看護師転職サイトおすすめランキング5選!サイトの選び方や利用時の注意点とは

看護師転職サイトおすすめランキング

看護師が転職先を探す方法には、いくつかの種類があります

ただし自分にあった転職先を探す時は、効率的な方法を選ばないと、時間・労力だけかかってしまうため注意が必要です。

看護師(特に転職が初めての方)が転職活動をする際は、専門の転職サイト(転職エージェント)の利用をおすすめします

看護師向けの転職サイトでは転職エージェントのサービスがあり、一人ひとりに適した転職先を希望者に代わって探し出し、提案してくれます。

その他、さまざまなサポートを受けられるのもメリットです。

転職エージェントのサービスは、おもに以下の内容です。

  • 非公開求人の紹介
  • 履歴書の書き方添削
  • 模擬面接などの面接対策
  • 面接日程のスケジューリング
  • 条件交渉の代行
  • 内定辞退の代行
  • 円満退職についてのアドバイス

この記事では転職サイトのメリット・デメリットを解説した上で、おすすめの転職サイトを紹介します。

さらに転職サイトを利用する際の流れや注意点もまとめているので、看護師の方が転職する際の参考にして下さい。

看護師が転職サイトを選ぶ際の注意点

看護師が転職活動をする際によく利用されるのが、看護師向けの専用転職サイトです

看護師向けの転職サイトではさまざまな求人情報を自分で検索できるのに加え、転職エージェントの機能もあります。

転職エージェントとは求職者ごとに専門のキャリアアドバイザーがつき、転職のサポートをしてくれるサービスです。

具体的にはキャリアアドバイザーが最適な求人を紹介してくれたり、応募書類の添削や面接対策を手伝ってくれたりします。

面接時の日程調整、各種条件交渉の代行も、キャリアアドバイザーに代行してもらうことが可能です。

看護師が転職先を探す際には、転職サイト以外にも複数の方法があります

たとえば看護師以外の求人情報も掲載された求人サイトを使う方法や、各病院などの公式サイトに掲載された求人情報を見つける方法などです。

しかし転職サイトを使った方が、効率的に希望に近い企業を探し出せます

この項では、転職サイトを使うと良い理由や、転職サイトを利用するときのポイントについて解説します。

効率よく自分に合った求人に出会うために、転職活動も行う際の方法も適切に選びましょう


どの転職サイトも職業安定法に基づき、利用者の不利になるような求人情報の掲載をしてはならないとされています。
厚生労働省職業安定局にて事業認可の下りた業者のみ、転職サイトを運営できます。

【PR】

求人数の多さ、良い求人案件を探すなら看護roo!がおすすめです。

簡単登録・全国案件あり・高額給料案件あり。

看護roo!

  • 掲載数50,000件以上!
  • 利用者満足度が96%以上!
  • 2018年度利用者数No.1!

初めての転職なら転職サイトを利用する

看護師が転職活動をする場合(特に初めての転職の場合)、もっともおすすめなのは、専用の転職サイトを使う方法です。

以下、専用の転職サイトを使う方法と、その他の方法との違いを表でまとめます。

方法の種類 各病院の公式サイトで求人情報をみつける方法 総合的な求人サイトを使う方法
看護師の転職サイトを使うときの違い ・特定の求人情報に限定されるので、複数の求人と比較できない
・応募書類の添削や面接対策といったサポートがない
・面接の日程調整や条件交渉は全て自分でしないといけない
・看護師以外の職業に関する情報も集まっているので、検索に手間がかかる
・たくさんの求人から、自分で希望に近い情報を探さないといけない
・応募書類の添削や面接対策といったサポートがない
・面接の日程調整や条件交渉は全て自分でしないといけない

