借金減額シミュレーターの仕組みとは?診断手順や利用時の注意点を解説!

借金減額シミュレーターの仕組み

借金減額シミュレーターとは、借入金額や個人情報などを入力すると減額可能な金額を診断できるサービスです。

利用すれば、「借金減額の可否」「減額可能な金額」「減額の手段」などが分かります。

またシミュレーターは匿名で利用できるため、プライバシーに配慮したい方でも利用可能です。

借金を減額できるか気になる方は、ぜひ利用してみましょう。無料で借金減額診断できます。

ただ、利用してはいけない借金減額シミュレーターも存在するため注意が必要です。

当記事では、借金減額シミュレーターの仕組みやデメリットについて解説します。

また、おすすめの借金減額シミュレーターについても紹介しています。

「なぜ借金減額シミュレーターで計算できるの?」や「借金減額診断は罠?」など気になる方は参考にしてみてください。

※すでに5件以上の借金がある方は多重債務の可能性があります。

多重債務についての相談窓口を確認して連絡しましょう。

目次

借金減額シミュレーターとは借金減額可能か診断できるサービス

借金減額シミュレーターでの診断例

借金減額シミュレーターとは債務整理により借金を減額できる金額を診断するサービスです。

シミュレーターは無料で24時間利用できます。具体的には以下の項目などの診断が可能です。

  • 借金が減額できるかの可否
  • 借金減額が可能な金額
  • 借金減額に利用できる手段

シミュレーターに入力する主な項目は、以下の2点です。

  • 氏名、住所、電話番号などの個人情報
  • 借入総額、借入年数、借入件数などの借金に関する情報

借金減額シミュレーターで診断できるのはリボ払いや消費者金融からの借入です。

また大半の借金減額シミュレーターは無料で使えるうえ、匿名診断にも対応しています。

診断後に債務整理を依頼するかどうかは、個人が自由に選択可能です。

シミュレーター利用時は必ず債務整理を行わなければいけない、という訳ではありません。

信用情報に診断結果が登録される心配もないので、何度でも利用できます。

また下記のベリーベスト法律事務所の借金減額シミュレーターは4つの質問に回答するだけで減額診断できます。

無料かつ匿名で利用できるため、借金を減らせるか気になる方は一度診断してみましょう。

ベリーベスト弁護士法人の借金減額診断

無料借金減額診断はこちら

借金減額診断の計算は法律事務所・司法書士事務所が対応している

借金減額シミュレーターの仕組みは、実在する法律事務所の方が実際に診断を行っています。

借金減額シミュレーターに対して「減額診断は罠?」「なぜ減額の診断ができるの?」と感じる方もいるかもしれません。

ただ、借金減額シミュレーターのからくりは法律事務所の方が診断しており、AIや機械が診断している訳ではありません。

法律事務所の方がシミュレーションを行うのは、診断後の手続きを円滑に行うためです。

借金減額シミュレーターを利用することで、借金減額をできるか判断することができます。

また、場合によっては弁護士に無料相談も可能です。

借金減額が可能かどうか、過去のデータを元に回答が欲しい方へ向いています。

下記のベリーベスト法律事務所が運営しているシミュレーターは4つの質問に答えるだけで、無料診断可能です。

匿名で完了するので、利用を検討している方におすすめです。

ベリーベスト弁護士法人の借金減額診断

無料借金減額診断はこちら

借金減額シミュレーターで診断するデメリット3つ

借金減額シミュレーターを利用する際のデメリット

借金減額シミュレーターの仕組みでは診断する際にデメリットもあります。

具体的に減額シミュレーターで診断するデメリットは以下の3点です。

  • シミュレーターの診断結果と実際の成果には差が出ることがある
  • 減額シミュレーターでの診断したその後は法律事務所から連絡がくる
  • 診断手数料などを請求してくるシミュレーターは利用しない

