたが、いかがでしたか?

初めて消費者金融を申し込む際は以下のポイントをチェックしつつ、それぞれの目的・用途に適した消費者金融を探す必要があります。

  • 金融業者の信頼性
  • 審査にかかる時間
  • カードローンの上限金利

よく内容を確認せずに消費者金融を契約してしまうと、闇金業者などの被害にあう危険性が高いです。

収入に見合わない借入を行うことで、過剰債務を誘発してしまうリスクもあります。

これから始めて消費者金融を申し込む方はここで解説した知識を活用し、自身の目的・用途に合った消費者金融を申し込んでみてください。

この記事の監修者

木下 雅貴 氏 概要

一般企業にて財務・経理を担当し、決算・監査対応にも詳しい経理のプロフェッショナル。
現在、株式上場を予定している企業にて、専門的な財務スキルを活かし多数活躍。
新規公開株(IPO)や資金繰りについても詳しい。
認定団体が内閣総理大臣である貸金業務取扱主任者の資格を保有している。

10秒匿名お借入
診断シミュレーション