これらの方法と違い看護師向けの転職サイトを使えば、看護師の求人だけがまとまっていて、情報を探し出しやすいです。

また転職エージェントのサービスもついていますから、担当のキャリアアドバイザーに適切な求人情報を提案してもらうことも可能です。

手間のかかる面接の調整や条件交渉も代行してもらえて、キャリアアドバイザーに非公開の求人を紹介もらえる場合もあります。

そのため、看護師の方が転職する際は転職サイトを使うのが最もおすすめです。

転職サイトを利用する際は複数社エントリーしておく

転職サイトを利用するのであれば、あらかじめ2~3社エントリーするとよいです。

転職サイトから紹介されるキャリアアドバイザーにもいろいろなタイプの人がいるため、必ずしも相性が良いとは限りません。

転職を希望する人にとってキャリアアドバイザーは、連携することが多い大事なパートナーなので相性は非常に大事です。

「話しにくいな」「何か頼りにならないな」と感じたら、他のキャリアアドバイザーを選択した方がよいのは言うまでもありません。

また転職サイトによって、紹介できる企業の数や特徴もまちまちです

希望にあった企業を適切に紹介してくれるかという能力もキャリアアドバイザーによって異なります

そのため複数の転職サイトに登録して、何人かのキャリアアドバイザーから提案をうけてみるのがおすすめです。

そうすることで1つだけの転職サイトを利用する場合と比べ、より自分に適した求人先を効率的に探せるようになります。

当記事が紹介する転職サイトの中でも「看護roo!」では、掲載数50,000件以上に加え、利用者満足度が96%以上あります。

2018年度には利用者数No1にもなっている為、安心して利用可能です。

まずは利用者数の多い安心できるサイトに登録しておき、今後の転職活動の参考にしておくのもいいでしょう。

看護roo!

  • 掲載数50,000件以上!
  • 利用者満足度が96%以上!
  • 2018年度利用者数No.1!

条件によって登録する転職サイトを選ぶ

一口に転職サイトといっても、複数のタイプがあることはご存知でしたでしょうか。

まずチェックしたいのが、全国規模の転職サイト特定の地方に特化した転職サイトです。

全国規模の求人サイトでは保有する求人情報に網羅性があり、多彩な求人を掲載されているメリットがあります。

豊富な求人情報のなかから、希望に近い求人を探しやすいのも特徴です。

一方、地方に特化したサイトは、その地方特有の求人状況を熟知しています。

求人情報の数だけで言えば全国規模の転職サイトにかないません。

しかし特定の地方に限るのであれば、より多くの求人情報を紹介してくれる可能性があります

各企業の特徴について、より深掘りした情報を把握している傾向にある点も特徴的です。

これらは一概にどちらがよいとは言えませんが、全国型と地方両方のタイプにエントリーし、自分にあった方を優先して使うのも1つの手です。

そうすることで、結果的により希望に近い求人にたどり着ける可能性が高くなります。

看護師向け転職サイトおすすめランキング5選

看護師向けの転職サイトにも、多くのサイトがあります。

そのため転職を希望する人も「どれを使えばよいか」迷ってしまう方は多いのではないでしょうか。

種類が多いのは一見良いことですが、選び方がわからず迷ってしまい、豊富なサイトの中から選べなくなってしまいます

そこで、この項では看護師転職におすすめの転職サイトを5つ選んで紹介します。

いずれもユーザーの評価が高いので、まずはここにあげた転職サイトをチェックすると、転職活動を効率的にすすめられるでしょう。

【この項で紹介する転職サイト一覧】

転職サイト名 主な特徴
看護roo! ・50,000件以上の求人情報を保有
・利用者万読度96%以上
看護のお仕事 ・公開求人情報が豊富(11万件以上)
・転職に成功したあとのアフターフォローにも力をいれている
ナース人材バンク ・各地域専門のキャリアアドバイザーが担当
・条件だけでなく職場の雰囲気や人間関係といった環境も教えてくれる
マイナビ看護師 ・約100名のキャリアアドバイザーが迅速に対応
・毎年1万人以上の看護師が利用
医療リサーチ ・楽天リサーチで4年連続支持率No1の実績あり
・キャリアアドバイザーが面接同行までフルサポート

看護roo!

