夜にお金を借りる方法!夜間24時間対応の即日融資対応のカードローンはある?

夜にお金を借りる方法

「翌日のクレジットカード支払いを夜になって思い出した」など、夜になって急にお金が必要になることは誰にでもあることです。

そんなときに預貯金があれば問題ないときや、手持ちの現金がない場合は、カードローンのお世話になるケースも少なくないでしょう。

消費者金融や銀行カードローンで夜間にお金を借りる場合は、当日融資が可能な「審査可能時間」に注意が必要です。

新規でカードローンに申し込む場合は、審査時間も考慮に入れた手続きをしないと、即日融資が受けられないこともあります。

今回の記事では、夜間にお金を借りる方法や具体的な申し込み締め切り時間について、詳しく解説します。

夜間にお金を借りる方法は消費者金融で21時までに申し込む

夜間にお金が必要になった際にも、時間内にカードローンに申し込めば、最短で即日融資が受けられます。

夜間にカードローンに申し込んで、その日のうちにお金を借りたい場合は、21時までに消費者金融カードローンに申し込みましょう。

参考までに、大手消費者金融の審査可能時間を一覧にしています。

消費者金融カードローンの審査は、ほとんど夜の21時に締め切られてしまいますので、21時以降に申し込んだ場合は翌朝以降の審査回答となります。

<大手消費者金融の審査可能時間>

カードローン名 審査可能時間
アコム 9:002100
アイフル 9:002100
プロミス 9:002100
SMBCモビット 9:002100
レイクALSA 8:102150(毎月第3日曜日は、8101900

なお、審査が済んでいない方は、夜中に即日融資を受けることができません。理由としては、大手消費者金融の審査時間が21時までの対応の為です。

既に契約が済んでいる場合は、自動契約機などで24時間振込してもらうことが可能です。

夜中に申込みをしておくことで明日の朝に審査をスムーズに進められるので、最短で融資を受けることができます。

プロミスなら24時間申込み可能、審査通過後は24時間365日の夜間でも振込み可能です。

また、初めての利用なら最大30日間利息0円でお金を借りられます。

プロミス

  • 初めての利用なら30日間利息0円!
  • 即日融資・最短30分で審査可能!
  • 24時間・土日もWEB申し込み可能!

4.5%〜17.8%

1万円~500万

最短30

最短30分

銀行カードローンを利用する場合は、即日融資が受けられない点に注意が必要です

銀行の個人融資については、銀行と反社会勢力との関係遮断に向けた取り組みにより、審査時の警察庁データベースへの照会が義務付けられています。

データベースの照会を終えるまでには、少なくとも1営業日以上はかかりますので、銀行カードローンの融資は最短でも申し込み日の翌日以降となります。

上記の内容については、以下の全国銀行協会公式サイトでも触れられていますので、参考までにご覧ください。

「反社会的勢力との関係遮断に向けた対応について/2018年1月全国銀行協会公式サイトより」
一般社団法人全国銀行協会(中略)は、平成25年11月、「反社会的勢力との関係遮断に向けた対応について」を公表し、反社会的勢力との関係遮断を徹底するための対応を表明しておりました。
その際、「銀行界と警察庁データベースとの接続についても、警察庁・金融庁・銀行界の実務者間で、継続的に検討」することとしておりましたが、本年1月4日から警察庁の暴力団情報データベースへの接続が開始されましたのでご報告いたします。
なお、接続に関する枠組みの概要は次のとおりです。
(1)警察庁の暴力団情報データベースへの接続は、預金保険機構を介して実施する。
(2)対象取引は、新規の個人向け融資等とする。
(3)対象者は、個人の融資申込者等とする。