借金減額シミュレーターの診断内容は、あくまで申告内容を元に試算した結果です。

債務整理を行っても、借入期間が申告と相違がある場合は診断と同じ結果になるとは限りません。

またシミュレーター利用後は、法律事務所の方から連絡がきます。

違法業者や闇金の被害にあう可能性もあるため、借金減額を試みる際はシミュレーター選びにも注意が必要です。

ここではそれぞれのデメリットについて詳しく解説します。

債務整理を行っても診断結果通りの成果が得られるとは限らない

診断結果と債務整理の成果に差が生じてしまうのは、シミュレーターと実際の手続きでは使用する情報量が異なるためです。

借金減額シミュレーターは個人情報や借金情報などの簡単な情報を使い、診断結果を算出します。

しかし債務整理の手続きではこれまでの返済履歴や利息総額など、より詳細な情報を求められる場合が多いです。

掲示する情報量は債務整理が圧倒的に多くなるため、成果でも同様に差が生じてしまいます。

借金減額シミュレーターの診断結果は、あくまで予想として認識しておきましょう。

また奨学金や税金などは債務整理の対象外なため、借金減額シミュレーターを利用しても利息や元金は減額できません。

シミュレーターによっては法律事務所から電話が来る

減額シミュレーターで診断結果を確認したその後は法律事務所の方から電話がきます。

こうした対応が行われるのは、利用者に対して詳細な診断結果を説明するためです。

借金減額シミュレーションは電話かメールで診断結果を案内する仕組みとなっています。

しかし法律事務所の方による説明があれば、専門知識がない方でも結果内容をきちんと理解できます。

シミュレーターによっては、診断結果をショートメッセージで連絡してく場合もあるようです。

借金減額シミュレーターを利用する際は、必ず連絡を確認しておいてください。

診断時に手数料などを請求してくる減額シミュレーターは使用しない

借金減額シミュレーターは無料で使うことが可能であり、利用時に手数料を請求することはまずありません。

診断を行う時に診断手数料などを請求された場合、その借金減額シミュレーターは違法業者によって運営されている可能性が高いです。

金融庁の公式サイトには、「違法な金融業者に注意」といったページが公開されています。

違法業者や闇金が提供するシミュレーターを使うと、高額な手数料や仲介料を請求される可能性が高いです。

また借金減額をうたう違法業者の中には、「整理屋」と呼ばれる業者も存在します

債務者に債務整理の実施を持ち掛け、整理手付金などをだまし取るのが主な手口です。

個人情報を盗まれる危険性もあるので、少しでも怪しいと感じる借金減額シミュレーターは絶対に使わないでください。

借金減額シミュレーターの広告をインスタグラムや知恵袋や2chなどで見ても、正規の業者が運営しているのか確認しましょう。

借金減額シミュレーターの診断手順

ネット上には現在さまざまな借金減額シミュレーターが存在しますが、診断の手順はどれもほとんど一緒です。

シミュレーターを使う時の主な手順は、以下のようになっています。

  • 現在の借入総額を伝える
  • 借入期間を伝える
  • 現在の返済状況を伝える
  • メールアドレス・電話番号などの連絡先情報を入力する
  • 無料診断の完了