・公開求人数は50,000件以上
・利用者満足度は96%以上
・30年以上、転職支援をしてきた株式会社クイックが運営

看護roo!は公開求人数50,000件以上、利用者満足度96%を誇る看護師向け転職サイトです。

運営元の株式クイックは1980年の創業から30年以上(看護roo!では10年以上)、数十万人の看護師に愛用されてきた実績があります。

登録手続きをするだけで、履歴書の添削や面接対策をはじめとした転職サポートを受けられる点も特徴です。

応募手続きや企業への連絡も代行してくれます。

申込も氏名や連絡先などの簡単な項目を入力するだけですので、30秒程度で申込可能です。

すぐに転職を考えていない方でも、時間をかけずに登録だけしておくことも可能です。

看護roo!なら簡単30秒で登録完了!

【概要】

公開求人数 51,596件※2021/5/7時点
その他求人数 ▽地域別
東京:(求人数)6,803件、(施設数)20,105件
※2021/5/7時点▽非公開求人
あり
転職サポートの特徴 ・手厚い転職サポート
・面接対策に定評
・履歴書の添削も行ってくれる
許可・届出受理番号 27-ユ-020100

看護のお仕事

・公開求人数は11万件以上と圧倒的
・年4,000回を超える職場訪問で、現場の情報収集を徹底
・転職後のアフターフォローも充実

看護のお仕事は、11万件を超える膨大な求人を紹介している転職サイトです(前述の看護roo!は約5万件なので、2倍以上)

年間4,000回を超える担当者の職場訪問など、現場の情報収集に努めており、職場の詳しい様子をキャリアアドバイザーから聞けるのも魅力。

累計の利用者数は40万人を突破しており、実績も十分です。

転職後も、専門のアフターフォローチームがサポートしてくれます。

【「看護のお仕事」概要】

公開求人数 118,649件※2021/5/7時点
その他求人数 ▽地域別
東京:13,725件※2021/5/7時点▽非公開求人
あり
転職サポートの特徴 ・過去の面接や最新の職場状況をもとに対策
・日程調整などはキャリアアドバイザーが代行
・給与・休日などの条件交渉もアドバイザーにまかせらられる。
・転職後も専門チームがアフターフォロー
許可・届出受理番号 紹介13-ユ-309623
派13-310987

参照元:「看護のお仕事公式サイト

ナース人材バンク

・1分の簡単な登録で、転職活動をはじめられる。細かい経歴の登録は不要
・条件だけでなく職場の雰囲気や人間関係も含めて紹介してくれる
・地域専門のキャリアアドバイザーが担当

ナース人材バンクは、看護師登録者数No1(株式会社エス・エム・エス調べ)の経歴がある転職サイトです。

住んでいる地域に特化したキャリアアドバイザーから転職サポートを受けられます。

求人に関し条件はもちろんのこと、職場の雰囲気や人間関係も含めてキャリアアドバイザーが紹介してくれるので助かりますね。

求人情報には、施設の特徴はもちろん、給与モデルが掲載されており分かりやすいです。

【「ナース人材バンク」概要】

公開求人数 掲載なし
その他求人数 ▽地域別
掲載なし▽非公開求人
あり
転職サポートの特徴 ・条件をはじめ職場の雰囲気や人間関係を含め紹介
・不安がある場合は、面接対策も可能
・条件交渉はキャリアアドバイザーが代行
許可・届出受理番号 13-ユ-190019

参照元:「ナース人材バンク公式サイト

マイナビ看護師

・毎年1万人以上のナースが利用する老舗転職サイト
・総勢100名近くのキャリアアドバイザーがスピーディーに対応
・就業条件・入職時期の交渉などもキャリアアドバイザーが代行可能

テレビCMでも有名なマイナビが運営する看護師向け転職サイトです。

看護師向けの転職サイトサービスとしても4年連続認知度No1を誇っています。

総勢100名近くのキャリアアドバイザーが在籍しており、即日での書類応募・面談も可能。

早く転職活動をすませたい場合は、最短1週間で転職も実現するようサポートしてもらえます。

もちろん、数ヵ月かけてゆっくり転職活動をすすめることもできます。

【「マイナビ看護師」概要】

公開求人数 51,033件※2021年4月時点
その他求人数 ▽地域別
東京:7,097件※2021/5/7時点▽非公開求人
あり
転職サポートの特徴 ・転職のプロによる面接対策&書類添削を実施
・キャリアアドバイザーが条件交渉や日程調整を代行
・転職セミナー・相談会が豊富
許可・届出受理番号 13-ユ-301928