引用:一般社団法人全国銀行協会/反社会的勢力との関係遮断に向けた対応について

銀行融資での反社会勢力排除に向けた取り組みについては、下記の金融庁公式サイトにも資料がありますので、こちらもぜひご覧ください。

参考:金融庁公式サイト/反社会的勢力との関係遮断に向けた取組みの推進について

審査内容は貸金業法第13条にもとづき行われる

夜間に急ぎでお金を借りたい場合、「できれば当日中にお金を借りたい」と思う人も多いでしょう。

即日融資が受けられる消費者金融カードローンでも、融資までの厳正な審査に時間を要します。

夜間に急ぎの融資を受けたい場合でも、「消費者金融の審査に時間がかかること」を想定して手続きをしなければいけません。

消費者金融カードローンは貸金業法の規制により、貸金業法には融資の際「利用者の返済能力を調査すること」を義務付けています。

返済能力の調査には、信用情報機関のデータ照会なども含み一定の時間が必要です。

上記のとおり、消費者金融カードローンの審査可能時間は、ほぼ21時までとなっています。

より確実に即日融資を受けたいなら、審査にかかる時間も考慮して審査終了時間の約1時間前には、手続きを開始するようにしましょう。

貸金業法で定められた「利用者の返済能力調査」については、下記に法律の一部を抜粋しています。

この法令にあるとおり、消費者金融カードローンの審査では、おもに以下の点がチェックされます。

  • 利用者の収入(返済能力があるかどうか?)
  • 利用者の信用度(融資しても問題ない人か?)
  • 他社借り入れの状況(現在の返済額を考えてあらたな融資をしても問題はないか?)

<貸金業法一部抜粋※第13条返済能力の調査について>
(返済能力の調査)
第十三条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。
2 貸金業者が個人である顧客等と貸付けの契約(極度方式貸付けに係る契約その他の内閣府令で定める貸付けの契約を除く。)を締結しようとする場合には、前項の規定による調査を行うに際し、指定信用情報機関が保有する信用情報を使用しなければならない。

引用: e-GOV法令検索/貸金業法

WEBからの申込の場合は本人確認書類のアップロードも忘れてはいけない

カードローンの審査では、申し込み者の本人確認書類や収入証明書類など、いくつかの書類も必要となります。

事前に書類が用意できていないと、申し込み手続きがストップしてしまいますので、最悪の場合即日融資は受けられません。

参考までに、消費者金融カードローンの申し込み時に必要となる書類と、準備するうえでの注意点を一覧にしています。

住所変更をしていないなど書類が古い場合などは、審査に影響を及ぼす場合がありますので注意しましょう。

<一般的な消費者金融カードローンの申し込みに必要な書類>

必要書類 用意すべき人 用意すべき書類と注意点
本人確認書類 申し込み者全員 ・運転免許証(または運転経歴証明書)

・パスポート(202024日以降発行のものは住所が未記載のため利用不可)

・マイナンバーカード

・そのほか消費者金融各社が指定する公的書類など

【注意点】

・最新の住所や氏名が記載された書類を用意する

・画像をアップロードするときは文字が鮮明に写るように配慮する

収入証明書類 消費者金融カードローン1社での利用限度額が50万円を超える場合。または他社貸金業者からの借り入れ額と、新規申し込みの消費者金融利用限度額の合計が100万円を超える場合 ・源泉徴収票

・直近の給与明細書や賞与明細

・確定申告書の控え

・所得証明、課税証明

【注意点】

・最新年度の書類を用意する(例:源泉徴収票であれば昨年度分のもの)