上記の手続きが全て完了した後は、法律事務所から結果が届くまで待つだけです。

連絡は、登録したメールアドレス宛に届きます。

今回は、ベリーベスト弁護士法人のシミュレーターで減額診断を行ってみました。

ここでは実際の借金減額シミュレーターを使いながら、手順を解説していきます。

【現在の借入金額を入力】

現在の借入金額を入力する

シミュレーターを起動すると、まず最初は現在の借入金額を聞かれます。

大まかな数値でもいいので、正直に金額を伝えましょう。

ベリーベスト法律事務所の場合は、4つの選択肢から借入金額に近いものを選択します。

【借入期間の入力】

現在の借入期間を入力

借金金額を伝えた後は、借金の借入期間について聞かれます。

お金を借りてどれくらいの期間経つのか、答えましょう。

ベリーベスト法律事務所の場合は、4つの選択肢から借入期間を選択します。

【現在の返済状況を入力】

現在の返済状況を入力する

借入期間を伝えた後は、現在の返済状況について聞かれます。

借金を自力で返済できるかどうか、正直に答えましょう。

ベリーベスト法律事務所の場合は、3つの選択肢から1つを選択できます。

【連絡先情報を入力】

連絡先情報を入力

診断に必要な情報を入力した後は、連絡先情報を聞かれます。

メールアドレスや電話番号などの連絡先を必ず入力しましょう。

ちなみに入力した連絡先が間違っていると、診断結果が届かなくなってしまいます。

連絡先を入力する際は、記入漏れなどに十分注意してください。

無事に情報入力が完了すると、無料診断が完了しましたと画面に表示されます。

シミュレーターによる診断結果は、電話もしくはメールによって確認することが可能です。

減額シミュレーターは怪しい?実際に使った人の口コミ一覧

借金減額シミュレーターの機能を怪しいと感じる場合は、実際に使った人の口コミを確認してみましょう。

ネット上の知恵袋や2chでは、減額シミュレーターで診断を行った人の口コミが多数投稿されています。

「減額シミュレーターがうざい」「実際に診断した結果は?」など様々な書き込みがあります。

口コミの内容を確認すれば、シミュレーターを使わずに効果や機能を確認することが可能です。

ここでは、実際に使った人の口コミを4つ紹介します。

借金減額シミュレーションを実際に使った人の口コミ

  • 男性(40代)/会社員

    年収:約460万円/他社借入総額:約120万円

    ★★★★

    ギャンブルで貯まった借金をなんとか完済したいと思い、借金減額シミュレーターを使いました。
    最初は使い方が複雑そうだと思ったのですが、いざ使ってみると予想以上に簡単でした。
    借金の額や借入期間を入力して送信後、1時間ちょっとで診断結果をつたえてもらいました。

  • 男性(20代)/会社員

    年収:約250万円/他社借入総額:約80万円

    ★★★★

    家族に内緒でカードローンを契約して使っていたら、いつの間にか借金は80万円超え。
    減額できないかネットで色々探していたら借金減額シミュレーターを偶然見つけた感じです。
    匿名でも利用できました。

  • 男性(30代)/個人事業主

    年収:約300万円/他社借入総額:約54万円

    ★★★★★

    生活費不足でしかたなくお金を借りたのですが、最近は売上が厳しくて苦しい状況に陥っていました。
    そんな時に借金減額シミュレーターを見つけ、少しでも問題解決の糸口になればと思い利用した次第です。
    電話で内容を分かりやすく解説してくれました。
    法律に詳しくない私でも、診断結果を十分に理解できた気がします。

  • 男性(50代)/会社員

    年収:約420万円/他社借入総額:100万円

    ★★★★★

    株・FXへの投資によってできた借金を解決する目的で、借金減額シミュレーターを利用しました。
    この金額だけに診断もかなりの時間がかかると思っていたのですが、対応は予想以上に早かったです。

借金減額制度は国が認めている?