参照元:「マイナビ看護師公式サイト

医療ワーカー

・楽天リサーチでは4年連続支持率No1を記録
・履歴書添削から面接同行までキャリアアドバイザーがフルサポート
・管理職向けの求人は管理職専門のアドバイザーがサポート

医療ワーカーは楽天リサーチの調査で、4年連続支持率No1を記録した転職サイトです。

転職希望者に寄り添った親身なサポートが特徴的で、面接対策や履歴書添削をはじめ、面接への同行も行ってくれます

さらに出張やウェブでの相談も受け付けており、便利に使えるのも大きなメリットといえるでしょう。

【「医療ワーカー」概要】

公開求人数 57,620件※2021/5/7時点
その他求人数 ▽地域別
東京:6,309件※2021/5/7時点▽非公開求人
あり
転職サポートの特徴 ・履歴書添削・面接対策だけでなく面接同行まで行う
・面接の日程調整から給与・条件交渉を代行
・転送相談はもちろん、履歴書添削や模擬面接もオンラインで実行
許可・届出受理番号 27-ユ-301770

参照元:「医療ワーカー公式サイト

看護師転職サイトのデメリット・メリット

看護師向けの転職サイトは、看護師の方が転職する際は頼りになるサービスです。

しかし、転職サイトにはメリットだけでなくデメリットもあります

そのため利用する際は、デメリット・メリットをしっかり認識しておきたいところです。

これらを知っておくことにより、適切にサービスを利用できるようになります。

~この項で紹介する看護師向け転職サイトのデメリット・メリット~

【デメリット】
・アドバイザーによっては意図しない求人を提案される可能性がある
・転職サイト以外の申込者が自分と同レベルだと採用ハードルが上がる
・アドバイザーの提案を鵜呑みにしてしまう可能性がある

【メリット】
・希望条件にあった求人や非公開案件を提案してくれる
・第3者として介入してもらえるため、客観的な意見を聞ける
・求人案件を探す時間と労力が削減できる
・職務経歴書の作成指導や模擬面接、採用に向けたフォローが受けられる
・無料でサービスを受けられる

看護師転職サイトのデメリット3つ

まず転職サイトによって強みが異なったり、所属するキャリアアドバイザーの能力に差があったりすることもある点は注意が必要です。

結果、キャリアアドバイザーによっては希望からかけ離れた意図しない求人を提案してくることもあります。

転職を成功させるためにも、自分でも求人状況を下調べしておき、明確に希望を伝えるのが有効です。

転職サイト以外で応募した転職希望者が、自分と同じようなレベルだと採用のハードルがあがる点もデメリットです。

キャリアアドバイザーに応募書類を添削してもらったり、面接対策してもらったりして自分の価値を適切に見せられる努力をしておきましょう。

またキャリアアドバイザーは転職に関する知識や経験が豊富ですから、利用者はどうしても提案されたことを鵜呑みにしがちです。

そうならないためにも、複数のキャリアアドバイザーから提案をしてもらい、見比べてどれがよいか考えるとよいでしょう。

他のアドバイザーから受けた提案について意見を聞いてみるのも、提案を客観的に検討するためには有効な手段です。

看護師転職サイトのメリット5つ

次に看護師向け転職サイトのメリットをみていきましょう。

看護師向け転職サイトでは、非公開の求人を紹介してくれるメリットがあります。

企業によっては、応募の集中を避けるため、あえて転職エージェントにのみ求人を依頼することも少なくありません。

転職エージェント機能がある看護師向け転職サイトなら、これら非公開の求人も含めて提案を受けられるわけです。

キャリアアドバイザーが第三者の立場で客観的な意見を言ってくれるのも、転職サイトのメリットです。

キャリアアドバイザーは、職業安定法第2条※で定められた「職業選択の自由」の趣旨をふまえ提案します。

そのためキャリアアドバイザーの意見は、客観的になるのです。

(職業選択の自由)