・給与明細や賞与明細を提出するときは、勤務先の社印と本人氏名が明記されていることも必要

・画像をアップロードするときは文字が鮮明に写るように配慮する

申し込み後カードローン会社に電話する

申し込み完了後、カードローン会社に電話を1本入れるようにすると、優先的に審査を行ってもらえる会社もあります。

お急ぎのお客様はお手数ですが、お申込み後にフリーダイヤル(0120-337-137/9:00~21:00)までお問い合わせください。

出典:急ぎでキャッシングローンの申込みをしたいのですが、優先して審査をしてもらえますか?lアイフル

電話した際に、現在会社が閉まっている方は書類で在籍確認してもらえないか確認しておくと、在籍確認をスムーズに行えます。

電話番号は申し込んだカードローンのホームページで確認できます。

審査中不明点があれば、カードローン会社は申込者に電話をかけてくることがあります。

不明点が解消されなければ審査が進まないため「申し込んだら電話がかかってくるかも」くらいは頭の片隅にいれておくとよいでしょう。

夜21時までの申込で即日融資が可能な消費者金融

ここまでの情報をふまえ、夜間にお金を借りたい場合に利用できる、代表的な消費者金融カードローンをいくつかご紹介します。

照会するカードローンは夜間に申し込んでからの即日融資が可能です。

より確実に融資を受けるためには、いくつかのポイントをおさえておかなければいけません。

各カードローンの利用上の注意点についても詳しい情報をお伝えしますので、参考にしてみてください。

事前審査完了で夜21時まで審査可能なプロミス

プロミスも、夜21時までのカードローン契約完了で即日融資が可能です。

プロミスで夜間にお金を借りるには、以下の方法があります。

  • WEBから申し込んで振り込みキャッシングを利用する
  • 自動契約機で申し込み、その場で発行されたカードを使ってATMで借りる
  • アプリから申し込んで、スマホATMを利用してキャッシングする

プロミスには「瞬フリ」というサービスがあり、即時振込可能な銀行口座を持っている場合に瞬フリを利用すれば、24時間365日最短10秒で振り込んでもらえます。

夜間にWEBから申し込んで、その日のうちに振り込んでもらえれば、翌日の引き落としにも間に合います。

瞬フリは、引き落とし日の前日に残高がない場合などに、ぜひ利用したいサービスです。

<プロミスの申し込み方法と審査可能時間>

申し込み方法 手続き可能時間 審査可能時間
WEB申し込み 24時間 9:002100
自動契約機 9:00~21:00※契約機により営業時間が異なります 9:00~21:00※契約機により営業時間が異なります

プロミスを含め消費者金融カードローンでは、以下のとおり事前審査と本審査の2段階で審査が実施されます。

カードローンの事前審査では、本人情報と信用情報機関の情報が照合されますので、申し込み情報は正確に入力するようにしましょう。

<カードローン審査の流れ>

事前審査 ・電話やメールでの申し込み意志の確認

・本人情報をもとにした信用情報機関のデータ照会

・消費者金融各社の審査基準に応じた与信調査

本審査 ・本人情報と提出書類に相違がないかの確認

・勤務先への在籍確認など

プロミス

  • 初めての利用なら30日間利息0円!
  • 即日融資・最短30分で審査可能!
  • 24時間・土日もWEB申し込み可能!

4.5%〜17.8%

1万円~500万

最短30

最短30分

職場連絡なしで夜間でも安心して申込可能なアイフル

アイフルは、夜間に申し込んでも最短即日融資が受けられるカードローンのひとつです。

アイフルには以下の特徴があり、急ぎで夜間にお金を借りる場合は、とても頼りになるカードローンといえます。

<アイフルの特徴>

  • 急ぎの審査を希望する場合、アイフルコールセンターに連絡を入れると審査を急いでもらえる
  • 21時まで取り扱い可能な自動契約機が全国に設置されているため、仕事帰りなど夜間の申し込みにも対応可能
  • カードローンの契約完了後はカードレスでキャッシングができる。
  • 夜間に申し込んでも、カード発行を待たずにスマホアプリを使ってコンビニATMから即日融資も可能
  • 審査時の職場連絡がないため、夜間など勤務先の電話対応ができない時間帯でも審査が可能

<アイフルの申し込み方法と審査可能時間>

申し込み方法 手続き可能時間 審査可能時間
WEB申し込み 24時間 9:002100
自動契約機 8:002200 9:002100

アイフルの申し込みが混みあっている場合などは、審査に時間がかかる場合もあるものの、アイフルでは急ぎの審査にも対応してくれます。

審査可能時間終了の21時ギリギリに開始するのではなく、余裕をもって手続きをはじめるようにしましょう。

アイフル

アイフルの新バナー画像
  • 初めての利用なら最大30日間利息0円!
  • 24時間365日即時振込サービス開始!
  • 事前に融資可能か1秒診断あり!「匿名入力」