債務整理は法律で定められた措置

借金減額は罠だと思っている方もいるかもしれませんが、債務整理は国が認めた借金減額制度です。

金融庁の公式サイトにある相談先を確認すれば、信頼できる弁護士事務所・司法書士事務所を紹介してもらうことが可能です。

借金の返済を滞納・延滞している場合でも、相談を行うことで問題を解決できる可能性があります。

また債務整理は弁護士や司法書士だけでなく、個人でも実施することが可能です。

弁護士・司法書士の方へ相談するためのお金がないという方も、必要書類さえ用意できれば対応できます。

ただし借金減額の交渉は、金融機関と直接行わなければいけません。また実施する際は貸金業法や法律に関する知識が必要です。

専門知識のない方が債務整理を行うと、手続きに手間取ったり借金減額を断られてしまう場合があります。

減額シミュレーターを利用した後で債務整理を実施したい場合は、債務整理おすすめの弁護士・司法書士事務所へ相談してみましょう。

債務整理の種類は「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つ

債務整理には「任意整理・個人再生・自己破産」の3つの借金救済制度があり、目的に合わせて手続きを選ぶことになります。

各手続きの内容は、以下の通りです。

手続き方法 詳細
任意整理 弁護士事務所・司法書士事務所が債権者と交渉して借金を減額する
個人再生 個人再生は裁判所に申請して借金の返済額を1/5~1/10まで減額する
自己破産 住宅や車などの資産をすべて手放す代わりに借金を免除する

借金減額制度によって利用できる条件や手続き方法が異なります。

たとえば、任意整理を利用するには以下の条件が必要です。

  • 継続した返済を3~5年間続けられる収入がある
  • 借金の返済計画を明確に掲示できる

債務整理を通じて借金の減額を考えている方は注意しましょう。

    任意整理・個人再生・自己破産の相談は、日本司法支援センター(法テラス)日本弁護士連合会などで対応してもらえます。

    任意整理・個人再生・自己破産は国が認めた借金減額制度です。

    借金減額の手段に関して悩んでいる方は一度相談してみるのも選択肢の一つです。

    ただ。全ての人が借金減額制度を利用できる条件を満たしているとは限りません。

    手続きをする前に事前に確認しておきましょう。

    金利を下げることで借金減額できる方法2つ

    金利を下げることで借金減額する方法

    借金を減額したい場合は債務整理だけでなく、金融商品の乗り換えや一本化も検討すべきです。

    借金減額のからくりは金利を引き下げることによって、借金の返済総額を減らしています。

    具体的には以下の方法が利用できます。

    • カードローンの借り換え
    • おまとめローン

    債務整理は借金全体を減額できる反面、弁護士事務所・司法書士事務所への相談が必要です。

    しかし借り換え・おまとめローンは個人で対応できる分、手続きに手間がかかりません。

    弁護士や司法書士に支払う費用も発生しないため、資金に余裕がない方でも利用できます。

    ここではそれぞれの方法について詳しく解説します。

    適用金利を引き下げられる「カードローンの借り換え」

    カードローンの借り換えは新しく契約したカードローンからお金を借り、その資金で契約中のカードローンを完済する方法です。

    契約中のカードローンより低い金利のカードローンへと借り換えることで、月々の利息を節約できます。

    たとえば消費者金融と銀行カードローンで10万円借りた場合、返済総額は以下の通りです。

    消費者金融A社(適用金利17.8%) 銀行カードローンB社(適用金利14.5%)
    返済総額 109,894円 108,598円

    消費者金融から銀行カードローンへ借り換えた場合、利息を約1,296円節約できます。

    上記の結果は12ヵ月間に1万円ずつ返済した場合であり、返済期間を短縮すれば利息はもっと節約可能です。

    契約中のカードローンをもっと金利が低い物へ変更したい方は、一度借り換えを検討してみてください。

    ただし金利が低いカードローンは利息を節約できる分、審査の難易度が上がる傾向にあります。

    人によっては新しいカードローンを申し込んでも、審査が通過できずに失敗してしまう場合もあるようです。

    カードローンの借り換えを検討している方は、審査が難しくなるのをよく認識しておいてください。

    複数の借金を統一することが可能「おまとめローン」

    おまとめローンは複数のカードローンを1社にまとめて、適用金利を統一する方法です。

    カードローンの適用金利は各金融機関ごとに異なるため、借入先が増えると返済時の利息は大きくなります。

    しかしおまとめローンを利用すれば、適用金利の引き下げを図ることが可能です。

    たとえば3社のカードローンから借りている借金をおまとめローンへ一本化した場合、適用金利は以下のように変化します。

    おまとめローンを利用する前 おまとめローン利用後
    カードローンA(適用金利:18%) おまとめローン(適用金利:14.6%)
    カードローンB(適用金利:19%)
    カードローンC(適用金利:17.8%)