第二条 何人も、公共の福祉に反しない限り、職業を自由に選択することができる。

参照元:e-gov 法令検索

キャリアアドバイザーが適切な求人を探し出してくれることから、自分で探す時間や労力を削減することもできます。

さまざまな転職サイトから自分に適した求人を探すのに、苦労した経験がある人は多いでしょう。

また応募書類の作成指導や模擬面接といったサポートが充実している点も、利用者にとっては助かるポイントです。

自分では気づかない専門家ならではのアドバイスが聞けるので、転職を優位に進められます。

最後に、これらサービスを無料で受けられる点も、看護師向け転職サイトの大きなメリットと言えます。

転職サイトは、採用決定時に企業から成功報酬が受け取れるため、転職希望者は無料で利用できるのです。

転職サイト利用から転職までの流れ

転職サイトを利用する場合、担当のキャリアアドバイザーと連携しながら転職活動をすすめることになります。

そのため自分1人で求人情報を探し、転職活動をすすめるときとは流れが大きく異なります。

転職サイトを使うのが初めての方、転職活動自体したことがない方には、イメージがつきにくいかもしれません。

転職サイトからの転職をスムーズにすすめるためにも、どんな流れで転職活動を行うことになるか、あらかじめ把握しておきましょう

流れが理解できていれば、初めてでも転職サイトを使う不安が軽減されますし、より適切に活用することも可能です。

この項では、転職サイトを利用する以下の流れを1つずつ解説します。

<転職サイトを利用した転職活動の流れ>

  • 転職サイトに登録して担当を付けてもらう
  • 希望条件を相談し自分に合った求人を紹介してもらう
  • 職務経歴書の添削、模擬面接で選考通過率を上げる
  • 採用試験を受ける
  • 採用決定後に転職サイトへ報告する

転職サイトに登録して担当を付けてもらう

まずは各転職サイトに用意された専用フォームから、登録を行います。

登録する内容は名前や連絡先といった個人情報や、転職希望時期や希望勤務地などです(登録する内容は転職サイトによって異なります。)

