至急お金を作る方法!明日までにお金を作るならどこがおすすめ?

お金を作る方法

「冠婚葬祭や引っ越しなどが原因で、生活に必要なお金が足りない・・・」

社会人として生活していると、不測の事態によって資金が不足してしまう場面はよくあることです。

生活資金が不足した場合は、カードローンなどの方法でお金を作るのが適切です。

しかしお金を作る方法には短期間で実践できるものと、資金調達に時間を要するものが存在します。

作り方の内容 メリット デメリット
消費者金融からお金を借りる ・最短1時間程でお金を用意できる
・無利息サービスが利用可能
(一部の消費者金融のみ)
・高額融資にも対応できる
・審査を通過した方しか利用できない
・返済時に利息が発生する
質屋からお金を借りる ・審査なしでお金が借りられる
・返済が遅れても信用情報に傷がつかない
・即日融資にも対応できる
・お金を借りるには担保が必要
・返済が遅れた場合は担保を手放すことになる
自宅にある不用品を売却する ・取引後すぐにお金を用意できる
・不用品を売ることで室内スペースも広くなる
・得られるお金の額は品物の価値に左右される
・取引に時間がかかるケースもある
クレジットカードのキャッシング機能を使う ・審査なしで利用できる
・近くの銀行・コンビニのATMで借入できる
・利用するには事前設定が必要
・借入限度額はカードローンに比べて低め
友人・家族に相談を行う ・利息なしで借入できる可能性が高い
・審査や申し込み手続きを行う必要がない
・返済を滞納すると、人間関係に悪影響が生じてしまう
・相談相手によっては融資を断られる可能性もある
公的機関の融資制度を活用する ・カードローンより低い金利で借入できる
・申請条件を満たしていれば誰でも申請可能
・手続きに時間と手間がかかる
・融資の受け取りは1~2ヵ月後になることが多い
短期バイト・副業でお金を稼ぐ ・業務内容を自由に選択できる
・勤務後すぐに資金を受け取ることが可能
・報酬額は各バイトごとに異なる
・業務内容によっては専門的な知識やスキルが必要
銀行や信用金庫からお金を借りる ・消費者金融より低い金利で借入できる
・借入限度額も高い
・審査ハードルが高い
・即日融資には対応できない

実践する際は内容をよく確認し、目的に適した方法を選ばなければいけません。

この記事では専門知識がない方でも実践できるお金の作り方を、種類別に紹介していきます。

  • 一日でも早くお金を借りたい方には、数日間でお金を作れる方法が適している
  • 1~2ヵ月後にお金を作れる方法は、時間に余裕がある方におすすめなプラン
  • 当日中にお金を用意しておきたい場合は、カードローンから借入するのがおすすめ

至急お金を作る方法5選

生活に必要なお金を2~3日程で用意したい場合は、短期間で実践できる資金調達方法を活用しましょう。

おすすめの資金調達方法は、以下の5つです。

  • 消費者金融からお金を借りる
  • 質屋からお金を借りる
  • 自宅にある不用品を売却する
  • クレジットカードのキャッシング機能を使う
  • 友人・家族に相談を行う

ここではそれぞれの方法について詳しく解説します。

即日融資対応の消費者金融からお金を借りる

今日中にお金を用意しておく必要がある場合は、消費者金融に借入を申し込んでみてください。

消費者金融が提供するカードローンは審査スピードが速く、即日融資にも対応可能です。

当日中に契約を完了させておけば、数時間程でお金を受け取れます。

各カードローンの審査時間・融資スピードは以下の通りです。

カードローン名 審査時間 融資スピード
プロミス 最短30分 最短60分
SMBCモビット 最短10秒(簡易審査) 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
アイフル 最短30分 最短60分
レイクALSA 最短15秒(web限定) Webで最短60分融資が可能
(21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込が可能)
アコム 最短30分 最短60分

プロミス

  • 初めての利用なら30日間利息0円!
  • 即日融資・最短30分で審査可能!
  • 24時間・土日もWEB申し込み可能!