    おまとめローンから借入した資金で契約中のローンを完済する点は、カードローンの借り換えと同じです。

    しかしおまとめローンには、他にも以下の利点が存在します。

    「返済日を統一できるので、毎月の返済管理が簡単に行える」
    「借入先が1社に統一されることで、毎月の返済額を軽減できる」

    ただしおまとめローンは複数の借金を一本化する商品であるため、審査は通常のカードローンより難しくなります。

    信用情報に金融事故が登録されている場合は、債務整理を選択するのが無難です。

    借金減額シミュレーターを利用したその後は弁護士へ相談するのも選択肢の一つ

    借金減額シミュレーターを利用したその後は、借金減額の方法を弁護士の方に相談するのも選択肢の一つです。

    債務整理で借金を減額するには借入先の会社と直接交渉を行い、元金や利息の返済額を下げてもらう必要があります。

    法律や債務に関する知識がない人が交渉を行うと、借金の減額に失敗してしまう危険性が高いです。

    交渉を無事に成功させたいのであれば、専門知識を持った司法書士・弁護士の方に任せましょう。

    ネット上で検索してみたところ、以下の弁護士事務所は債務整理に関する実績がとても多いようです。

    借金減額の相談先としておすすめの弁護士事務所です。

    • ベリーベスト法律事務所
    • 天音法律事務所
    • はたの法務事務所
    • 弁護士法人 響
    • 東京ロータス法律事務所

    ここではそれぞれの弁護士事務所について詳しく解説します。

    24時間いつでも無料で借金問題を問い合わせできる「ベリーベスト法律事務所」

    ベリーベスト法律事務所は、24時間365日問い合わせを受け付けている法律事務所です。

    電話またはメールによる相談を行うことで、それぞれの抱えている借金問題に有効な解決方法を提案してもらえます。

    北海道から沖縄まで全国各地に54拠点の事務所が存在しており、直接弁護士に会って相談したいという方にもおすすめです。

    所在地 〒106-0032
    東京都港区六本木一丁目8番7号 MFPR六本木麻布台ビル11階
    営業時間 平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
    電話番号 TEL:03-6234-1585
    FAX:03-6234-1586

    またベリーベスト法律事務所には、270名以上の弁護士が在籍しています。

    豊富な実績を持つ弁護士が臨機応変に対応してくれるので、初めて債務整理を依頼するという人も安心して相談可能です。

    資金に余裕がない人でも気にせず相談できるよう、費用の分割払い・後払いにも対応できます。

    1日でも早く借金問題を解決したいと考えている人は、ぜひ相談を検討してみてください。

    ベリーベスト弁護士法人の借金減額診断
    無料借金減額診断はこちら

    依頼者にしっかり寄り添い借金問題に対応する「もりた法律事務所」

    もりた法律事務所は相談者それぞれの問題にしっかり寄り添い、オーダーメイドな解決策を導いてくれる法律事務所です。

    借金減額に加えて、過払い金請求や任意整理などについても相談することができて、一人ひとりに合った方法を提示してくれます。

    またもりた法律事務所は、公式サイトで無料・匿名の借金減額診断を行えます。

    相談の前に借金が減額できるかを知れるので、「弁護士に直接相談するのは気が引けるけど、借金問題を解決したいと思っている」という方におすすめです。

    所在地 〒230-0051
    神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-29-17第10下川ビル607号
    電話番号 0120-841-013