キャリアアドバイザーは、登録された内容を参考に求人を探してくれるので、正確に登録する必要があります。

登録は全てオンラインでの作業となることから、パソコンやスマートフォンで簡単にすませられるでしょう。

なお、この段階では履歴書や職務経歴書の作成や提出は必要ありません。登録だけであれば、仕事で忙しくても負担になることはありません。

登録がすんでから数日程度で、担当のキャリアアドバイザーからメールや電話で連絡があります

なお複数の転職サイトを利用する場合、1つずつ登録すると担当がつくまで時間がかかってしまいます。

複数同時に登録して、時間を節約するのもよいでしょう。

希望条件を相談し自分に合った求人を紹介してもらう

転職サイトに登録し、担当のキャリアアドバイザーが決まると面談が行われます。

面談の方法は待ち合わせ場所を決めて実際に会う方法の他、電話やウェブ会議を利用し非対面の形式になることもあります。

複数選べる場合は、都合のよい方法を選択するとよいでしょう。

面談時の服装はビジネスカジュアルで構いません。

面談の際には、最初にフォームで登録した希望条件の確認が行われます。

そのあと、転職理由や希望について詳しくヒアリングされます。

面談自体はキャリアアドバイザーがリラックスした雰囲気で行ってくれることがほとんどなので、緊張せずに気軽にのぞむとよいです。

ただ、このときヒアリングした内容をもとに求人情報を探してくれるので、できるだけ詳しく伝えるようにしましょう。

分からないことがあったら、遠慮なくすべて聞いておくことが重要です。

面談のあとに、キャリアアドバイザーが希望に合う求人を探し出して紹介してくれます。

職務経歴書の添削、模擬面接で選考通過率を上げる

紹介された求人のなかから希望の求人に応募する前後に、キャリアアドバイザーから転職サポートを受けられます。

具体的には、履歴書や職務経歴書の添削や面談対策などです。

転職サイトやキャリアアドバイザーによっては、模擬の面接を行ってくれることも少なくありません

転職サポートの目的は、選考の通過率を高めることです。

そのため、キャリアアドバイザーは、応募先企業に対し転職希望者が印象よくうつるよう方法を考えます。

時間がかかったりキャリアアドバイザーに手間をかけたりすることもありますが、疑問に思うことは遠慮せず全て聞くようにしましょう

転職希望者が採用されることが利益になるので、キャリアアドバイザーも時間を惜しまずアドバイスしてくれます。

応募先企業を熟知したキャリアアドバイザーなら、担当の面接官に好印象が残せる答え方など、裏事情をアドバイスしてくれることもあります。

このようなキャリアアドバイザーが担当についた場合、どんな質問をされる可能性が高いかも教えてくれるので心強いです。

採用試験を受ける

準備が整ったら、いよいよ転職したい企業の求人へ応募し、書類選考や面接を受けることになります。

面接の日程調整などは、ほとんどの場合キャリアアドバイザーが代行してくれます。

自分ではなかなか言い出しにくい収入や勤務条件の交渉に関しても、キャリアアドバイザーに頼めば代行してもらえます。

希望がある場合は、あらかじめキャリアアドバイザーによく相談して、どのようにすればよいか一緒に検討しておくとよいでしょう。

選考の途中や内定後でも、辞退したくなったときはキャリアアドバイザーにその旨を伝えます。

キャリアアドバイザーが応募者にかわって断りをいれてくれます。

なお無事に採用が決まったあとも、キャリアアドバイザーとの連携が完了するわけではありません。

キャリアアドバイザーは円満に退職するためどうすればよいかのアドバイスや、入社日の調整などもしてくれます。

最後まで二人三脚で、キャリアアドバイザーに頼るとよいでしょう。

こういったことが可能なのも、看護師向けの転職サイトを利用するメリットです。

退職前の準備と入職時の注意点

忙しい合間を縫って転職活動を続け、無事に採用が決まった際は、ほっと胸をなでおろしたくなるものです。

けれど看護師の転職において、「転職先に無事採用されたから、もう大丈夫」とは言えません

退職にあたって十分な準備をしておかないと、職場に迷惑をかけて円満退職から程遠くなってしまいます。

また、新たな職場に入職するときも必要な対応を怠ると、良い顔はされません。

入職時にきちんと準備をしておき、少しでも早く職場に馴染めるようにしましょう。

ここでは退職時と入職時に注意しておきたい、以下2つのポイントを解説します。

  • 円満退職するには担当業務の完遂と引継ぎスケジュールを立てる
  • 入職前には提出する書類を用意しておく

気持ちよく円満退職をし、新しい職場に早く溶け込むためにも、これらポイントには十分な注意が必要です。

また、これらのポイントで不明な点があれば、キャリアアドバイザーに相談しても適切なアドバイスをしてもらえます。

円満退職するには担当業務の完遂と引継ぎスケジュールを立てる

円満退職のために最も重要なのは、担当している業務を完遂しておくことと、抱えている業務の引き継ぎです。

まずは引き継ぐ人に迷惑をかけないように、自分の担当している業務はしっかり終わらせるように心がけましょう

担当業務の内容にもよりますが、引き継ぎも時間がかかる業務です。

分な引き継ぎ期間をとる必要があるため、転職先の入職日も考慮しつつ慎重にスケジューリングする必要があります。

一方で、内定がでてから初出勤までの期間は、転職先の病院によって差が生じる可能性もあります。

看護師が不足していて、少しでも早く入職して欲しいと言われる場合も少なくありません。

そういった際には、引き継ぎ期間も長く取れなくなってしまう可能性があります。

できれば内定がとれそうな状態になったら、(内定が正式にでる前から)勤務中の病院に退職する旨を伝えスケジューリングに入るとよいでしょう。

引き継ぎのスケジューリングは、病院とよく相談しながら決めます。

入職前には提出する書類を用意しておく

入職先によって、提出すべき書類はそれぞれ異なります。初出勤の前に、必ず入職先に確認しておきましょう。

一般的には、以下書類の提出を求められることが多いです。

  • 雇用契約書
  • 内定承諾書
  • 雇用保険被保険者証・年金手帳
  • 看護師免許
  • 給与振込先の届出書※給与を振り込む銀行口座の情報を記入
  • マイナンバーカード(原本の他、通知カードでもよい)