4.5%〜17.8%

1万円~500万

最短30

最短30分

またカードローンは一度契約しておくと、何度でも借入できます。

カードレスキャッシングや口座振込を利用すれば、必要な時にすぐ融資を受け取ることが可能です。

ただし消費者金融からお金を借りるには、審査を通過する必要があります。

審査で落とされた場合、カードローンを利用することはできません。

特に注意すべきなのは、過去に金融商品の返済を遅延・延滞した方です。

カードローンやクレジットカードの返済を遅延させてしまうと、信用情報に金融事故のデータが記録されてしまいます。

金融事故のデータが記録されている限り、カードローンの審査を通過するのは不可能です。

消費者金融からお金を借りようと考えている方は、審査で落とされないよう注意しておいてください。

今日中に現金化可能な質屋からお金を借りる

「信用情報に傷があるので、カードローンを利用するのは難しい」という方は、質屋での借入を検討してみましょう。

質屋は担保となる品物を店舗に預けることで、品物の価値に見合った資金を借入できるサービスです。

カードローンと違い審査を受ける必要がないため、過去に金融事故を起こした経験がある方でも利用できます。

たとえ受け取った資金を返済できなくても、信用情報に傷がつくことはありません。

ただし質屋で借入できる資金は、預ける品物の価値に左右されます。

品物の価値が低いと、受け取る資金の額も少なくなる可能性が高いです。

また借入した資金を返済できない場合、預けた品物は質流れによって売却されてしまいます。

預けた品物を手放したくない場合は、期限内に借りた資金を完済できるように行動してください。

自宅にある不用品を売却する

自宅に普段使っていない品物がたくさんある場合は、不用品の買取を検討してみてください。

リサイクルショップなどの店舗に持ち込めば、家具やアクセサリー・衣服などの品物をすぐ売却できます。

フリマアプリやオークションなどを利用すれば、それぞれの希望する値段で出品することが可能です。

ただし不用品売却で多額の資金を集めるには、ブランド品や貴金属などの高価な品物を売る必要があります。

希少性が高いものでない限り、衣服や家電などの品物で多額の資金を集めるのは難しいです。

またフリマアプリやオークションで売却する場合は、売り手がつかない可能性も出てきます。

購入希望者が現れなければ、いつまで経っても不用品を手放すことはできません。

クレジットカードのキャッシング機能を使う

クレジットカードを所有している方は、カードのキャッシング機能を使うという手もあります。

キャッシング機能とは銀行・コンビニATMでカードを使うことで、キャッシングが行えるサービスです。

作成時に手続きを行っておけば、カードローンのように審査を受ける必要はありません。

またキャッシング機能は、全国各地の銀行・コンビニATMで利用できます。

カードさえ持っていれば、外出先や旅行先でもすぐお金を借りることが可能です。

ただしキャッシング機能を使うと、カードのショッピング枠はその分減ってしまいます。

たとえば利用限度額40万円のカードで20万円キャッシングした場合、クレジット枠の残り利用可能額は20万円となります。

借入した20万円を完済しない限り、限度額が元に戻ることはありません。

キャッシング機能を使おうと考えている方は、クレジット枠が減ってしまうことをよく理解しておいてください。

友人・家族に相談を行う

質屋や消費者金融などの方法を利用するのが難しい場合は、友人や家族に一度相談してみましょう。

仲のいい友人や親しい家族に相談を行えば、お金を貸してもらえる可能性があります。

交渉次第によっては、無利息で借入することも可能です。

ただし相談相手が自分と親しい間柄でなければ、借入は難しいといえます。

返済が遅れてしまうと人間関係が悪化してしまい、今後信用してもらえなくなる危険性が高いです。

これから相談を行う方は、十分注意しておいてください。

1~2ヵ月後にお金を作る方法3選

すぐにお金を用意する必要がない場合は、資金調達に多少時間をかけても問題ないといえます。

1~2ヵ月ほどでお金を用意したいという方には、以下の方法もおすすめです。

  • 公的機関の融資制度を活用する
  • 短期バイト・副業でお金を稼ぐ
  • 銀行や信用金庫からお金を借りる

ここではそれぞれの資金調達方法について詳しく解説します。

公的機関の融資制度を活用する

申請条件を満たしているのであれば、公的機関の融資制度も有効な資金調達方法です。

公的機関の融資制度とは国や地方自治体が提供している制度で、さまざまな種類のものが存在します。

個人が申請できる主な融資制度は、以下の6つです。

  1. 生活福祉資金貸付制度
  2. 求職者支援資金融資制度
  3. 母子福祉資金貸付(父子・寡婦)
  4. 年金担保貸付
  5. 緊急小口資金貸付
  6. 教育一般貸付