    もりた法律事務所の無料借金減額診断はこちら

    迅速な対応力で借金問題を解決してくれる「天音法律事務所」

    天音法律事務所は、顧客の満足感・納得感を最優先して対応してくれる法律事務所です。

    借金減額シミュレーションのサービスも提供しています。

    迅速な対応で手続きを進めてくれるため、借金問題を早期解決したい人に適しています。

    闇金や違法業者に関する相談も対応でき、それぞれの借入状況に合わせて最適な解決策を提案することが可能です。

    所在地 東京本店:〒103-0012
    東京都中央区日本橋堀留町2-3-14 堀留THビル10階(受付2階)
    福岡支店:〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前1-15-20 NMF博多駅前ビル2階6号室
    電話番号 0120-951-408
    (受付時間 9:00〜18:00 土日・祝日・年末年始のぞく)

    また天音法律事務所はプランの提案を行う際、手続きの目安時間も掲示します。

    借金問題の解決までにかかる期間を把握できるため、ストレスの軽減にも有効です。

    問題が無事解決した後も、弁護士の方が充実したアフターフォローを行ってくれます。

    迅速かつ確実に借金問題を解決したいと考えている人は、ぜひ相談を検討してみてください。

    相談実績20万件以上・満足度95.2%の「はたの法務事務所」

    はたの法務事務所は東京・大阪に存在する司法書士法人で、借金減額に関する相談実績を20万件以上持っています。

    相談料金・全国出張料金は無料となっているため、どの地域からでも無料で借金問題を相談することが可能です。

    始めて借金減額の相談を行う人、都心部から離れた場所で生活している人も安心して相談できます。

    所在地 東京本店:〒167-0051
    東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付/6階)
    大阪支店:〒532-0011
    大阪府大阪市淀川区西中島4-11-21 新大阪コパービル303
    営業時間 平日/8:30~21:30 (土日祝/8:30~21:00)
    ※WEBでのご相談は356日24時間受付可
    電話番号 無料相談ダイヤル:0120-963-164
    依頼専用ダイヤル:03-5335-6450
    (電話受付時間:平日のみ10:00〜18:30)

    公式サイトの解決事例ページでは、実際に行われた債務整理の事例が多数紹介されているようです。

    費用の分割払いにも対応しているため、貯蓄に余裕がない人も気軽に相談できます。

    信頼できる事務所に債務整理を任せたいと考えている人は、一度相談を検討してみてください。

    土日祝日でも借金相談に対応してくれる「東京ロータス法律事務所」

    東京ロータス法律事務所は、土日祝日でも債務整理の相談を受け付けている法律事務所です。

    受付時間は10~19時までとなっており、それぞれの都合に合わせて借金問題を相談できます。

    相談・お問い合わせは電話だけでなく、メールフォームでも受付可能です。

    相談実績も多数あるため、初めての人でも安心して相談できます。

    実際に行われた債務整理の事例は、これまでの相談事例ページで確認可能です。

    所在地 〒110-0015
    東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
    電話番号 0120-316-715
    (03-5812-5737、FAX:03-5812-5226)

    また東京ロータス法律事務所は、すべての相談情報を事務所内で共有しています。

    債務整理の手続きにかかる時間や手間も、最小限に抑えることが可能です。

    借金問題をなるべく早く解決させたいと考えている人は、相談を検討してみてください。

    メディア実績が多く知名度に優れる「弁護士法人 響」

    弁護士法人 響はさまざまなテレビ・雑誌に出演しており、知名度がとても高い法人事務所です。

    弁護士の方が出演したテレビ・雑誌などは、メディア実績ページで確認できます。

    債務整理に関する相談実績も多く、どの地域に住む人も安心して借金問題を相談することが可能です。

    相談料金と初期費用は無料となっているため、費用をなるべく安く抑えたい人にも適しています。

    債務整理の手続き費用は、こちらのページで確認可能です。

    所在地 西新宿オフィス:〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
    虎ノ門オフィス:〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-19-13 スピリットビル4階
    立川オフィス:〒190-0012 東京都立川市曙町2-16-6 テクノビル4階
    大阪オフィス:〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町2-4-3 ISOビル6階
    福岡オフィス:〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴3-1-10
    オフィスニューガイア セレス赤坂門NO.19 11階
    電話番号(全国共通) 債務整理相談フリーダイヤル:0120-179-043
    代表:03-6866-0289
    FAX:03-6868-4999