3.0%~18.0%

800万円以内

WEB申込なら最短25分

WEB申込なら最短25分

上記でご紹介した在職確認の電話については、以下のアイフル公式サイトをご覧ください。

参考:アイフル公式サイト/よくある質問「在職確認はありますか?」

夜21時までに契約機申込で即日融資が可能なアコム

アコムは公式サイトで「最短60分で融資可能」を明記しています。

アコムの審査可能時間は、夜21時です。夜間にお金を借りたいときは、手続き終了の21時から逆算して60分前の20時には申し込みをスタートさせましょう。

<アコムの申し込み方法と審査可能時間>

申し込み方法 手続き可能時間 審査可能時間
WEB申し込み 24時間 9:002100
自動契約機 9:002100 9:002100

アコムで夜間にお金を借りる場合は、振り込みキャッシングの利用を検討してみましょう。

下記が代表的な銀行名と、振り込み対応可能な時間の一覧です。

楽天銀行に口座がある場合は、時間や曜日を気にせずに約1分で振り込んでもらえますので、夜間に急ぎの融資を希望するときにはとても便利です。

<振り込みキャッシング利用時の銀行別タイムスケジュール>

銀行名 振り込み受付時間 振り込み時間の目安
楽天銀行 月曜~日曜祝日:0:1023:49 受付完了から1分程度
三菱UFJ銀行

ゆうちょ銀行

三井住友銀行

みずほ銀行

月曜:0:108:59 当日 9:30
月曜:9:0023:49 受付完了から1分程度
火曜~金曜:0:1023:49 受付完了から1分程度
土日祝日 0:108:59 当日 9:30
9:0019:59 受付完了から1分程度
20:0023:49 翌日 9:30

上記の銀行以外の手続き可能時間については、下記のアコム公式サイトをご覧ください。

参考:アコム公式サイト/振込によるお借入

審査結果最短15秒のレイクALSA

夜間にカードローンに申し込むと、「当日中に審査回答がでるかどうか不安」と感じる人も多いのではないでしょうか。

レイクALSAなら最短15秒で審査回答を出してくれるため、早く審査結果を出したい方にも安心です。

審査回答を早く出してもらえると、万一審査にとおらなかった場合でも、別の手段を考えることもできます。

以下の表のとおり、レイクALSAの自動契約機は「日曜日のみ19時まで」となっており、日曜日の夜にお金を借りる場合は申し込み時間に注意が必要です。

WEBで申し込む場合も、第三日曜日だけは19時までしか審査をしてくれませんので、余裕をもって手続きをはじめるようにしましょう。

<レイクALSAの申し込み方法と審査可能時間>

申し込み方法 手続き可能時間 審査可能時間
WEB申し込み 24時間 8:102150(毎月第3日曜日は、8101900
自動契約機 9:00~22:00(日曜日は19時まで) 同上

レイクALSAでは夜間の振り込みキャッシングにも対応可能です。

以下に、おもな銀行の振り込み対応可能時間を一覧にしています。

大手メガバンクなら、夜間でも振り込んでもらえますので、急ぎの融資にも対応してもらえます。

<レイクALSAよくある質問より>
質問:銀行口座に振込みで借入れをする場合は、すぐに振込まれるのでしょうか?
答え:初めてのお申込みのお客さまは、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、その日のうちにお客さまの金融機関口座にお振込みいたします。

引用:レイクALSA公式サイト/よくある質問

<主要メガバンク別/振り込み対応可能時間>

銀行名 月曜日~金曜日 土曜日 日曜日
みずほ銀行 0:10~23:50 0:10~23:50 4:00~23:50
三菱UFJ銀行 0:10~23:50 0:10~23:50 4:00~23:50
三井住友銀行 0:10~23:50

月曜日7:0023:50

0:10~23:50 4:00~21:00
りそな銀行 0:10~23:50 0:10~23:50 4:00~23:50

引用:レイクALSA振込み可能時間一覧表

夜間にお金を借りるときの注意点

夜間にお金を借りる場合、ここまでお伝えした「審査締め切り時間」や「必要書類」以外にも、以下の点に注意が必要です。

  • クレジットカードの引き落としなどが迫っている場合、口座への入金時間に注意する
  • 融資を急ぐがあまり、違法業者に手を出さないよう注意する
  • 在籍確認が完了しない場合、利用限度額が少なくなる可能性もある