その他、以下に上げる書類が求められることもあります。

  • 身元保証書

保証人に自分の身元を保証してもらうための書類です。保証人には両親や親せきを指定するのが一般的です。

  • 誓約書

入職後に守るべき決まりをまとめた書類です。

  • 源泉徴収票・扶養控除等申告書

同じ年に前の職場を辞めていた時は、入職時に提出を求められることがあります。転職先で年末調整を行うためです。

  • 住民票の写し

履歴書の住所が正しいか確認するため、提出を求められることがあります。

これら書類は入職後すぐに提出が必要となる場合の他、しばらく待ってくれる書類もあります。

入職先に、いつまでに提出すればよいかも必ず確認しておきましょう。

看護師転職でよくある質問

看護師の転職サイトをはじめて利用する方は、疑問に思うことが多いかもしれません。

ここではよくある質問をいくつかピックアップして紹介します。

疑問点はキャリアアドバイザーが丁寧にアドバイスしてくれるので心配はありませんが、できるだけ疑問を解消してから転職サイトを利用するようにしましょう。

Qすぐに転職するわけではないのに登録ってしてもいいの?

転職サイトはすぐに転職しないからといって、登録ができないわけではありません。

ゆっくり転職活動をすすめたいときも積極的に利用するとよいでしょう。

ただキャリアアドバイザーによっては、メールや電話などで頻繁に連絡してくることがあります。
あまりに連絡がしつこいようであれば、頻度を減らして欲しいと伝えるか、他の転職サイトに乗り換えるとよいでしょう。

Qアドバイザーは変更可能?
キャリアアドバイザーの変更は可能です。
相性がありますから、「あわない」と思ったら転職サイトへ問い合わせて変更を依頼しましょう

Q給与条件の交渉って自分でしなければいけないの?
たいていの看護師向け転職サイトでは、キャリアアドバイザーが給与などの勤務条件を代わりに交渉してくれます。
勤務条件に希望があるときは、遠慮せずキャリアアドバイザーに相談するようにしましょう。

Q転職を繰り返していても大丈夫?
何度も転職を経験している看護師の方も少なくはありません。
そのため転職を何度か繰り返しても、就職できなくなるといったことはないです。

ただし新たな就職先に応募した際に、応募先から「採用に、すぐ辞められたりしないか」と不安に思われることがないとは言えません。
その際も転職理由がしっかり説明できれば、その不安を軽減できるでしょう。

まとめ

看護師の方が転職サイト(転職エージェント)を利用すれば、希望にあう求人企業を専門のキャリアアドバイザーが代わりに探してくれます。

転職サイトであれば非公開の求人情報も保有しており、より適した求人企業をみつけられる可能性もあります。

またキャリアアドバイザーから、書類添削や面接対策と言った各種転職サポートを受けることも可能です。

面接の日程調整や、給与をはじめ勤務条件の交渉代行といったことも対応してもらえます。

そのため特にはじめて転職する方は、転職サイトの利用を検討した方が効率的に転職活動をすすめる上で安心でしょう。

また、自分で求人を探して転職の手続きを全て行うのは、手間も時間もかかります。

すでに転職を経験したことがある看護師の方でも、転職サイトをうまく活用することで、転職活動にかかる負担を軽減することもできます。

転職サイトによって、特徴もそれぞれです。

転職サイトを利用する際は自分にあったサイトを選ぶか、複数登録して「どれが一番使いやすいか」見極めるのもよいでしょう。