    また弁護士法人 響は、全国各地にオフィスを設置しています。

    自宅近くにオフィスが存在する場合は、弁護士の方に直接借金問題を相談することが可能です。

    借金総額に関係なく手続きを実施してくれるので、少額の借金で悩んでいる人も気軽に相談できます。

    有名な弁護士さんに債務整理を任せたいと考えている人は、ぜひ相談を行ってみてください。

    借金減額を弁護士・司法書士へ相談する時におさえるべき3つの項目

    借金減額シミュレーター利用後に弁護士・司法書士の方へ相談を行う時は、以下の要点をおさえる必要があります。

    「借金問題の実績豊富な弁護士事務所・司法書士事務所に相談を行う」
    「債務整理を申請する際はまず見積もりを依頼する」
    「依頼前に事務所の評価・口コミを確認しておく」

    現在ネット上には多数の弁護士・司法書士が存在しており、誰でも債務整理の相談を行うことが可能です。

    しかし債務整理の相談に対する対応や費用は、それぞれの事務所ごとに異なります。

    情報確認をしっかり行わずに依頼すると、借金減額に失敗してしまうかもしれません。

    債務整理の相談を行う時は、必ず弁護士事務所・司法書士事務所の情報をよく確認しておいてください。

    ここではそれぞれの項目について詳しく解説します。

    相談先の事務所が借金問題の実績は豊富か確認する

    弁護士事務所・司法書士事務所に債務整理の相談を行う時は、実績が豊富な事務所に相談するのが適切です。

    弁護士・司法書士は全国各地に多数存在しますが、すべての方が債務整理の実績を持っている訳ではありません。

    中には債務整理の相談・取引実績が少なく、相談内容に十分対応するのが難しい事務所も存在します。

    そのため相談先の事務所を選ぶ際は、掲載されている事務所の情報をよく確認しなければいけません。

    債務整理を得意とする弁護士事務所・司法書士事務所の大半は、サイト上に相談・取引実績を細かく明記しています。

    各事務所のサイト情報をよく確認していけば、債務整理に特化した事務所を発見できる可能性が高いです。

    これから弁護士・司法書士の方に相談を行う方は、いろいろな事務所のサイトをよく確認してみてください。

    手続きの相談を行う際は依頼前に見積もりをとる

    弁護士・司法書士の方に債務整理を実施してもらう際は、依頼する前にまず見積書を提出してもらいましょう。

    債務整理を依頼する時は着手金の他にも、減額報酬が別途かかります。

    減額報酬とは借金の減額に成功した時、依頼した弁護士事務所・司法書士事務所に支払われる費用です。

    着手金しか確認しない状態で依頼を行うと、債務整理にかかる費用が高額になってしまう可能性もあります。

    これから債務整理を依頼する方は相談する時、見積書の作成も一緒に申し込んでおいてください。

    弁護士事務所・司法書士事務所の大半は、ネットでの相談や見積書作成にも対応してくれます。

    忙しくて事務所に行く暇がないという方も、いつでも気軽に見積もりが可能です。

    利用者からの評価は必ず確認しておく

    弁護士事務所・司法書士事務所に債務整理を相談する時は、利用者の評価・口コミも確認するのがおすすめです。

    インターネットやスマホの地図アプリには、それぞれの弁護士事務所・司法書士事務所に対する評価・口コミが多数投稿されています。

    投稿された評価や口コミを確認すれば。依頼する事務所の信頼度をある程度予測することが可能です。

    利用者からの評価が低い事務所に相談を行うと、満足できる成果が得られないかもしれません。

    他の事務所よりも高い費用を請求されたり、手続きに時間がかかってしまう可能性もあります。

    もし評判・口コミに否定的な内容が多かった場合は、別の弁護士事務所・司法書士事務所へ相談しましょう。

    評価が高い事務所は相談者に対して、親切かつ丁寧な対応を実施してくれる傾向が強いです。