クレジットカードの引き落としは支払日当日の早朝に決済されることも多く、前日に入金しておかないと延滞扱いになる可能性もあります。

夜間でも翌日の午前中に融資が可能

口座引き落としでの支払いとしては、クレジットカードの支払いや公共料金・家賃など、さまざまなケースがあります。

口座引き落としで支払い遅延を発生させないためには、引き落とし時間までに入金を済ませておくことが必要です。

下記の楽天銀行の例にもあるとおり、早ければ早朝5時から引き落としがはじまります。

朝の時点で残高がなかった場合は、再度振り替え手続きがおこなわれるケースもあります。

再引き落としの時間は金融機関により異なります。

確実に口座引き落としを済ませたいなら、できれば前日までに入金を済ませるようにしましょう。

<参考:自動引き落としの時間について/楽天銀行の場合>
質問:自動引落は引落日の何時に行われますか?
回答:引落日の午前5時頃から順次処理されます。残高不足などで引落ができていない場合、19時頃(※)から最後の再引落が処理されます。
※処理される時間は目安です。処理される順番や件数により、予告なく引落処理の時間が変更される場合があります。

引用元:楽天銀行公式サイト/よくある質問

勤務先の電話対応ができない夜間は在籍確認に注意

夜間にカードローンに申し込んだ場合は、勤務先が休みのために在籍確認が完了しないケースも想定しておきましょう。

在籍確認は、カードローンの審査の一環でおこなわれるもので、カードローン利用者が申告した勤務先に勤務しているか電話や書類で確認がおこなわれます。

在籍確認が完了しないと、審査完了が翌日以降に持ち越されたり、一時的に利用可能額が制限されることもあります。

利用者によっては、「希望する限度額まで借りられなかった」といったことも起こり得ますので、できれば勤務先が営業している時間帯に申し込むほうがいいでしょう。

お金を借りるときの注意点

今回の記事でもお伝えしたとおり、大手消費者金融で借りる場合でも、即日融資を受けるためには夜の21時までに手続きを完了させる必要があります。

夜の21時を超えてもお金が借りられない場合、お金を必要とする人によっては、違法業者に手を出してしまうというリスクもあります。

SNSなどに書き込まれている「個人間融資」には注意が必要です。

Twitterなどを見ていると、「個人でお金を貸します」「24時間対応」「簡単な身分確認で5万円まで融資」といった書き込みを見かけます。

闇金業者などの違法業者がSNS上で融資をもちかけているケースもあります。

個人間融資は一個人が親切な言葉で融資をもちかけてきますが、実際は違法な金利での貸付や、保証金と称し数万円を振り込ませたあと融資をしないなど大きな危険を伴います。

闇金など違法業者は、絶対に利用しないように注意しましょう。

個人間融資のリスクについては、下記の金融庁公式サイトでも注意喚起されていますので、一度ご覧いただければと思います。

<金融庁公式サイトより>
・個人であっても、反復継続する意思をもって金銭の貸付けを行うことは、貸金業に該当します。
・不特定多数が閲覧可能なSNS等で「お金を貸します」、「融資します」などと書き込んで、契約の締結を勧めることは、貸金業法の規定に抵触する場合があります。
・個人を装ったヤミ金融業者により違法な高金利での貸付けが行われるほか、更なる犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性があります。

参考:金融庁公式サイト/SNS等を利用した「個人間融資」にご注意ください!

まとめ

クレジットカードの引き落とし以外にも、「ギャンブルで負けて明日からの生活費がない」「急に出張が決まったけどお金がない」など、夜にお金が必要になるケースはよくあることです。

この記事でもお伝えしたとおり、銀行カードローンのように即日融資に対応していないところもあります。

また、必要書類を用意していなかったり、申し込む時間が遅すぎたりすると夜間に融資を受けられない可能性もあります。

急にお金が必要になってから、カードローンを契約する方法もあるでしょう。

カードローンは利用しなければ利息も年会費もかかりません。

できればいざというときに備えて、いつでも借りられるカードローンをひとつ契約しておくのも、賢いカードローンの利用方法のひとつです。

最後にこの記事でお伝えしたポイントを整理しておきますので、夜間にお金が必要になったときの参考にしていただければと思います。

  • 消費者金融なら21時までの手続き完了で即日融資が受けられる(一部例外あり)
  • 銀行カードローンは、警察庁データベースの照会が義務付けられたため即日融資はできない
  • 夜間に融資を受けるためには、本人確認書類や収入証明書類などを事前に用意しておく
  • 簡単にお金を借りられるからといって、個人間融資には手を出さない
10秒匿名お借入
診断シミュレーション