各制度にはそれぞれ異なる申請条件があり、条件を満たしていれば誰でも申請可能です。

銀行・消費者金融よりも低い金利で借入できるので、利息を節約したい方にも適しています。

ただし融資制度を申し込む際は、申請用紙や必要書類を多数提出しなければいけません。

審査にも時間がかかるため、融資を受け取れるのは最短でも1ヵ月以降となります。

公的機関の融資制度を申請する際は、すぐに融資が受け取れないことをしっかり認識しておいてください。

短期バイト・副業でお金を稼ぐ

空いた時間を活用して資金調達したい場合は、短期バイトや副業を始めてみるのがおすすめです。

短期バイトや副業の中には、さまざまな種類・業務内容の仕事が存在しています。

それぞれが持っているスキルや知識に合わせて、自由に仕事を選ぶことが可能です。

また最近は、専門的な知識やスキルを必要としない短期バイトや副業も登場してきています。

専業主婦や学生の方でも始められるので、短期間でお金を稼ぎたい時に便利です。

ただし短期バイト・副業で得られる収入の額は、それぞれの仕事ごとに異なります。

高額収入を得るには内容をよく確認し、必要な額の収入が得られる仕事を探さなければいけません。

短期バイト・副業でお金を稼ぐ予定の方は、目的に合った仕事を探してみてください。

銀行や信用金庫からお金を借りる

融資制度や短期バイトでお金を作るのが難しい場合は、銀行・信用金庫での借入を検討してみてください。

銀行・信用金庫では、個人向けのフリーローンやカードローンが提供されています。

無事契約できれば、消費者金融より低い金利でお金を借りることが可能です。

また銀行・信用金庫のローン商品は、全体的に利用限度額が高く設定されています。

質屋や消費者金融では用意しにくい額のお金も、交渉次第によっては対応可能です。

ただし銀行や信用金庫の審査は、消費者金融よりも厳しいといえます。

場合によっては審査完了まで1週間以上かかることもあるため、当日中に融資を受け取るのは難しいです。

銀行や信用金庫からお金を借りたい方は、必要なお金が期日までに融資可能かどうかを判断したうえで申込を行いましょう。

今日中にお金を用意したい場合はカードローンが最適

どうしても今日中にお金を用意しなければならない場合は、カードローンを活用するのが適切です。

銀行・消費者金融が提供するカードローンには、それぞれ異なる特徴が存在します。

申し込みを行う際は、自分の目的に適したカードローンを選択しましょう。

ここでは各カードローンをおすすめする理由について詳しく解説します。

消費者金融は即日融資に対応できる

序盤でも解説したように、消費者金融は審査スピードが速いです。

当日中に契約を完了できれば、最短1時間程で資金を借入できます。

また一部の消費者金融は、無利息サービスを利用することが可能です。

サービス期間内に融資を完済できれば、実質利息0円でお金を用意できます。

無利息サービスが利用できる消費者金融は、以下の4社です。

カードローン名 無利息サービスの内容 適用条件
レイクALSA ・初回契約日の翌日から30日間無利息
・初回契約日の翌日から60日間無利息(web申込限定)
・初回契約日の翌日から180日間無利息(借入額5万円まで)
・レイクALSAを初めて利用する方
プロミス ・初回借入日の翌日から30日間無利息 ・プロミスと初めて契約する方
・自身のメールアドレスをお持ちの方
・web明細を利用できる方
アイフル ・初回契約日の翌日から30日間無利息 ・アイフルで初めて借入する方
アコム ・初回契約日の翌日から30日間無利息 ・アコムを初めて契約する方

返済時の利息をなるべく節約したい方は、レイクALSAへの申し込みを検討してみましょう。

レイクALSAは他の消費者金融に比べて、サービス期間が長く設定されています。

借入額が5万円以下であれば、最大180日間は利息0円で借入・返済を行うことが可能です。

すぐにお金を借りる予定がないという方には、プロミスがおすすめです。

プロミスの無利息サービスは、借入日の翌日から開始となります。

借入を行わない限り、勝手に無利息サービスが始まる心配はありません。

無利息サービスの期間内にお金を返済できる自信がある方は、ぜひ消費者金融を活用してください。

銀行カードローンは利息の節約に最適

借りたお金を数ヵ月以上かけて少しずつ返済していきたい方には、銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローンは無利息サービスがない代わりに、金利が消費者金融より低く設定されています。

各カードローンの金利は、以下の通りです。

カードローン名 金利(実質年率)
楽天銀行カードローン 1.9%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
横浜銀行カードローン 1.5%~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%

銀行カードローンの金利は、平均で14%程です。

消費者金融の平均金利は約18%であるため、毎月の利息を4%分節約できます。

また銀行カードローンの大半は、返済方法を「残高スライド方式」に設定していることが多いです。

残高スライド方式は毎月の返済額が明確に掲示されるため、返済遅延が発生しにくくなります。

それぞれの返済プランに合わせて返済額を設定しておけば、プラン通りにローンを完済することが可能です。

借りた資金を長期間に分けて少しずつ返済していきたい方は、銀行カードローンを活用してください。

まとめ

専門知識がない方でも実践できるお金の作り方について紹介しましたが、いかがでしたか?

お金を作る方法には短期間で成果が得られる方法と、成果を得るまで1~2ヵ月程かかる方法が存在します。

なるべく早めにお金を集める必要がある場合は、以下の方法を使うのがおすすめです。

  • 消費者金融からお金を借りる
  • 質屋からお金を借りる
  • 自宅にある不用品を売却する
  • クレジットカードのキャッシング機能を使う
  • 友人・家族に相談を行う

消費者金融カードローンなら、最短1時間程で融資を受け取れます。

急に資金が必要になった時でも、近くの銀行・コンビニATMですぐ借入することが可能です。

また資金調達に時間をかけることが可能な場合は、以下の方法も選択できます。

  • 公的機関の融資制度を活用する
  • 短期バイト・副業でお金を稼ぐ
  • 銀行や信用金庫からお金を借りる

銀行カードローンは、消費者金融よりお得な金利で借入が行えます。

残高スライド方式で毎月の返済額を一定に保てるので、収入が少ない方でも順調に返済を続けることが可能です。

これから資金調達を始める方は、ここで紹介したお金を作る方法の中から目的に適した方法を探してみてください。