    「弁護士・司法書士の方に相談するのが気まずい」という方は、利用者からの評価をよく確認しておいてください。

    債務整理で借金減額をしてはいけない人の特徴

    借金減額として債務整理をする際にもデメリットはあります。

    債務整理を実施すると、手続きの履歴は信用情報機関に登録されてしまいます。

    具体的には以下の方は注意してください。

    • クレジットカードの新規発行・更新を行う予定がある
    • これから住宅ローンや学生ローンなどの申し込みを行う
    • 賃貸契約会社に依頼して物件契約を行う

    債務整理の履歴が信用情報に登録されている間、金融商品の新規契約や更新は行えません。

    賃貸契約会社も利用できなくなるため、引っ越しや転勤を考えている方も注意が必要です。

    ここではそれぞれの特徴について詳しく解説します。

    近々クレジットカードの発行・更新を申し込む予定がある

    信用情報機関に債務整理の実施履歴が登録されている人は、クレジットカードの新規発行・更新を行えません。

    信用情報に登録された履歴は、審査時には金融事故として認識されます。

    クレジットカードの新規発行・更新時に金融事故が見つかると、手続きを断られてしまう可能性が高いです。

    また債務整理の履歴は、信用情報機関で約5年間登録されます。

    そのため債務整理を行うと、最短でも約5年はクレジットカードを発行・更新できません。

    5年以内にクレジットカードの発行・更新を行う予定がある方は、間違えて実施しないように気をつけてください。

    住宅ローンなどの金融商品をこれから申請する

    信用情報に債務整理の履歴が登録されている人は、ローン商品の新規契約も行えません。

    信用情報はクレジットカードの審査だけでなく、住宅ローンなどの審査でも必ず確認されます。

    債務整理の履歴が信用情報内に登録されていた場合、審査を通過するのは不可能です。

    またローン商品をすでに契約していた場合は、契約内容の更新を断られてしまう可能性があります。

    契約状況によっては、融資の一括返済を求められるかもしれません。

    債務整理の実施を考えている方は、5年間ローン商品が利用できなくなることをよく認識しておいてください。

    賃貸契約会社の利用を検討している

    債務整理を実施した人は、賃貸契約会社を利用するのが難しくなります。

    これは審査時に担当者が信用情報を確認した時、金融事故を起こした経験があると判断されてしまうためです。

    賃貸契約会社を利用する際は、契約者にある程度の信用と返済能力が求められます。

    審査時に債務整理の履歴が見つかった場合、「信用・返済能力に問題あり」と判断される可能性が高いです。

    これから賃貸契約会社を利用する予定がある人は、債務整理を実施しないように注意してください。

    まとめ

    借金減額シミュレーターの仕組みや借金減額に有効な対処法などを解説しましたが、いかがでしたか?

    借金の返済がうまく進まず悩んでいる方は、債務整理の相談・依頼を行うべきです

    債務整理は国が認めた借金減額制度で、さまざまな借金に対して利用できます。

    借金減額シミュレーターを利用すれば、債務整理によって得られる成果も確認可能です。

    借金を減額できる対処法の中には、カードローンの借り換えやおまとめローンといった方法も存在します。

    債務整理を依頼できなかった方も、これらの方法を使えば借金が減額できるかもしれません。

    また債務整理を依頼する際は、信頼できる弁護士事務所・司法書士事務所を見つけることも大事です。

    事務所選びで失敗してしまうと十分な成果が得られなかったり、逆に返済負担が増えてしまう可能性もあります。

    今ある借金をなんとが減額したいと考えている方は、ここで解説した知識をぜひ参考にしてみてください。